情報提供を目的としており、お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。

マーケットショット > 「 ドル円・ユーロ円は買い!ユーロドルは売り。ポンド円・オセアニア円は買い目で。」

「 ドル円・ユーロ円は買い!ユーロドルは売り。ポンド円・オセアニア円は買い目で。」


極旨!焼肉三昧キャンペーン!!

☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆

「 ドル円・ユーロ円は買い!ユーロドルは売り。ポンド円・オセアニア円は買い目で。」

☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆
--------------------------------------------------------------------------------------

1月15日


1月14日の概況

1月15日


1月14日の概況


おはようございます。今日は雨になるからなのか、暖かい過ごしやすい朝です。綺麗な朝焼け
は見えませんでしたが・・・。
目が覚めてレートをチェック!40銭台が目に飛び込んできて、116.00は割れなかったのかな?
と思いながら良く見たら117円台でした!え?これまた116.072から見たら強烈なショートカバー
ですねぇ。

昨晩午後10時半の米12月小売売り上げが予想-0.1%のところ-0.9%、更に前月分も0.7%が0.4%と
revised down! それまで午後8時半から基本116.70~117.00で揉み合いとなっていたドル円が
一気に116.50が割れて116.16-40でワンクッション置いて116.072まで突っ込みましたが、売り
は発表直後の30分だけ。この数字だったら、みんなが戻り売りを行いますが、午後11時過ぎに
116.20が割れなくなり持ち上がった116.50から損切り執行。116.70、116.80、116.90と戻り
売りも出ていましたが、それぞれ20銭、30銭、20銭の押しはあったものの、ここで止めないと
上に持っていかれる展開となって午前2時40分、117.00を回復。

更に117.10台でも戻り売りが出ていましたが、116.90割れが精一杯と下値がショートの買戻し
で固くなり117.20-25でショート勢は諦めて買戻ししたため、午前5時20分過ぎに高値117.433
まで擦っています。116円台の前半の買い切り玉が厚かったということですねぇ。
下って『行って来い』でしたか・・・。

ただし昨日の朝方のような117円台後半はもとより、117.60から上が相当重たくなっていると
思うので、今日は引き付けて戻り売り。気をつけなくてはならないのが、買いストップが
116.10まで綺麗になくなっているということです。昨日の下げの原動力は主にストップロス
売りでした。ここのポイントが割れたらストップが出るなと期待されたところで
ちゃんと出てくれた比較的下げる場面は素直な相場でした。(戻りは確かに誰にもわかりません
でしたが・・)

今日は下にストップがあっても昨日上がってくるときに出来たロングの損切りのみ。数は知れて
います。したがって、売り潰して下げないと『人のふんどし』では利食いできないということ
です。利食い千人力で、しかも売りも突っ込み売りは避けるなど配慮が必要です。

買いたいと思いながら昨日の勢いで買いを指さなかった面々もいるでしょうから、116円台は
そう簡単には深堀り出来ないというイメージ。116.80以下、利食いを優先だと考えています。
117.50手前で打診売りから。117.90アッパーS/Lでイメージしています。本日もよろしく
お願い申し上げます。

その後


117.45台売ってみましたが、意外と値動き強いので、117.407で止めています。117.50越えて
来ましたね。先に押しがあったら買いたかったのですが。117.65-85ゾーンで様子を見ながら
売りで、117.90アッパーで損切りします。

凄く強いです。売りあがっていると危なそうで、軽い押し目買いスキャルに切り替えています。
仲値が高いのでしょう。仲値が終わって緩んできても、仲値預けできない小さな金額の輸入の
買いも出てくる可能性があるため、下がりにくいかも。117.62台!あ~、利食いが早い。

117.50台、押しがあって止まったら、買う。1銭上でも買う。3銭以内で利食いするような
スキャルだったら、今5回回せました。チリも積もれば・・・長くは引っ張れない。
仲値のあとの動きを見ないと。

117.731まで上がって来ました。仲値決定後の117.63台の固さ、これは買い遅れたところの
カバー玉だと思います。117.715で 今、売ってみましたが、下らないようなら早めに損切り
しましょう。

ショートは止めましたが、ここ(117.65)から下るのかどうか良く判らなくなりました。
戻り売りの方針を立てていたんですが。売買方針、作りかけてましたが作り直しします。
押し目買い回転のほうが取りやすいかも。しかし仲値直前に117.45近辺からこんなに簡単に
上がるとは・・・。イメージ違いました!




ドル円 買い
ドル円は 117.450、117.350で買いから。ストップを117.150に置きながら、117.880、
117.950で利食いするような回転に売りからイメージチェンジしました。

レンジ 117.300(117.450)--(117.880)117.950 作成時 117.699-702 10:34AM


ユーロドル 売り
ユーロドルは 1.18150、1.18250で売りから。ストップは1.18550に置きながら、1.17550、
1.17400で利食いするような回転をイメージしました。

レンジ 1.17300(1.17550)--(1.18150)1.18350 作成時 1.17738-743 10:36AM


ユーロ円 買い
ユーロ円は 138.180、138.030で買いから。ストップは137.750に置きながら、138.850、
139.000で 利食いするような回転をイメージしました。

レンジ 137.950(138.150)--(138.850)139.000 作成時 138.601-609 10:48AM


ポンド
ポンド円は買い目。178.800、178.700で買いからイメージしましたが、ドル円が上がって
しまい、水準が離れてしまいました。指値しないで様子を見ます。178.450でストップ、
利食いは179.850、179.950で考えました。

レンジ 178.700(178.800)--(179.850)179.950 作成時 179.508-521 11:30AM

対ドルは1.52120、1.51980で買いから。1.51650にストップを置きながら、1.52650、
1.52800で利食いするような回転をイメージしました。

レンジ 1.51850(1.52100)--(1.52650)1.52850 作成時 1.5233-343 11:01AM

豪ドル
豪ドル円は 買い目。95.890、95.790で買いから参入する方針でしたが、離れてしまった
ので、指値は置かず。95.600でストップを、96.750、96.850で利食いをイメージしていました。

レンジ 95.700(95.850)--(96.750)96.900 作成時 96.500-509 11:31AM

対ドルは0.81650、0.81450で買いから。ストップは0.81200に置きながら、0.82050、
0.82300で利食いするような回転をイメージしました。

レンジ 0.81400(0.81650)--(0.82050)0.82300 作成時 0.81867-879 11:02AM

ニュージードル
ニュージー円は 買い目。90.450、90.350で買いから。ストップは90.050に置き、利食い
は91.200、91.300をイメージしましたが上がってしまいましたので、買い目で様子見します。

レンジ 90.300(90.450)--(91.200)91.300 作成時 90.908-923 11:32AM

対ドルは0.76550、0.76450で買いから。ストップは0.76200に置きながら、0.77400、
0.77500で利食いする
ような回転をイメージしました。

レンジ 0.76450(0.76550)--(0.77400) 0.77500 作成時 0.77102-0.77117 11:03AM





新規口座開設はこちら

ブログランキングに参加しています!応援クリックお願いします!
ブログランキング ポンド円FC2


------------------------------------------------------------
■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品
ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果
(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって
注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。
特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が
高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアや
ポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければ
ならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。
スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が
高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人の
お客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)× 4%の額となり、レバレッジは、
想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、
1Lotあたり500円となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので、
それぞれの値が変動することにより、レバレッジも変動します。店頭バイナリーオプション取引
「MTBO」は、判定時刻の為替レートが、当社の設定した最大7本の権利行使価格から、お客様が
選択された権利行使価格よりも、上昇するか下降するかを予想するヨーロピアンタイプのラダー
バイナリーオプション取引です。最大損失額は、オプションの取得対価の全額となります。
取引単位は1ロット(1ロット当たりの価格は0~1,000円)、1回の取引あたりの最大取引単位は
50ロットとなります。手数料は無料です。オプションの購入後において、取引をキャンセルする
ことはできません。購入したオプションを取引可能期間前に清算(売却)をすることはできます。
但し、購入価格と清算価格にはスプレッドがあり、清算時に損失を被る可能性があります。
「MTBO」は投資額に比べて大きな利益を得る可能性がある反面、投資元本の保証はなく、お客様
にとって為替レートが不利な方向に変動することにより投資元本の全てを失う可能性のある
リスクが高い金融商品です。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引および店頭
バイナリーオプション取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インター
ネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。
また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。
お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身
の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。

関東財務局長(金商)第238号 / (社)金融先物取引業協会 会員番号1503 金融商品取引業者 JFX株式会社

■このレポートは情報提供を目的とし、投資の断定的判断を促すものではありません。お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。この情報により生じる一切の損害について、当社は責任を負いません。本レポート中の意見等が今後修正・変更されても、当社はこれを通知する義務を負いません。著作権はJFX株式会社に帰属し、無断転載を禁じます。

■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。為替リスク想定比率は、通貨ペアごとに異なり、当社では、原則として一般社団法人金融先物取引業協会が金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1項に規定される定量的計算モデルを用いて算出する数値を利用します。なお、為替リスク想定比率は、原則として1週間ごとに見直しが行われ、レバレッジは、為替リスク想定比率の逆数(想定元本÷必要証拠金)となりますので、1週間ごとに変動します。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



copyright c 2016 FXブログ|小林芳彦のマーケットショット all rights reserved. powered by FC2ブログ.