情報提供を目的としており、お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。

マーケットショット

カテゴリ:マーケットショット の記事一覧

「 111円台後半は112.00にストップを置いて戻り売りしてみる。 」

【ドル円2時間足】

20170428FC2DlrYen2Hours.jpg

「 111円台後半は112.00にストップを置いて戻り売りしてみる。 」

ユーロドル>ユーロ円>ドル円という動きの構図は今日も欧州時間からは変わりませんでした。
それでも111.760、111.860に売りを置いてストップは112.000で。利食いは111.350に置いてみたいと
おもいます。

112.00を越してきたら流れは明らかにドル買いに変化したと思わざるを得ないので、素直に
損切りするイメージです。

今月は休みもあって収益はちょっと低調ですが、あまり無理せずゴールデンウィークを
乗り切りたいと思います。

皆様良い週末ならびにGWをお過ごしください。



「 本日は全て戻り売りから。 」

swap




-------------------------------------------------------------------------------------
☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆


「 本日は全て戻り売りから。 」


☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆
--------------------------------------------------------------------------------------


4月28日

4月27日の概況



おはようございます。111.60でがっちり止められて111.05へ反落、これで昨日の早朝の111.03を
除けば、フルレンジやった感じでしたね。1.0933→1.0852で動いたユーロドルも、完全に1.0950‐
1.0850のオプションにがっちり上下を阻まれた展開で特に上方向を止められた形。

昨晩、1.0942売りで1.0850利食いを置いた私は売りが9ピップス深く、利食いもわずかに届かずでした
が、イメージでは外れていなかったでした。ドラギさんの会見は最初にユーロ圏経済の堅調さに触れた
ため1.0933まで瞬時に噴き上がったのですがその後になんと・・・・「フォーワードガイダンスの修正
は議論していない」と冷水を浴びせ1.0852まで叩き落とすなど、どうしてもドラギさんは強いユーロは
まだ見たくなかったんだなぁと思わせる展開に。盛り上がっていた金融緩和解除観測は一気に後退、
売りが強まる流れが今も続いています。

ドル円はユーロドルが跳ねた21:41、111.51どまりで高値は追っておらず、121.88まで跳ねた
ユーロ円の動きにも「誘われません」でしたが、午後11時過ぎに111.60から下げ始めたのは米債利回り
の低下が背景にあった可能性が高いです。指標は米3月耐久財受注は前月比+0.7%と市場予想比下落、
新規失業保険申請件数は市場予想比上昇の25.7万件と両方とも景気スローダウンの方向となりました。

上値は重たい展開が続きそうで、ユーロドルが1.0850割れ方向に進み、ユーロ円が120.55-50が割れる
ようだとドル円も111.00割れ方向に進むような感じがしており引きつけて111.45-55で売りイメージ
で見ています。ストップは111.80に置ける場所で売りから入りたく111.27では正直ストップまで距離が
あり過ぎます。利食いは110.90-80でイメージしたいです。本日もよろしくお願いいたします。



ドル円 売り
ドル円は引きつけて111.400、111.500で売りから。ストップは111.800に置きながら、買い戻しは
110.900、110.800でイメージ。

レンジ 110.750(110.900)--(111.350)111.550 作成時 111.272-275 9:24AM 速報更新時


ユーロドル 売り
ユーロドルは1.08950、1.09050で売りから。ストップは1.09350に置きながら、1.08350、
1.08250で買い戻す回転をイメージ。

レンジ 1.08250(1.08350)--(1.08950)1.09050 作成時 1.08666-670 10:51AM


ユーロ円 売り
ユーロ円は121.150、121.250で売りから。ストップは121.500に置きながら、120.550、
120.350で買い戻しする回転をイメージしました。

レンジ 120.350(120.550)--(121.150)121.250 作成時 120.736-742 10:52AM


ポンド 売り
ポンド円は143.750、143.850で売りから。ストップは144.100に置きながら、143.000、
142.800で買い戻す回転をイメージ。

レンジ 142.800(143.000)--(143.750)143.850 作成時 143.421-434 10:53AM

対ドルは1.28750、1.28600で買いから。ストップは1.28400でイメージしながら、1.29450、
1.29550で利食いする回転。

レンジ 1.28600(1.28750)--(1.29450)1.29550 作成時 1.29046-056 10:57AM


豪ドル 売り
豪ドル円は83.300、83.400で売りから。ストップは83.700に置きながら、82.650、82.500
で買い戻す回転をイメージしました。

レンジ 82.500(82.650)--(83.300)83.400 作成時 83.021-028 10:53AM

対ドルは0.74950、0.75050で売りから。ストップは0.75400に置きながら、0.74400、
0.74300で買い戻す回転をイメージ。

レンジ 0.74300(0.74400)--(0.74950)0.75050 作成時 0.74667-677 10:58AM


ニュージードル 売り
ニュージー円は76.750、76.850で売りから。ストップは77.150に置きながら、76.000、
75.900で買い戻す回転をイメージ。

レンジ 75.900(76.000)--(76.750)76.850 作成時 76.444-457 10:56AM

対ドルは0.69050、0.69150で売りから。ストップは0.69500に置きながら、0.68400、
0.68300で買い戻す回転をイメージ。

レンジ 0.68300(0.68400)--(0.69050)0.69150 作成時 0.68755-772 10:59AM






新規口座開設はこちら

ブログランキングに参加しています!応援クリックお願いします!
ブログランキング ポンド円FC2




---------------------------------------------------------------------------------------------
■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、
為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較
して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文
を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動
性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップ
ポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)に
よっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様の
コストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売り
レートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合
があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、
レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要
証拠金は、為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。為替リスク想定比率は、通貨ペアごと
に異なり、当社では、原則として一般社団法人金融先物取引業協会が金融商品取引業等に関する内閣
府令第117条第27項第1項に規定される定量的計算モデルを用いて算出する数値を利用します。なお、
為替リスク想定比率は、原則として1週間ごとに見直しが行われ、レバレッジは、為替リスク想定比率
の逆数(想定元本÷必要証拠金)となりますので、1週間ごとに変動します。当社は、インターネット
を通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インター
ネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、
お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれ
ましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引
を行っていただきますようお願いいたします。
---------------------------------------------------------------------------------------------



「 本日は全て押し目買いから。 」

skya





-------------------------------------------------------------------------------------
☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆


「 本日は全て押し目買いから。 」


☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆
--------------------------------------------------------------------------------------


4月27日

4月26日の概況




おはようございます。市場が期待した米税制改革。散々じらされて、出てきた内容はトランプ大統領が
選挙公約で話した内容(法人税を15%に、所得税を3段階に簡素化、子育て減税を行う、HIA本国
投資法を行うetc)何も見ずに書けるほど頭に入っている内容ですが、そのまま、骨子が出てきただけで
100日間、単に時間が経過しただけかい?といいたい内容に市場は失望、やはり内容を詰めてだと
6月までかかるのかもしれませんね。(トランプ大統領の税制改革発表が「完全な形の提案は恐らく
6月以降になる」(米行政管理予算局(OMB)のマルバニー局長)

ドル円は長期金利が2.35%から2.304%へ下落、NYダウも前日比-21.03ドルの20975.09ドルで引けて
おり、内容は新鮮味がないこと、輸入課税強化を目指す法人税の「国境調整」は見送りつつ法人税15%
と減税を行うため、当然その財源はどこから来るのか?という疑問も。
ムニューシン米財務長官は「税制改革の財源は成長で賄う」と発言。さしたる裏付けがあるわけではなく、
経済が活性化されて税収が増大するだろうからこれで賄いますという、まあエイヤーな説明で「議会とは
税制改革は基本合意しているが、詳細をつめなければならない」と財務長官本人が言うようにまだ紆余
曲折ありそう。

このためドル円は発表後111.78高値から110.87まで約90銭利食い・損切り合わせた売りものが出て急落。
ユーロ円・ポンド円をはじめrとして、クロス円は値を崩す展開となっています。110円台後半からミドルにかけては
まだ買いたい輸入や機関投資家がいそうで下値は固そうに見えますが、一昨日、昨日と続けて大量に
ドル円を『お買いあげ』された方々が今日も同様に上値を押し上げて買うとは私には思えず、逆に
(そんな買いを期待して)高いところを買い過ぎると東京時間に俄かドルロングの投げが入る可能性も
あるように思えて買いは引きつけて110円台でイメージしたいと思っています。111.40-50は相当重たそう
な印象です。
本日もよろしくお願い申し上げます。


ドル円 買い
ドル円は 110.850、110.750で買いから。ストップは110.490に置きながら、利食いは
111.380-430で行うイメージ。

レンジ 110.750(110.850)--(111.380)111.500 作成時 111.211-217 7:45AM 速報更新時


ユーロドル 買い
ユーロドルは1.08700、1.08600で買いから。ストップは1.08400に置きながら、1.09350、
1.09450で利食いする回転をイメージ。

レンジ 1.08600(1.08700)--(1.09350)1.09450 作成時 1.09100-104 10:38AM


ユーロ円 買い
ユーロ円は121.050、120.950で買いから。ストップは120.700に置きながら、121.750、
121.850で利食いする回転をイメージ。

レンジ 120.950(121.050)--(121.750)121.850 作成時 121.430-435 10:39AM


ポンド 買い
ポンド円は142.650、142.550で買いから。ストップは142.350に置きながら、143.350、
143.450で利食いする回転をイメージ。

レンジ 142.550(142.650)--(143.350)143.450 作成時 143.031-044 10:40AM

対ドルは1.28250、1.28150で買いから。ストップは1.27750に置きながら、1.28800、
1.28900で利食いする回転をイメージしました。

レンジ 1.28150(1.28250)--(1.28800)1.28900 作成時 1.28489-499 10:43AM


豪ドル 買い
豪ドル円は82.900、82.800で買いから。ストップは82.600に置きながら、83.550、83.650
で利食いする回転。

レンジ 82.800(82.900)--(83.550)83.650 作成時 83.188-195 10:41AM

対ドルは0.75050、0.75150で売りから。ストップは0.75350に置きながら、0.74500、
0.74400で買い戻す回転をイメージ。

レンジ 0.74400(0.74500)--(0.75050)0.75150 作成時 0.74733-743 10:44AM


ニュージードル 買い
ニュージー円は76.450、76.350で買いから。ストップは76.150に置きながら、77.150、
77.250で利食いする回転をイメージ。

レンジ 76.350(76.450)--(77.150)77.250 作成時 76.773-786 10:42AM

対ドルは0.69250、0.69350で売りから。ストップは0.69650に置きながら、0.68650、
0.68500で買い戻す回転をイメージ。

レンジ 0.68500(0.68650)--(0.69250)0.69350 作成時 0.68971-988 10:45AM





新規口座開設はこちら

ブログランキングに参加しています!応援クリックお願いします!
ブログランキング ポンド円FC2




---------------------------------------------------------------------------------------------
■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、
為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較
して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文
を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動
性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップ
ポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)に
よっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様の
コストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売り
レートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合
があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、
レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要
証拠金は、為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。為替リスク想定比率は、通貨ペアごと
に異なり、当社では、原則として一般社団法人金融先物取引業協会が金融商品取引業等に関する内閣
府令第117条第27項第1項に規定される定量的計算モデルを用いて算出する数値を利用します。なお、
為替リスク想定比率は、原則として1週間ごとに見直しが行われ、レバレッジは、為替リスク想定比率
の逆数(想定元本÷必要証拠金)となりますので、1週間ごとに変動します。当社は、インターネット
を通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インター
ネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、
お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれ
ましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引
を行っていただきますようお願いいたします。
---------------------------------------------------------------------------------------------



「今日もドル円はユーロ円に引きずられている。」

【ユーロ円5分足】
20170426FC2ブログEurYen5Min

【ユーロドル5分足】
20170426FC2ブログEurDlr5Min

【ドル円5分足】
20170426FC2ブログDlrYen5Min

「今日もドル円はユーロ円に引きずられている。」

ドル円は 午後3時半前に大きな買い玉が入って揉み合いながら111.40を超えて
111.511まで上昇したが、ユーロドルが1.09507で天井を打って下落開始。
つれてユーロ円も下がり気味だったが、ドル円の買い玉が入っているために下がるスピードはゆっくり。

しかも午後4時以降、ドル円が最後に跳ねたため、ユーロ円も瞬間的には買いになるなど
値動きがトリッキーでした。
しかし121.70が割れてからは順調に下落。121.124まで急落しました。そのため
それまでビッドだったドル円が急にオファー気となって111.40が割れてから止まらずに
111.21近辺へ。111.32台まで戻すも戻り売りが強くなって111.13割れまで下落する展開と
なりました。

ユーロドルの下落が止まって、ユーロ円が揉み合いとなればドル円はゆっくりと上がってくると
思われます。

ドル円は引きつけて110円台後半の買い、ユーロドルは1.0930台で戻り売りするようなイメージで
今晩は見ています。

「 本日は全て買いから。 」

swap


-------------------------------------------------------------------------------------
☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆


「 本日は全て買いから。 」


☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆
--------------------------------------------------------------------------------------


4月26日

4月25日の概況



おみそれしました・・・。ドル円が強くて、ユーロドルも強くて、結局ユーロ円が則巻アラレちゃん
いわく『つおい!』つお過ぎる。

ユーロ円は116.50レベルから二日で121.643!一気に5円も噴き上がり、なかなか落ちてきません。
3月13日の高値122.886から4月16日の安値114.844へ下落する過程でかけた資本筋のヘッジの
買い戻しなどが出ているとしか思えないフローだと思います。

ドル円もユーロ円も売り向かった連中の損切りが、更にショートカバーに火を付ける展開がこれでもか
と続いており、今から買わないまでも売りで立ち向かうのはまだ早いとしっかり認識致しました。
スキャは別ですけどね。

ここまで上げられてしまうと110.70‐60は絶好の押し目かもしれないなどとイメージが湧いてくるし、
1.0950でピッタリ止まったユーロドルがまだ上がるようならば、ユーロ円も122円方向を目指して上昇、
ドル円も (101.19→118.66 +17.47の61.8%戻しである)107.864は失敗し(安値108.13)、戻りは
半値であった109.925で止まらず、38.2%戻しのポイント 111.986を目指してしまうのかもしれず、
111円が天井という決めつけはせず、流れについて行くことにします。まずは110円85-80が固いか
どうか、111割れをチェック!です。


ドル円 買い
ドル円は引きつけて111.050、110.950で買いから。ストップは110.750に置きながら、111.400、
111.500で利食いする回転をイメージしました。

レンジ 110.800(110.950)--(111.400)111.500 作成時 111.248-251 10:15AM


ユーロドル 買い
ユーロドルは1.09050、1.08950で買いから。ストップは1.08700に置きながら、1.09650、1.09800
で利食いする回転をイメージ。

レンジ 1.08950(1.09050)--(1.09650)1.09800 作成時 1.09333-337 10:18AM


ユーロ円 買い
ユーロ円は121.200、121.100で買いから。ストップは120.850に置きながら、121.850、121.950
で利食いする回転をイメージしました。

レンジ 121.100(121.200)--(121.850)121.950 作成時 121.593-598 10:19AM


ポンド 買い
ポンド円は142.300、142.150で買いから。ストップは141.900に置きながら、143.150、143.300
で利食いする回転をイメージ。

レンジ 142.150(142.300)--(143.150)143.300 作成時 142.770-783 10:20AM

対ドルは1.28050、1.27950で買いから。ストップは1.27700に置きながら、1.28850、1.29000
で利食いする回転をイメージしました。

レンジ 1.27950(1.28050)--(1.28850)1.29000 作成時 1.28361-371 10:23AM


豪ドル 買い
豪ドル円は83.550、83.400で買いから。ストップは83.200に置きながら、84.100、84.250
で利食いする回転をイメージしました。

レンジ 83.400(83.550)--(84.100)84.250 作成時 83.794-801 10:21AM

対ドルは0.75100、0.75000で買いから。ストップは0.74750に置きながら、0.75750、0.75850
で利食いする回転。

レンジ 0.75000(0.75100)--(0.75750)0.75850 作成時 0.75354-364 10:24AM


ニュージードル 買い
ニュージー円は76.850、76.750で買いから。ストップは76.500に置きながら、77.550、77.650
で利食いする回転をイメージしました。

レンジ 76.750(76.850)--(77.550)77.650 作成時 77.203-216 10:22AM

対ドルは0.69150、0.69050で買いから。ストップは0.68950に置きながら、0.69550、0.69650
で利食いするような回転をイメージしました。

レンジ 0.69050(0.69150)--(0.69550)0.69650 作成時 0.69412-429 10:25AM






新規口座開設はこちら

ブログランキングに参加しています!応援クリックお願いします!
ブログランキング ポンド円FC2




---------------------------------------------------------------------------------------------
■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、
為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較
して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文
を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動
性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップ
ポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)に
よっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様の
コストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売り
レートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合
があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、
レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要
証拠金は、為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。為替リスク想定比率は、通貨ペアごと
に異なり、当社では、原則として一般社団法人金融先物取引業協会が金融商品取引業等に関する内閣
府令第117条第27項第1項に規定される定量的計算モデルを用いて算出する数値を利用します。なお、
為替リスク想定比率は、原則として1週間ごとに見直しが行われ、レバレッジは、為替リスク想定比率
の逆数(想定元本÷必要証拠金)となりますので、1週間ごとに変動します。当社は、インターネット
を通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インター
ネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、
お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれ
ましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引
を行っていただきますようお願いいたします。
---------------------------------------------------------------------------------------------



関東財務局長(金商)第238号 / (社)金融先物取引業協会 会員番号1503 金融商品取引業者 JFX株式会社

■このレポートは情報提供を目的とし、投資の断定的判断を促すものではありません。お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。この情報により生じる一切の損害について、当社は責任を負いません。本レポート中の意見等が今後修正・変更されても、当社はこれを通知する義務を負いません。著作権はJFX株式会社に帰属し、無断転載を禁じます。

■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。為替リスク想定比率は、通貨ペアごとに異なり、当社では、原則として一般社団法人金融先物取引業協会が金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1項に規定される定量的計算モデルを用いて算出する数値を利用します。なお、為替リスク想定比率は、原則として1週間ごとに見直しが行われ、レバレッジは、為替リスク想定比率の逆数(想定元本÷必要証拠金)となりますので、1週間ごとに変動します。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



copyright c 2016 FXブログ|小林芳彦のマーケットショット all rights reserved. powered by FC2ブログ.