情報提供を目的としており、お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。

未分類 > 01/09のツイートまとめ

01/09のツイートまとめ

JFXkobayashi

米国雇用統計結果(速報) 失業率(結果)5.6% NFP(結果)25.2万人 http://t.co/3vpm7NuPRU ( #小林芳彦 live at http://t.co/2eCB04p2ku)
01-09 22:30

あと約5分で米国雇用統計発表です。失業率(予想)5.7% NFP(予想)24.0万人 http://t.co/3vpm7NuPRU ( #小林芳彦 live at http://t.co/2eCB04p2ku)
01-09 22:23

あと約5分で米国雇用統計発表です。失業率(予想)5.7% NFP(予想)24.0万人 http://t.co/wxdlBQHaIs ( #小林芳彦 live at http://t.co/UVdJNtELPX)
01-09 22:23

ato ( #小林芳彦 live at http://t.co/2eCB04p2ku)
01-09 22:21

もうまもなく雇用統計LIVEスタートです!http://t.co/3vpm7NuPRU ( #小林芳彦 live at http://t.co/2eCB04p2ku)
01-09 21:58

キャンセルしました。ポンド円の0.4銭なんて、こんなの動く時には2~3銭飛ぶのに、どうしてあと0.4銭が付かないんだろう?苛めにあっているとしか思えないなぁ。その後180.840まで上がったから(当然こんなとこまでロングを引っ張るとは思えませんが)余計そう感じるんだろうなぁ。残念
01-09 19:42

今日の売買方針のポンド円は押し目買い。入れたレートは179.950でしたが、今日の安値売りは何と!179.954!わずか0.4銭届かず!2時10分過ぎでちょうど移動中であり、いつ付くかとちらちら見ていましたが、これが付かずに180.08ビッドぐらいになった時にジンクスでオーダーは
01-09 19:37

1月度ポンド円取引高キャンペーン開催中です。最大3,000万円プレゼントです!是非、ご参加ください!http://t.co/8YIUGuBAy2 http://t.co/iR2hC9mzPy
01-09 16:47

179.950で指していたポンド円買いは、安値売りがなんとギリギリ付かず179.954売りで0.4銭届かずでした。その後180.080まで戻り完璧なジンクスなためキャンセルしました。
01-09 14:25

自分が損失や、負けた理由・負けた流れに熱くなっていなければ冷静だったらまともな判断を大抵は下せるんだが。ドル円が119.371まで下落。変に買ってやられて熱くならなかったことを素直に感謝しよう。
01-09 13:16

またやられている。損切が付かずに利食いできているのは、ほんのわずかな差。でも自分は1.2銭~2.7銭で利食いしているほうが圧倒的に勝率がいいので早利食いはわかっていても、利食いする。切りそびれていたら、119.447まで下げている。スキャルで大きくやられることは絶対に避けるべき。
01-09 13:12

為替って微妙。さっき119.565で利食いしたのも、その前に2.2銭やられていたから、119.538+0.022=119.560より上なら止める方針だったから、機械的に止めただけ。強いほかの理由は無かった。何もしなかったら、または欲張っていたら 119.515割れから切りに行って
01-09 13:11

@nature117 小春日和様 お口座開設ありがとうございます。今晩のLive!も頑張りますからよろしくお願いいたします。
01-09 13:11

119.539で新規に買ってみたが、上がらずにずるずると落ちてくるから速攻で119.517でロングを切った。でも119.506までで、その後ちゃんと119.576まで戻してきて入りどころがまずかったな・・・と反省。やっちまった感があるが、119.580を買えない・・・。移動だし。
01-09 12:43

で利食いできたし、その後も119.494で買っても119.513で利食いできてる。ほとんどのケースが一旦離れたあと、指値水準を下回ると突き抜けるんだが、今日はちゃんと戻してる。単なる直感だが、119.417売りで今日の安値は既にやっているんじゃあるまいか。119.80は重いけど。
01-09 12:19

朝方から入れていたドル円の買い指値119.430は一旦119.475から119.58まで戻したときにジンクスでキャンセル(5銭以内に近づくも約定せず10銭ぐらい離れた場合)していた。もう一回下ってきたときに、当初指値よりも低い119.424で運試しで買ってみた。結果119.461
01-09 12:17

@rising2015 志摩様、お待ちしております。これからもよろしくお願いいたします。
01-09 10:59

本日 22:00~22:40雇用統計LIVE!を生放送いたします。是非、ご覧ください!http://t.co/wxdlBQHaIs LIVE視聴中にフリーズしてしまう場合はこちらから。https://t.co/mZOPOUbKTg http://t.co/HZZjylFwn6
01-09 09:56

1.1819まで買戻しが入りました。米雇用統計前のポジション調整の意味合いもあったと思います。今日ですが、雇用統計前には大きく動く気がしませんが、下ったら(119.45以下)軽く拾ってみようかなと漠然としたイメージで見ています。本日もよろしくお願いいたします。
01-09 09:03

1.1800手前まで戻したあと、ドラギ総裁の「ECB理事会、責務の範囲内で追加の非標準的措置講じるコミットメントで一致」「非標準的措置には国債などさまざまな資産の買い入れを含む可能性」との発言が出ても1.1770はもう割れず、逆に1.1800の上にあったストップを巻き込み
01-09 08:49

届かず120.00には、さまざまな売りが集中していたようです。といって下っても119.38と朝方のアジア安値119.17には遠く及ばず下値はしっかり。今晩の雇用統計前の調整としては浅い感じ。ユーロドルも1.1754まで下攻めしましたが、1.1750は割れず。利食い・買戻しが入り
01-09 08:42

おはようございます。昨日夜にイメージしてイブニングショットに収録した『120.00は越さない、119.50が割れても下って119.35まで』は朝までレンジを形成してました。午後9時半の高値119.90、安値は午後11時過ぎの119.38です。日通しの高値119.97には海外時間も
01-09 08:37

「120円には届かない、119.50が割れたとしても119.35どまり」と今日のイブニングショットに入れましたが、今のところ午後8時半以降、高値119.899、安値119.384と、外れてはいないですね。良かった~。もう一眠りしましょう。音を立てるとリリーが散歩と勘違いして吠える
01-09 01:58

関東財務局長(金商)第238号 / (社)金融先物取引業協会 会員番号1503 金融商品取引業者 JFX株式会社

■このレポートは情報提供を目的とし、投資の断定的判断を促すものではありません。お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。この情報により生じる一切の損害について、当社は責任を負いません。本レポート中の意見等が今後修正・変更されても、当社はこれを通知する義務を負いません。著作権はJFX株式会社に帰属し、無断転載を禁じます。

■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。為替リスク想定比率は、通貨ペアごとに異なり、当社では、原則として一般社団法人金融先物取引業協会が金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1項に規定される定量的計算モデルを用いて算出する数値を利用します。なお、為替リスク想定比率は、原則として1週間ごとに見直しが行われ、レバレッジは、為替リスク想定比率の逆数(想定元本÷必要証拠金)となりますので、1週間ごとに変動します。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



copyright c 2016 FXブログ|小林芳彦のマーケットショット all rights reserved. powered by FC2ブログ.