情報提供を目的としており、お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。

2013年03月 の記事一覧

03/29のツイートまとめ

JFXkobayashi

ただいま、Ustreamより新番組【しゃべくりFX】を配信中です!ゲストにだいまん氏、横尾寧子氏を迎え1時間にわたってしゃべくります!! ( @小林芳彦 live at http://t.co/2eCB03PPNQ)
03-29 20:09

フローが出た瞬間だけ動き、また止まってしまう閑散相場。価格変動リスクよりも流動性リスクに注意を払うべきですね。休むも相場。月曜日は今日の市場にシンガポール・トロントが開くぐらいで、シドニー、ウェリントン、香港、欧州、英国はまだ休場。月曜は期初だし安全運転で!
03-29 17:40

なんだか朝から置いていたポンド円とユーロ円の買いを市場が薄いし、厭な気がするから外しますって速報に書いていたら、いきなりユーロドル・ユーロ円が急落。指標?元々欧州休みだし、何か大口のフローが出て下がっただけらしいですが。キャンセルしよう思ったいたから余計に焦った!スカスカですねぇ
03-29 16:14

東京勢しかいないから、インターバンクでも真のマーケットメイカーバンクしかレート出さないと思うので、値動きが軽すぎる。ドル円でさえ、15銭がアヤ。ましてユーロ円は25銭ぐらい平気で動くし、ポンド円は30銭ぐらいあっという間。しかも脈絡ないし・・・。動きがあるのはいいことだけどねぇ。
03-29 10:17

ドル円押し目で94.150で買ってみたが、すごく上値が重たく思えて、一旦止めて様子見と思い94.205で止めたら、すぐに94.250が買いになっている件。朝からなんか外れてる・・。さっきまで、買ってたらまずいぜと言わんばかりのチャートだったのに。94.272買いですか、はいはい。
03-29 09:05

東京勢も夕方当たり前ですが、プライスを出したがらない。外銀が機械でプライスを出し続けるのかどうか、私には判りませんが、流動性が極端に無くなることは確かですね。ご注意ください。
03-29 07:41

ユーロ円・ポンド円等のショートカバーをキャップしているように見えます。飛びつき買いは重そうかな。120.80越えで買ってみましたが、伸びきれず二度目の120.82台で降りました。今日はオーストラリアもNZも香港もシンガポールも欧州も英国も休み。開くのは東京とNYぐらい。
03-29 07:39

おはようございます。やはりユーロドルの売り上がりがあって下がらなかったですね。120.35-45が固そうに見えましたが、安値は本当に120.43・・・。そこまで体力が持ちませんでした。一部ショートが残っているように見えますけど、ドル円の94.35-45から上が重たく、
03-29 07:34

関東財務局長(金商)第238号 / (社)金融先物取引業協会 会員番号1503 金融商品取引業者 JFX株式会社

■このレポートは情報提供を目的とし、投資の断定的判断を促すものではありません。お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。この情報により生じる一切の損害について、当社は責任を負いません。本レポート中の意見等が今後修正・変更されても、当社はこれを通知する義務を負いません。著作権はJFX株式会社に帰属し、無断転載を禁じます。

■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、想定元本(為替レート×取引数量)×1%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大100倍となります。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



copyright c 2016 FXブログ|小林芳彦のマーケットショット all rights reserved. powered by FC2ブログ.