情報提供を目的としており、お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。

2012年10月 の記事一覧

「 市場の目は金曜日の米雇用統計へ 」

10月31日
「 市場の目は金曜日の米雇用統計へ 」

市場が注目していた日銀の金融緩和が終わり、市場が期待したような
円安にはならず、失望感から円買いが出たものの、それも尻すぼみ。
もうトレーダーの意識は雇用統計に向けて移っている感じがしている。
小動きでNYは引けているのだが、材料難というよりもハリケーン「サンディ」のため、
NYの市場は機能していなかったというべきだろう。

NYの地下鉄は大打撃を被ったらしい。マンハッタンとニュージャージーを結ぶ
通勤列車は7~10日間運休、マンハッタンとクイーンズを結ぶ7本のトンネルは
全て冠水。ダウンタウンにある駅では天井まで浸水したと報じられました。

これでは出社できない社員もいたり水が引いてもニューヨーク市民の足の代名詞でもある
地下鉄システムがマヒ状態となっているので、市場参加者は普段よりも少ない模様。

金曜日には雇用統計が発表される予定ですが、米労働省がなんとか予定通りに発表
すべく懸命に作業しているようです。

80円台が重たく、また79.30以下が固く、昨日NYの引けが真ん中の79.60レベル。
今日の動きが79.523~79.711とNY引けからわずか上下10銭程度とほとんど動かずで
方向性はアジアでは出てきませんでした。

「ギリシャとトロイカとの協議進展」「トロイカとの交渉は比較的終わりに近い」を
材料にユーロを買い戻す動きが出始めて、ドル円も79.70台まで上昇してきたためユーロ円
が103.150から103.30台まで上昇したのが目立つ程度。どちらにしても今のところ
小動きです。

関東財務局長(金商)第238号 / (社)金融先物取引業協会 会員番号1503 金融商品取引業者 JFX株式会社

■このレポートは情報提供を目的とし、投資の断定的判断を促すものではありません。お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。この情報により生じる一切の損害について、当社は責任を負いません。本レポート中の意見等が今後修正・変更されても、当社はこれを通知する義務を負いません。著作権はJFX株式会社に帰属し、無断転載を禁じます。

■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。為替リスク想定比率は、通貨ペアごとに異なり、当社では、原則として一般社団法人金融先物取引業協会が金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1項に規定される定量的計算モデルを用いて算出する数値を利用します。なお、為替リスク想定比率は、原則として1週間ごとに見直しが行われ、レバレッジは、為替リスク想定比率の逆数(想定元本÷必要証拠金)となりますので、1週間ごとに変動します。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



copyright c 2016 FXブログ|小林芳彦のマーケットショット all rights reserved. powered by FC2ブログ.