情報提供を目的としており、お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。

未分類 > 12/22のツイートまとめ

12/22のツイートまとめ

JFXkobayashi

ダブルに上がると(ドル円上昇、ユーロドル上昇)掛け算通貨だけに上昇が早いな~!
12-22 20:21

ユーロドルの下攻めが不調で1.22187ビッドから下には下がらなかった分、市場のショートのストップが1.22550から上にあった模様。新規に戻り売りも入ってくるため急騰はせず。ドル円も119.30以下が堅く、結果掛け算でユーロ円が145.96レベルから147.03レベルへ急上昇!
12-22 20:20

119.60-55はサポートになっているかもしれません。ショートで大きく攻める地合いではないことは明らかです。
12-22 18:32

プラスで働いた感じ。ただし120.00は相当オプションのストライクがあり、120.00を抜けても大きく跳ね上がるよりは利食いに押されて反落する可能性も高いようなイメージで見ています。一回では抜けないと考えて119.90手前で売り回転も1回やってみました。(わずかですが)
12-22 18:31

夕方5時に、それまで止まっていた119.62-63レベルを超えてドル円が吹き上がり高値は119.892ビッドまで上がりました。薄い中でストップをつけに行ったか、クロス円の上昇を背景に一緒に買い上がったか。欧州の主要株価も小幅上昇、米長期金利の水準も小幅高であり、ドル円の買いに
12-22 18:23

クリスマスおよび年末年始の営業時間について、JFXニュースに掲載しております。詳細はこちらをご確認ください。http://t.co/6UF3jqdBP1
12-22 16:40

もう間もなくミニLIVE!を生放送いたします。是非ご覧下さい!http://t.co/wxdlBQHaIs  LIVE視聴中にフリーズしてしまう場合はこちらから。https://t.co/ZNk8flUewZ http://t.co/zi4Q1pUcPz
12-22 15:22

ショートが溜まりじわじわと戻り中。1.2250-55で止まらないと1.2265-75まで戻す可能性が高くなるだろうか? 日曜日に高校の部活のOB会があった。80歳台の大先輩もお見えになり総勢30名を越える忘年会。とても先輩方から元気をいただいた!還暦前は小僧っ子扱いです(笑)。
12-22 12:30

朝方からドル円が吹くことは無いだろうと思っていましたが、早朝の119.60台からだらだらと下って119.315まで。急落も考えにくいし、投機筋も今週は仕掛けをやりにくいので、基本様子見でしょうか。来週以降のことを考えると押しは買いたい方向なんですけどね。ユーロドルは流石に
12-22 12:24

本日 15:30~15:45 ミニLIVE!を生放送いたします。是非ご覧下さい!http://t.co/wxdlBQHaIs  LIVE視聴中にフリーズしてしまう場合はこちらから。https://t.co/ZNk8flUewZ http://t.co/OfgMURaCqE
12-22 09:47

@Zen_Ono いつもありがとうございます。バージョンアップに付きましてはHPトップにございますバージョンアップ情報をご参照くださいませ。これからもよろしくお願いします。画面にチラッとでも映るといいなと思っていますが。期待しますURLhttp://t.co/JDay4cpuUB
12-22 09:35

来週からは名実ともに新年度入り(12月29日のドル円、クロス円の受け渡しは1月5日で、その日に収益が実現益となる)で海外勢はやる気満々でスタートします。今週は無理せずのスタンスが世界共通の認識です。では。
12-22 08:49

欧州、英国、カナダほかがお休みです。したがってアジアが終わるとNYまでレートが無いし、クリスマス休暇で半分も会社に来ない。みんな連休モードで、会社に来ている連中もオーダーウォッチが主で誰も売り買いしません。こんな時期に相場を荒らすと市場から『つまはじきされる』からです。
12-22 08:46

減って、1銭開きが当たり前の時間が増えているようですが、今週はもっとこの傾向が強くなると思われます。まず24日は平常どおりですが、25日は開いている市場は日本のみ。当然日本の金融機関もレートは出したがりません!翌26日は日本、シンガポール、米国が開きますがNZ、豪州、HK、
12-22 08:41

をサポートとして高値圏でホバリング(空中浮揚)し119.51で越週しています。ユーロドルが弱く、基本はドル高。ただし流動性が今週は極端に低下します。レートを出す銀行が少なくなるのですから当たり前です。充分にご注意ください。このところ、インターバンクで0.5銭で出す銀行が
12-22 08:34

下らないか、下るんだったら118.80まで下って欲しかったなというのが本音!その後めきめきと音を立てショートカバーとなって119.25越えへ。オプションカット時間を過ぎてから119.50も突破!高値は119.63まで跳ねましたが、更なる上値も突っかけず、さりとて下らず119.40
12-22 08:24

下落傾向となっていた米10年債が午後11時にかけて2.1864%ビッドレベルまで下がり、連れてドル円も午後11時前に118.83安値まで下落!しかし・・・悲しいかな118.85-75と書いたものの、118.80でしか買指ししなかったためこの押しを拾えず・・・・・どうせなら
12-22 08:22

119.09まで反落。でも119.00が割れずに切り返して波状攻撃で何回も119.50を攻めましたが、抜け切れず。自分でツイッターに書き込んだのが17:46「118.85-75ぐらいに買いを置いて様子見するぐらいしかイメージが湧きません。」欧州時間から2.2340%を天井に
12-22 08:18

戻り売りに傾斜したため、その後の買い上がりの原動力となってしまいました。先週金曜日の119.10越えからの買いあがりも119.10、15、20レベルにあったストップ買いオーダーを引っ掛けたこと、更には短期の米系ファンドの買いあがりも見られたようです。119.47まで上げて一旦は
12-22 08:11

おはようございます。今朝はまた寒いですね。太陽が出てくると視覚的にも暖かさを感じます。さて先週の相場は一言で言うと「良くこんなに戻したな~」115.57まで下げたときにはフィボナッチのサポート115.50ぎりぎりで止まったものの、戻りを重たいとイメージしたトレーダーが多く
12-22 07:50

関東財務局長(金商)第238号 / (社)金融先物取引業協会 会員番号1503 金融商品取引業者 JFX株式会社

■このレポートは情報提供を目的とし、投資の断定的判断を促すものではありません。お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。この情報により生じる一切の損害について、当社は責任を負いません。本レポート中の意見等が今後修正・変更されても、当社はこれを通知する義務を負いません。著作権はJFX株式会社に帰属し、無断転載を禁じます。

■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。為替リスク想定比率は、通貨ペアごとに異なり、当社では、原則として一般社団法人金融先物取引業協会が金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1項に規定される定量的計算モデルを用いて算出する数値を利用します。なお、為替リスク想定比率は、原則として1週間ごとに見直しが行われ、レバレッジは、為替リスク想定比率の逆数(想定元本÷必要証拠金)となりますので、1週間ごとに変動します。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



copyright c 2016 FXブログ|小林芳彦のマーケットショット all rights reserved. powered by FC2ブログ.