情報提供を目的としており、お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。

未分類 > 01/12のツイートまとめ

01/12のツイートまとめ

JFXkobayashi

@jay61dragon GPIFの動きは今日は確認はできませんが、市場のポジションが金曜日にロングが切らされ、ショートが残り今朝から売り下がり、その後売り上がってショートを積み増しした結果、上がれば上にストップ買い(損切り)しかなかったということでしょうね。119.319!驚き
01-12 19:41

119.272!ここまでドル円上昇を想定していた人は、朝方では少なくとも皆無でしょうね・・・。
01-12 19:09

119.189・・・ ドル円のショートカバーが止まらんです。上がれば上がるほど、ショートにしかならんのかな?先週の雇用統計後の流れで。
01-12 19:01

今、119円に到達。強いというか、みんな売りあがってたから・・・。早めにショートから撤退して正解!でも気持ち悪くて118円台後半はロングにしにくい。だから余計ショートが溜まるんですね~。
01-12 18:44

@kyushunau jiro様 ごめんなさい!頭は118円台で考えているんですが、手が勝手に119円と打ってました。大変失礼いたしました!
01-12 18:42

119.295から119.805まで吹き上がったのは・・・・118.295から118.805まで吹き上がったのはが正しいです。大台書き間違えてました。訂正します。
01-12 18:35

@1044_mamama 発言、材料は特になかったように思いました。
01-12 18:04

@1044_mamama よー@楽しくFX様、 はっきりしたことはわかりませんが、1.1850-45を割ってユーロドルが急落(仕掛け)で1.18052まで現在下げているので、これが118.50の上や118.80の上のショートのストップを引っかけた可能性が高いのでは。ニュースや
01-12 18:03

自分の相場観が間違っていると思ってしまいました。ただし、119円台は当然重たいでしょうし、118.30-118.90で、しばらくにらみ合いでしょうか?この急激な買いあがりでさらにアジアのショートがしこっている感じが強くなりましたので、再度買い上がりもあり得ますね。
01-12 17:47

119.295から119.805まで吹き上がったのは、アジアがショートになっていて欧州勢が118.50の上にあるアジアのストップがはっきり見えたんでしょうね。午後からのアジアの売り気に騙されました。どちらかといったらショートカバーをイメージしましたが、一向に上がってこないので、
01-12 17:44

まだ付かないけど、気持ち悪いから、ユーロ円・ポンド円の売りをキャンセルしておきます。市場がショートになっていると思ったので、自分は早めに撤退していましたが、一向に買い上げられず逆に118.10に向けて売られたので、自分の見方が間違っていたんだなと思ってました。こんなに簡単に
01-12 17:40

118.669で、待っていて118.70割れ、瞬間118.663まで緩む局面で、アベレージ近辺だったら何でもいいから撤退と思い118.665で買い戻ししてスクエア。ドル円は118.805まで吹きあがり、140.466、179.587までユーロ円・ポンド円も吹きあがっています。
01-12 17:38

118.45を早めに止めて、失敗したなと思いながら、事務とかしてました。118.60の売りは指したままで付くことはないと思っていましたが、突然午後5時過ぎから急激な買い上がり。118.60が串刺しになり、仕方ないから、一回ナンピンを行い118.738で売り増し。アベレージが
01-12 17:34

もう間もなくミニLIVE!を生放送いたします。是非ご覧下さい!http://t.co/wxdlBQHaIs LIVE視聴中にフリーズしてしまう場合はこちらから。https://t.co/ZNk8flUewZ http://t.co/VpIdfkC89M
01-12 15:21

ドル円はショートで踏み上げられて捕まっているのかと思っていたんだが、どうも違うらしい。118.242まで落ちてきて、もうショートのしこりは無くなってくるはず。イメージちょいと違うなぁ。さっきのいきなりドル円が吹いたときにはびっくりした。捕まったと思ったが薄いしやってないのかな?
01-12 12:38

118.31台から118.36台まで買いあがる動き。やっぱりショートだと思うから、自分のショートは早めに止めてます。ちょっと様子見ですね。
01-12 12:11

11時3分からいきなり118.36ぐらいから118.506まで吹いて戻り売りを売れた人もいるが朝から売っていた人たちのコストはぎりぎり今のレベルでカバーされるかどうか。ショートで捕まりがちな動きでもあるので、あまり下まで売りたくなくなった。書いてるそばから
01-12 12:10

朝方からどちらかといったら、自分がイメージした売り水準(118.450・118.600)よりも低いとこからアジアのインターバンクが売り始めて118.125までタッチ。アベレージは118.30-33ぐらいじゃないのか(この水準)と思っています。薄い中で今日は売っているイメージが強く
01-12 12:07

本日 15:30~15:45 ミニLIVE!を生放送いたします。是非ご覧下さい!http://t.co/wxdlBQHaIs  LIVE視聴中にフリーズしてしまう場合はこちらから。https://t.co/ZNk8flUewZ http://t.co/pD4CLDDRWE
01-12 10:17

考えるインターバンクが多そうです。まずは118.05割れ、その後117.80でしょうか?戻り売りは118.45、118.60-65に集中しそうです。本日もよろしくお願い申し上げます。
01-12 08:44

118.80が割れる想定はイメージしづらかったと思われます。取り残されたドルロングが多いことを考えると短期勢はこの下にありそうなストップを狙いに売り先行で入る方向でしょう。118.20から買い下がるイメージは、たぶんあまりいないのでは。今週117.25~35ぐらいまでの下押しを
01-12 08:42

をやっていると想像した向きはほとんどいなかったはずです。私も先にNFP、失業率の数字に目が行き、118.79まで売られる材料が平均時給の下落と気が付くのに少し時間がかかってました。その後、根本的に数字がいいからドル買いは理解できたのですが、ドルブル派は買いあがった119.77から
01-12 08:38

先週安値でしたが、雇用統計の失業率・NFPを持ってしてもドル買いを維持できない動きから、根っこの円売りポジションがいかに大きいか、ポジション調整を実はしたがっている海外のファンド勢が多いかを物語っているようです。雇用統計が出た瞬間、119円近辺でしたが、この時間に118円台前半
01-12 08:35

ユーロ円は全般的に見て上値が重たく140.70-80の重たさを醸し出し140.20安値から戻しても140.52レベルで140.35引け。今日は東京がお休みですがオセアニア時間の動きはドルの上値が重たく、じわじわと売り先行。今118.188売りが安値となっています。118.05が
01-12 08:32

以来の低い失業率よりも、平均時給の低下に着目したドル売りが勝った展開。午前1時過ぎには118.42安値まで下がり118.52で越週。一方ユーロドルは発表後1.1762まで緩んでいたが、その後ドル売りが優勢となってストップを巻き込み1.1846まで買いあがり1.1840で越週。
01-12 08:29

見たいイメージでした。それぐらい120.00の重たさを感じていました。ただし下っても119円台前半ぐらいのイメージでしたが、NY原油が弱く2月限は47.16ドルまで下落。ダウも-170.50、米10年債も1.942%までタッチして1.945%引け。(-0.073)2008年6月
01-12 08:27

売り込まれました。平均時給が予想外のマイナスとなった部分に着目したドル売りでしたが、その後は失業率の改善、非農業部門雇用者数が良いことからドル買いに軸足が移りジリタか。119.77まで約1円買いあがる展開に。ライブ放送でもお話したのですが、119.50-80は引き付けて売って
01-12 08:23

おはようございます。今朝は朝焼けがとってもきれいでした。先週金曜日、321千人、5.8%の前回数字に対し240千人、5.7%予想だった米雇用統計が発表され、252千人、5.6%と好調。2008年6月以来の数字で出た瞬間ドル買いでしたが、すぐにドル売りに変化。118.79まで
01-12 08:20

関東財務局長(金商)第238号 / (社)金融先物取引業協会 会員番号1503 金融商品取引業者 JFX株式会社

■このレポートは情報提供を目的とし、投資の断定的判断を促すものではありません。お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。この情報により生じる一切の損害について、当社は責任を負いません。本レポート中の意見等が今後修正・変更されても、当社はこれを通知する義務を負いません。著作権はJFX株式会社に帰属し、無断転載を禁じます。

■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。為替リスク想定比率は、通貨ペアごとに異なり、当社では、原則として一般社団法人金融先物取引業協会が金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1項に規定される定量的計算モデルを用いて算出する数値を利用します。なお、為替リスク想定比率は、原則として1週間ごとに見直しが行われ、レバレッジは、為替リスク想定比率の逆数(想定元本÷必要証拠金)となりますので、1週間ごとに変動します。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



copyright c 2016 FXブログ|小林芳彦のマーケットショット all rights reserved. powered by FC2ブログ.