情報提供を目的としており、お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。

未分類 > 11/10のツイートまとめ

11/10のツイートまとめ

JFXkobayashi

114円台の前半の重たさと113円台ミドル以下の実需の買いオーダーにサンドイッチされて、ドル円は動くに動けず。戻り売り・押し目買い双方とも 動けば逆張り的なポジションを取ってみようと考える人は結構いそうだが、114円に絡んで動かないようなら、手出しできずですね。
11-10 19:31

上値が重たく下がって来るドル円のイメージは、欧州時間からより鮮明となり113.963から午後4時までに114.260まで戻した分を、すぐに午後4時過ぎから市場は売り戻して安値更新。113.858までだが、113円台までの反落で、ちょうどイメージした水準だ。ただしここから上がるか?
11-10 17:59

もう間もなくミニLIVE!を生放送いたします。是非ご覧下さい!http://t.co/wxdlBPQnkg 視聴中にフリーズしてしまう場合は下記リンク先からご視聴くださいhttps://t.co/he7dswF8XY http://t.co/d7eRah1TfT
11-10 15:25

11月度ポンド円取引高キャンペーンが始まりました。最大3,000万円プレゼントです!是非、ご参加ください!http://t.co/L5kicfoMbO http://t.co/3OeqGVuxCY
11-10 14:00

今日の指値ドル円114.050買い、ポンド円181.380買いがきれいに入ったが、朝方から見たら、ドル円の上値が重たい。日経平均も戻り16800は重たそうで、朝方イメージしたよりもクロス円も重たくなってきた感が強い。移動もあるので早めだったが、ドル円・ポンド円ともにロングは利食い
11-10 11:55

本日15:30~15:45 ミニLIVE!を生放送いたします。是非ご覧下さい!http://t.co/wxdlBPQnkg 視聴中にフリーズしてしまう場合は下記リンク先からご視聴くださいhttps://t.co/he7dswF8XY http://t.co/WUFd2dS7Z6
11-10 10:03

今日に関しては、114円台前半なら買いイメージはありますが、114円台ミドルから上は買い興味は今は全くありません。しばらく様子見しようかなというイメージ。ユーロドルは引き付けて1.25台を待って、ユーロ売りから。動きを待ちましょう。本日もよろしくお願いいたします。
11-10 08:53

下落があり、下値を固めてから上がってきてもおかしくないような印象。このまま、115円台を買いあがるような感じではないんじゃないかという印象です。ただし下がったところは114円近辺なのか、113円台か、押しはしっかりと買いたいイメージで、売っていくというよりは、待って買いから。
11-10 08:49

タッチしたドル円でしたが、その後予想比低いNFPで114.60まで下落。115.42レベルまで戻した後、売りが被って114.50割れへ。115.00まで戻す場面もあったようですが、米債券利回りが急落して114.25へ。引けは114.60まで戻しましたが、イメージ的にはもう一段の
11-10 08:45

おはようございます。週末はばたばたと過ぎ去り、あっという間に月曜日!早朝、まだ星空がきれいな5時前、散歩を終えてお風呂でウトウトしてしまいました。さて、相場は米雇用統計で失業率は改善、前月のNFPが上方修正、しかし今月分が予想比減少とまちまち。思惑で発表直前に115.60まで
11-10 08:39

関東財務局長(金商)第238号 / (社)金融先物取引業協会 会員番号1503 金融商品取引業者 JFX株式会社

■このレポートは情報提供を目的とし、投資の断定的判断を促すものではありません。お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。この情報により生じる一切の損害について、当社は責任を負いません。本レポート中の意見等が今後修正・変更されても、当社はこれを通知する義務を負いません。著作権はJFX株式会社に帰属し、無断転載を禁じます。

■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、想定元本(為替レート×取引数量)×1%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大100倍となります。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



copyright c 2016 FXブログ|小林芳彦のマーケットショット all rights reserved. powered by FC2ブログ.