情報提供を目的としており、お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。

未分類 > 01/19のツイートまとめ

01/19のツイートまとめ

JFXkobayashi

でその後ユーロドルの上昇に連れてユーロ円は136.368まで上がって、136.20に置いていたストップが付くところだった。すごくラッキーでした。
01-19 19:16

ユーロドルは1.16284まで上昇。1.1605で朝から戻り売りを置いていたが、午後6時でキャンセルした。幸運だったのがユーロ円。135.950で売り指値が成立。その後6時に向けて下がってくれたので、6時のタイミングで135.749で買い戻しした事。偶然だが、安値は135.745
01-19 19:14

@kosa_midi こさか様 ありがとうございます。急落の原因がどこにあったか知りたかったので。確かに10時以降の日経平均の下落がドル円を117.45から116.962まで押し下げた材料。日経平均の下落は上海の影響であり、この上海の下落理由がいただいた内容で理解できました。
01-19 17:58

ので、実際には買っていませんが、やるなら小口で買いから入り早回しに徹する方針。今日はNYは Martin Luther King Jr. Day で休場。欧州・ロンドン市場もNYが休場であることもあり、あまり積極的はやってこないイメージです。
01-19 17:30

思います。その後117.30から上には一向に戻れず116.95-117.25のレンジで横ばい推移となっており方向感は明確ではありません。朝方116.950・116.850で押しを買いたい(ストップは116.50割れで)というイメージは今も変わっておらず、今日は指値をしなかった
01-19 17:23

今日の上海株式の急落が円高に結びついているという指摘、背景のロジックが自分には今一つ判りませんが、相場急落でリスクオフに繋がるイメージからドル円のロングを減らした(クロス円のロングを減らした)ため、ドル円が117.65から116.962まで70銭弱下落したと考えることは可能と
01-19 17:19

RT @wadahitoshi: ユーロスイスフランは欧州時間に入ってSNBが介入しているようですね。「今更何を」っていう感じですが、、、市場は取引出来る状況ではありませんが、「下限を撤廃したものの、介入は継続する」っていう方針を知らしめているのかもしれませんね。
01-19 17:07

もう間もなくミニLIVE!を生放送いたします。是非ご覧下さい!http://t.co/wxdlBQHaIs LIVE視聴中にフリーズしてしまう場合はこちらから。https://t.co/ZNk8flUewZ http://t.co/BpuBAdvJU6
01-19 15:22

急激なドル円下落にはちょっとびっくりしたが、もともと116.95・116.85で買いから入るイメージだったから、117円台ミドルでは売り買いもせず様子見だった。買うにしても116.50割れがストップイメージだったので、ストップが深すぎて何もできなかったので、様子見でした!
01-19 12:56

本日 15:30~15:45 ミニLIVE!を生放送いたします。是非ご覧下さい!http://t.co/wxdlBQHaIs LIVE視聴中にフリーズしてしまう場合はこちらから。https://t.co/ZNk8flUewZ http://t.co/C5aW8pXjOX
01-19 12:23

@Zen_Ono 117円台ミドルでは参入する気がせず様子見。116.950・116.850で買い参入で、ストップは116.50割れで置くイメージ。朝方117.58とかだったので、指値をするにも現状レートから遠すぎるし、買い目様子見としてました。何のストップだったんでしょうね?
01-19 11:51

ユーロの買戻しでユーロ円が巻き上がるのだろうか?ドル円単体で動くことよりもユーロがらみで影響を受けることが多そうな一週間ですね。今週もよろしくお願いいたします。117円台ミドル以下、相場に入りにくいイメージなので、様子を見ながらゆっくりスタートします。
01-19 08:13

なりそうです。今週は神経質なレンジ取引でしょうか?115円台の底堅さを先週確認した感じも強く、116.20~118.00をコアレンジでユーロドルの動きを見ながらトレードだろうか?ここまでECB金融緩和を織り込んできたら、材料で尽くしと出た瞬間なるから(でもギリシャが残っている)
01-19 08:11

(115円台)80-77を見たいなと考えていましたが、見たのは真逆の117.77高値でした。今週はECB 理事会で国債購入を含めた大規模金融緩和が決定されるとの観測を背景にユーロドルが反落、連れてユーロ円も弱く推移する可能性が高くドル円も118.50にかけて戻り上値は重たく
01-19 08:01

おはようございます。先週金曜日は116.30が割れてNY時間に下攻めをして115円台後半がもう一回見れたらいいな、(気持ちはドル円の押し目買いしたい)と思いましたが、結局、米長期金利が急上昇、116.85を越えてアジア・欧州の高値越えからストップが出てドル円は急上昇しました。
01-19 07:56

関東財務局長(金商)第238号 / (社)金融先物取引業協会 会員番号1503 金融商品取引業者 JFX株式会社

■このレポートは情報提供を目的とし、投資の断定的判断を促すものではありません。お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。この情報により生じる一切の損害について、当社は責任を負いません。本レポート中の意見等が今後修正・変更されても、当社はこれを通知する義務を負いません。著作権はJFX株式会社に帰属し、無断転載を禁じます。

■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。為替リスク想定比率は、通貨ペアごとに異なり、当社では、原則として一般社団法人金融先物取引業協会が金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1項に規定される定量的計算モデルを用いて算出する数値を利用します。なお、為替リスク想定比率は、原則として1週間ごとに見直しが行われ、レバレッジは、為替リスク想定比率の逆数(想定元本÷必要証拠金)となりますので、1週間ごとに変動します。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



copyright c 2016 FXブログ|小林芳彦のマーケットショット all rights reserved. powered by FC2ブログ.