情報提供を目的としており、お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。

2014年08月 の記事一覧

08/29のツイートまとめ

JFXkobayashi

でNY市場が休場。今晩のNYは動きがあっても序盤までか?後場の流動性が極端に低くなると思われ、ポジションクローズを考えるならあまり引っ張らないほうが良さそうに思えます。
08-29 18:53

が買戻しをかけたい水準までは下がらない。そして103.90台・・・。大きくやられたわけでもなく、動きも急激ではないため、インターバンクとしてもショートを切りにくい動きだと思う。しかしベアセンチメントで始まった今週は結局103.50も割れずに越週しそう。月曜日はLabour Day
08-29 18:51

今日の朝からのドル円の値動きを見ると、上値が重たそうでどうしてもベア目で見る参加者が多かったと思う。買うにしても103.50が割れるかどうかを待つだろうから、103.66じゃ買わないだろう。103.71-73で戻り売り、一段上がった103.85でも戻り売り。その都度若干は下がる
08-29 18:49

を探したほうが良いと思います。おや、ポンド円がというより、ポンドドルが強い?ユーロポンドが弱い?ドル円は動いていないから、ポンドの押し目を買ったほうが良さそうですねぇ。
08-29 16:41

もっと収益を追求して引っ張れば、そこからどんどんと収益を失って、結局10銭を割ってからあわててポジションを閉じて、結局実現益の6銭とさして変わらない結果だろうと思う。何でも天井、天底で閉じれるはずはないから、腹八分、腹6分でもいいやという利食いが私は好き。そして次に入れるチャンス
08-29 16:39

指値で出来たドル円のショートとポンド円のショート。今閉じたらドル円で+5銭、ポンド円で-8銭でトータル-3銭になるところ。出来てそれほど時間がたたずに止めて+6銭だったから早めに止めて正解!そりゃ、172.10でポンド円を止めていればトータル+19銭も可能性があったが、きっと
08-29 16:29

でも動きがないから、早めに閉じて月末だし、無理しないことにします。
08-29 14:23

今日はオーダー付かないのかなと思いながら遅い昼食を食べていたらドル円指値売り103.850、ポンド円指値売り172.220が成立。このあいだ、3通貨ペア、0.3~0.5ピップス届かなかったことがあったから、103.857高値、172.227高値でぎりぎり付いても、まだ足りない!
08-29 14:22

この奇妙な静寂は一体何なんだろう?日経平均は売られていても為替は反応がほとんどない。ユーロドルの上値の重たさが残り、ドル円も103円台後半から104円台にかけては上値は重たいが、103円台前半のドル買い意欲は相当強そう。今日は月末なのにフローも何もないとはちょっと驚きでした。
08-29 12:32

多そうですね。ドル円はやはり売り目線。ただし現状レベルで売るようなイメージはなく、引き付けて103.85アッパーで考えてみたいです。欧州円はやはり戻り売りでしょうか?ユーロドルも1.3220が重たく、今は1.32アッパーにかけて売り興味ですね。
08-29 09:11

続きを読む

関東財務局長(金商)第238号 / (社)金融先物取引業協会 会員番号1503 金融商品取引業者 JFX株式会社

■このレポートは情報提供を目的とし、投資の断定的判断を促すものではありません。お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。この情報により生じる一切の損害について、当社は責任を負いません。本レポート中の意見等が今後修正・変更されても、当社はこれを通知する義務を負いません。著作権はJFX株式会社に帰属し、無断転載を禁じます。

■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。為替リスク想定比率は、通貨ペアごとに異なり、当社では、原則として一般社団法人金融先物取引業協会が金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1項に規定される定量的計算モデルを用いて算出する数値を利用します。なお、為替リスク想定比率は、原則として1週間ごとに見直しが行われ、レバレッジは、為替リスク想定比率の逆数(想定元本÷必要証拠金)となりますので、1週間ごとに変動します。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



copyright c 2016 FXブログ|小林芳彦のマーケットショット all rights reserved. powered by FC2ブログ.