情報提供を目的としており、お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。

マーケットショット > 「 ドル円は押し目買い。ユーロドル・クロス円は売り先行で。」

「 ドル円は押し目買い。ユーロドル・クロス円は売り先行で。」


極旨!焼肉三昧キャンペーン!!




☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆

「 ドル円は押し目買い。ユーロドル・クロス円は売り先行で。」

☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆
--------------------------------------------------------------------------------------

1月26日


1月23日の概況並びに今朝方の概況


本日はシドニー市場がAustralia Dayで休場。しかもウェリントン市場もAuckland Anniversary
で休場!スカスカの市場で東京市場が月曜日のスタート、こんな時間に数行の外銀を除いて
東京勢が出ているわけが無いため、流動性がほとんどありません!

5:56のロイターニュース ギリシャ総選挙では、最大野党・急進左派連合(SYRIZA)が
300議席中149-151議席を獲得する見通し。


おはようございます。ギリシャの選挙結果が出てきて、大きく窓を開けてオセアニア勢が
いない中、月曜日の取引がスタートしました。最大野党・急進左派連合(SYRIZA)が勝利し、
これで先週金曜日にNYで1.1205で引けたユーロドルが1.11309へ、ユーロ円は132.07で
引けていましたが130.90を割って130.802まで下落中。ドル円も『ドル円、早朝の取引で
一時117.47まで売られ(by FX サークル)金曜の安値117.54を更新しています。現在
117.417売りまでドル円は下落し、ユーロ円も130.669と安値を更新中。薄い市場でストップ
が付いている展開です。ユーロドルの急落が、明らかにユーロ円を押し下げましたが、
途中からユーロ円での単体の売り(ユーロ資産を持っているところのヘッジ売りを含む)が
出て、ドル円を押し下げているのは明らかです。

ユーロ円は別として(もっと下がってますが)、大体クロス円の下げが金曜引けレベルから
50銭ぐらいなのに、豪ドル円・ニュージー円の下げっぷりが酷い。これもストップだと思うの
ですが、シドニー・ウェリントン市場が休場で、出てきている銀行も少ないだろうから余計
にカバーが大変だろうと思います。

ユーロドルは先週金曜日に1.1115安値までやった後、1.1289まで利食いと、イベントリスク
回避の買い・途中からは戻り売りの損切りで阿鼻叫喚のショートカバーで吹き上がって
ましたが、引けは1.1205でした。これが今1.1110近辺と安値更新!ユーロ円も連れて
ストップで130.350売りとNY引け132.07から見て1円72銭も円高に!130.91が金曜日
のLN安値でそこから132.95まで午前2時前に2円以上買い上がったものが無残に安値更新で
これではいくらドル円の117円台前半が以前に買いがあった水準でもクロス円がこれだけ
弱いと、正直言ってドル円を買っても果たして上がるのかというイメージになるから、
買いにくいですね。

ユーロ円の130.00割れにありそうなストップを付けに行こうとインターバンクがしています。
東京勢とシンガポール・HK勢が揃ってシドニー・ウェリントン市場休場の影響はほぼ
なくなったと思える時間帯になって来ました。1月の最終週となって以前にご説明したように
輸出手形の銀行への買取持込が増える週です。少なくとも朝方はドル円もユーロドルも
ユーロ円も戻り売り優勢な中、ショートがどのコストで溜まり、結果としてどのあたりに
ショートのストップが溜まるのかを見ながら、買うかどうするかを決める感じ。

1.1100以下にあったストップを付けてユーロドルはとりあえず売り込んだ連中の利食いと、
逆に利食いしなかった連中の「何だよ!」という損切り買戻しでユーロドルが1.1145まで戻し、
ユーロ円も連れて130.145から130.837まで戻る(激しいなぁ・・・)乱高下!

実需の輸入は117円台前半だったら、上値が重たかろうと買うんですね。トレーディングとは
見方が違うため117.65台のドル円、131.62台まで買い上げたユーロ円を見て、あ~、今日は
朝方コメント書いててポジション取ってなくてよかったと思わざるを得ない値動きです!
やったとしたら売っていたでしょうから、助かりました。

しかし、何だこの汚いチャートは。常識的には117.45-50で一回売りたくなって普通は少なく
とも反落するだろうが・・・。
これはショートが捕まった感じですね。
しばらくショートポジションが今から溜まるのか、損切りが先に出るのか見ながら方針考えます。
今日もよろしくお願い申し上げます。




ドル円 下がれば買い
ドル円は117.280、117.180で買いから。ストップは116.900に置きながら、117.880、
117.980で利食いするような回転をイメージ。欧州時間はまたイメージを中立に戻します。

レンジ 117.150(117.300)--(117.800)118.000 作成時 117.736-739 10:43AM


ユーロドル 戻り売り
ユーロドルは 1.12100、1.12200で売りから。ストップを1.12450に置きながら、1.11600、
1.11450で利食いするような売り先行の回転をイメージしました。

レンジ 1.11400(1.11600)--(1.12100)1.12200 作成時 1.11778-783 10:45AM


ユーロ円 戻り売り 

ユーロ円は132.050、132.150で売りから。ストップは132.450に置きながら、131.350、
131.250で利食いするような回転をイメージしました。

レンジ 131.250(131.350)--(132.050)132.150 作成時 131.670-678 10:48AM


ポンド
ポンド円は 戻り売り。
引き付けて177.250、177.400で売りから。ストップを177.600に置きながら、176.350、
176.200でショートを買い戻すイメージを作りました。

レンジ 176.200(176.350)--(177.250)177.400 作成時  176.572-585 11:29AM 

対ドルは1.50450、1.50550で売り先行で。ストップは1.50850に置きながら、1.49700、
1.49600で買い戻しをかける回転をイメージしました。

レンジ 1.49600(1.49700)--(1.50450)1.50550 作成時 1.50004-017 11:12AM

豪ドル
豪ドル円は 戻り売り。
対円は引き付けて、93.400、93.550で売りから参入する。ストップは93.750に置きながら、
92.650、92.450で利食いするような売り先行の回転をイメージしました。

レンジ 92.450(92.650)--(93.400)93.550 作成時 92.912-921 11:30AM

対ドルは0.79250、0.79350で売りから。ストップは0.79650に置きながら、0.78650、
0.78500で買い戻しをかける回転をイメージしました。

レンジ 0.78500(0.78650)--(0.79250)0.79350 作成時 0.78958-970 11:13AM

ニュージードル
ニュージー円は 戻り売り
対円は87.820、87.950で売りから参入する。ストップは88.200に置きながら、87.250、
87.100で買い戻しを図る回転をイメージしました。

レンジ 87.100(87.250)--(87.850)87.950 作成時 87.468-483 11:31AM

対ドルは 0.74650、0.74750で売りから。ストップは0.75050に置きながら、0.74050、
0.73900で買い戻しを図るような回転をイメージしました。

レンジ 0.73900(0.74050)--(0.74650)0.74750 作成時 0.74344-361 11:15AM





新規口座開設はこちら

ブログランキングに参加しています!応援クリックお願いします!
ブログランキング ポンド円FC2


------------------------------------------------------------
■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品
ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果
(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって
注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。
特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が
高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアや
ポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければ
ならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。
スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が
高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人の
お客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)× 4%の額となり、レバレッジは、
想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、
1Lotあたり500円となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので、
それぞれの値が変動することにより、レバレッジも変動します。店頭バイナリーオプション取引
「MTBO」は、判定時刻の為替レートが、当社の設定した最大7本の権利行使価格から、お客様が
選択された権利行使価格よりも、上昇するか下降するかを予想するヨーロピアンタイプのラダー
バイナリーオプション取引です。最大損失額は、オプションの取得対価の全額となります。
取引単位は1ロット(1ロット当たりの価格は0~1,000円)、1回の取引あたりの最大取引単位は
50ロットとなります。手数料は無料です。オプションの購入後において、取引をキャンセルする
ことはできません。購入したオプションを取引可能期間前に清算(売却)をすることはできます。
但し、購入価格と清算価格にはスプレッドがあり、清算時に損失を被る可能性があります。
「MTBO」は投資額に比べて大きな利益を得る可能性がある反面、投資元本の保証はなく、お客様
にとって為替レートが不利な方向に変動することにより投資元本の全てを失う可能性のある
リスクが高い金融商品です。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引および店頭
バイナリーオプション取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インター
ネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。
また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。
お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身
の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。

関東財務局長(金商)第238号 / (社)金融先物取引業協会 会員番号1503 金融商品取引業者 JFX株式会社

■このレポートは情報提供を目的とし、投資の断定的判断を促すものではありません。お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。この情報により生じる一切の損害について、当社は責任を負いません。本レポート中の意見等が今後修正・変更されても、当社はこれを通知する義務を負いません。著作権はJFX株式会社に帰属し、無断転載を禁じます。

■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。為替リスク想定比率は、通貨ペアごとに異なり、当社では、原則として一般社団法人金融先物取引業協会が金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1項に規定される定量的計算モデルを用いて算出する数値を利用します。なお、為替リスク想定比率は、原則として1週間ごとに見直しが行われ、レバレッジは、為替リスク想定比率の逆数(想定元本÷必要証拠金)となりますので、1週間ごとに変動します。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



copyright c 2016 FXブログ|小林芳彦のマーケットショット all rights reserved. powered by FC2ブログ.