情報提供を目的としており、お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。

未分類 > 12/12のツイートまとめ

12/12のツイートまとめ

JFXkobayashi

118.55近辺から下がって午後9時前に118.15レベルまで下がった時は今晩はもう下はないと書いてしまっていたので、ちょっとドキッとしたが、今118.80手前まで戻してきて大体こんなレベルでNYは終わりそうだなと思っている。まだ7時間もあるが‥‥。
12-12 23:51

やはり119.00まで戻したのはちょっと違和感があると言うか、無理があった気がする。結局118.60安値が割れ、118.50も割れて118.05まで下げましたね。118.55レベルまで戻して下値ストップが捌けているしそんなに海外も今晩は攻めないかなと直感でイメージします。
12-12 19:08

先日ドラマ「相棒」取材を受けて取材協力しました。「相棒」の元日放送でもしかしたら当社のMATRIXTRADERが使われるかもしれません。 http://t.co/5mP4tcJdRd
12-12 18:17

その後5分足の雲の上限で上値止められた感じですが瞬間119円タッチしたんですね〜。流れから言って119円台から急激に下がって来た動きを118.50で食い止め、反転させるには相当なエネルギーが必要な筈ですが買い切り玉がお出ましになりましたかね?
12-12 15:37

118.50は割れなかったんですね‥‥暫くレートを見れませんでした!まとまった買いが入っていたんですかね?ちょっと意外でした。
12-12 15:03

【公式】JFX株式会社の代表取締役社長小林芳彦です。元インターバンクディーラーの視点から為替の動きを詳しく解説しています。「ユーロマネー誌」顧客投票「短期為替予測部門」を5年連続第1位受賞。毎月豊富なキャンペーンを実施しています。http://t.co/QkjZE6bDHT
12-12 14:42

AUD/JPY』 『NZD/JPY』スワップポイント 業界最高水準!スワップポイントをコツコツ貯めて運用したい!という方にも満足していただけます!http://t.co/CnMiMTmzZL http://t.co/fUbca200h7
12-12 14:38

さっき書き込んですぐ崩れ始めたんですね。118.50がもう割れそうですね‥‥。ポジションを取らない時はよく当たるって言われてます‥一寸寂しい。
12-12 13:28

その後は完全に横横ですね。東京では日曜日に投票を控えて常識的には新規にポジションを積み増しすることはないと判断する人が多数派でしょう。余程意図を持って恣意的に押し上げる積もりで買ったりしなければ‥。でもそれがあるからなあ。119円台は戻り119.10すら重たく見えてますけどね。
12-12 13:03

朝方NY引け直前の118.60近辺の下げを除けば119.10やって118.80まで押してもう一回頑張って買い上げたけど119.20で止められて118.85まで下がるレンジトレードっちゅう事ですね。119円挟んでいろいろオプションもありそうですね。今日は傍観者‥‥。トレードせず。
12-12 11:56

12月度 小林芳彦HAPPYあられプレゼントキャンペーン開催中です!新規約定1万通貨以上のお取引でプレゼント致します。是非、ご参加下さい!http://t.co/6300CMTOf3 http://t.co/xNdkdiZK8h
12-12 08:44

いたします。ちなみに本日所用がございまして、モーニングショットは収録いたしますが、それ以降の情報更新は出来ても、ツイッターのみだと思います。ツイッターに簡単に書き込めたら行う感じです。よろしくお願い申しあげます。
12-12 07:14

可能性が高く、あとは日本の選挙で300議席を見越して、事前予想通りの円安が進むのか、クリスマス前のポジションクローズの材料となって、「Sell on the Fact」で月曜日に下るのか判断が分かれるところですね。当然サプライズは下方向でしょうけど。本日もよろしくお願い
12-12 07:10

明確に割れて119.06レベルへ下落。一回は反発しましたが、チャートのセオリー通り119.35で止められ、次に119.05が割れたら止まらなかったという非常にテクニカル的な下落の一面もあったと思います。117.45は目先の下で、120.25近辺は重たそうというレンジを形成する
12-12 07:07

激しい下落となっています。もともと昨晩午後9時26分に2.14%割れだった米長期金利が午前1時過ぎには2.21%越えまで跳ね上がっていたことがドル買いの背景にあったため、長期金利低下がドル反落の要因。さらに119.555を付ける前にサポートだった119.30が明け方4時半過ぎに
12-12 07:04

午前3時過ぎにかけて119.30-45で揉み合いとなりましたが、明け方3時半過ぎに119.50を突破、高値119.555まで擦っています。ただし午前3時45分過ぎから下りだした米10年債の利回りが今も下り続けており、2.21%から2.16%へ下落。連れてドル円も118.601まで
12-12 06:58

ビッドになってから、更にドル買いが加速。119円手前で売り向かう向きもいましたが、118.80が底固くなって119.00越えでストップアウト。そのまま119.25越えまで押し切られてその後119.30から再び損切りも含めた買い上げとなって119.50手前へ。流石に午前1時から
12-12 06:54

118.80台にかけてカウンター気味に売った分、あとは118.60ぐらいから売り下った分の買戻しもあって底固かった面があったと思います。午後10時半の米経済指標は失業保険申請件数は予想比少なく、11月小売売上げ高は予想比高く、これでドルの再上昇につながり118.80がしっかりと
12-12 06:48

やりすぎ感もあって夜9時半にかけて118.256まで下げたドル円でしたが、118.35-40を越えて6時20分過ぎからショートカバーがきつくなった経緯から当然118.35-30はサポートになりがちで118.30以下はビッドしっかり。9時半には米経済指標は無かったものの、新規買いや
12-12 06:44

おはようございます。曇天で星が見えず、朝の散歩は傘をもって出たほうがいいかな?と思い、面倒くさいですがビニール傘を持って出ました。正解!途中から突然雨が降り出し、傘を持っていて良かったです。しかし激しいショートカバーで、119.555まで行ったんですね。118.885から
12-12 06:40

関東財務局長(金商)第238号 / (社)金融先物取引業協会 会員番号1503 金融商品取引業者 JFX株式会社

■このレポートは情報提供を目的とし、投資の断定的判断を促すものではありません。お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。この情報により生じる一切の損害について、当社は責任を負いません。本レポート中の意見等が今後修正・変更されても、当社はこれを通知する義務を負いません。著作権はJFX株式会社に帰属し、無断転載を禁じます。

■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。為替リスク想定比率は、通貨ペアごとに異なり、当社では、原則として一般社団法人金融先物取引業協会が金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1項に規定される定量的計算モデルを用いて算出する数値を利用します。なお、為替リスク想定比率は、原則として1週間ごとに見直しが行われ、レバレッジは、為替リスク想定比率の逆数(想定元本÷必要証拠金)となりますので、1週間ごとに変動します。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



copyright c 2016 FXブログ|小林芳彦のマーケットショット all rights reserved. powered by FC2ブログ.