情報提供を目的としており、お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。

未分類 > 02/02のツイートまとめ

02/02のツイートまとめ

JFXkobayashi

@10nensui ユーロドルの売指値が成立、ちょうどユーロスイスで買いが入っていた時ですぐにやめたのですが、その後に下がってきてちょっともったいなかったです。でも為替のトレードはまずはスプレッド分のやられからスタートするもの。負けなければチャラ逃げは勝ちに等しいと思ってます!
02-02 22:27

ユーロドルはユーロスイスの買いも入って1.1300割れは固そうだが、1.1355から上も重たそうで、長い目で見れば、やはり1.1000方向、パリティの方向に進むと考えられるため、やるんだったら売りから。ドル円はあまりに上値が重たいので戻り売り志向がここから次第と強くなるだろうか?
02-02 20:08

あると思います。(猛烈なドルベアではないのですが)上攻めと思いレンジを上方向にブレイクすることを期待するオペレーションは少なくとも、中立に戻しておきたいと思っています。
02-02 18:31

それにしても、日足の21日線(ボリンジャーバンドセンターライン)、日足の一目雲上限が重たく、ドル円日足の上髭を9連続営業日留めている点は特筆すべきで、この期間の安値117.18(1月21日)が今朝割れて(ストップで)下がったことはレンジ横ばいからジワリと下値トライに切り替わりつつ
02-02 18:29

上がってきたことは事実ですが、全部のショートが切れているわけではないため、相対的にドルショートの方が多そうに見えます。したがってまだ118円台前半の重たさが残るものの、117.45-50以下はビッドしっかりとなってしまう可能性が大きいと判断しています。
02-02 18:22

16.64まで下がったわけだから、ストップは116.65までは成立しており大きなストップは見えない。一方輸入の買い玉を握ったり、朝方の顧客の買いオーダーをちゃんとその時点でカバーしていないと、今日はショートで日中捕まると全く逃げられなかったと思います。ショートの損切りで
02-02 18:18

ショートの損切りで117.88まで買い上がり、欧州時間になっても117.50が割れない展開的なショートカバー。今も118.85までタッチしておりビッド堅調です。ユーロ円朝方の安値は132.00でした。さて、市場ポジションを考えてみるとドル円はロングのストップが朝方出て
02-02 18:15

さばいたり、カバーしたり出来なかった先が安値圏でドル円ショートを抱えてしまったことから、下がりにくくなってしまったようです。これで117.30を突破して、117.40に絡むところでは、売り買いが多少は拮抗したものの、買い戻し意欲の方が圧倒的に強く、117.50を超えてからは
02-02 18:05

朝方、117円台前半、116円台後半には先週からオーバーウィークエンドで、買いオーダーが入っていたらしいです。それがいきなり早朝に116.64までドル円が急落したことで、顧客の指値約定は成立したものの、インターバンクでまだレートが薄い中突然動いたので、オーダーを上手く
02-02 18:01

@ara_course 飛鳥様 いつもご参加ありがとうございます。次の雇用統計Live!は水上氏をゲストにお呼びして金曜日に行いますので、よろしくお願い申し上げます。
02-02 16:57

15:30~15:45 『各通貨の振り返りと今週の注目材料』をミニLIVEで放送いたします。是非ご視聴くださいませ。 http://t.co/wxdlBQHaIs
02-02 15:23

朝方突っ込んでドル円を売ってしまったインターバンクは、完璧に捕まってしまい逃げ切れない。昼の損切りはしかたないパターンだろう。
02-02 14:20

本日 15:30~15:45 ミニLIVE!を生放送いたします。是非ご覧下さい!http://t.co/wxdlBQHaIs LIVE視聴中にフリーズしてしまう場合はこちらから。https://t.co/ZNk8flUewZ http://t.co/UTyLt3S7tR
02-02 12:58

卯8羽値を止められて 上値を止められて差が多様ですが    下ったようですが内科と思います ないかと思います。急いでいて、読み返さなかったら、誤字のオンパレードでした。朝から大変失礼いたしました。申し訳ございませんでした。訂正いたします。
02-02 09:19

しつつ、利食いは117円台65-70の手前から行うイメージで見ています。本日もよろしくお願いいたします。
02-02 09:11

土曜日に行った芳彦の部屋の収録(PF20×60)でご説明していますが、そのストップを先に引っ掛けられてしまいました。下れば116円台ミドルにかけてはまだ買いたそうな投資家が多そうで、もう116.64へのトライは本日は無いんじゃ内科と思います。117.00前後を買いからでイメージ
02-02 09:10

かけて緩み11730台へ。NY引けは117.523でしたが、今朝方、早朝のトレードで、117.15-20のサポートが割れて117.00以下のストップを付けて116.64まで差が多様ですが、先ほど117.265まで戻し高値をタッチ。117.15-20の下にストップがあることを
02-02 09:06

で早期利上げが遠のいたと考えた債券ディーラーが債券買いを持ち込んで利回りが低下、これでドル円は117.30の安値を午前1時半前に付けています。その後、午前4時半にかけて1.7066%まで戻した米10年債の動きからドル円も117.66までは戻しましたが、1.6373%まで引けに
02-02 09:03

GDP速報値が発表されて予想+3.0%のところ+2.6%と低調で、117.70割れから117.50割れまで突っ込んだものの、117.60台回復。その後117.39までタッチしたものの、117.75まで午前0時前に巻き上がっており直接のドル売り要因ではなかったはず。このGDP速報値
02-02 08:59

おはようございます。ドル円はこのところ毎日、ドル円日足の一目均衡表雲上限、ならびに日足ボリンジャーバンドのセンターライン(21日移動平均線)で卯8羽値を止められており、117.15-20が割れたらストップがありそうなチャートとなっていました。先週金曜日のNYで米10-12月期
02-02 08:52

@FXcircle ありがとうございます。まず、早朝のユーロ円の実際の出会いはレートが建っていないからないですものね。情報ありがとうございました。
02-02 08:40

@FXcircle おはようございます。ツイートありがとうございます。ユーロ円の出合いはどこまで下値があったのかご存知でしょうか?もしお判りでしたら教えていただけると助かります。(FX サークルさんのツイート「ドル円が117.00近辺に戻したとき132.20レベルで推移」以前で)
02-02 08:30

RT @FXcircle: ドル円、買い戻しが進み。7時30分時点では117.21/24で推移。週明け早朝取引で一時116.64付近まで値を下げたものの、東京勢が加わる時間帯に入ると買い戻しが入り。
02-02 08:18

関東財務局長(金商)第238号 / (社)金融先物取引業協会 会員番号1503 金融商品取引業者 JFX株式会社

■このレポートは情報提供を目的とし、投資の断定的判断を促すものではありません。お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。この情報により生じる一切の損害について、当社は責任を負いません。本レポート中の意見等が今後修正・変更されても、当社はこれを通知する義務を負いません。著作権はJFX株式会社に帰属し、無断転載を禁じます。

■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。為替リスク想定比率は、通貨ペアごとに異なり、当社では、原則として一般社団法人金融先物取引業協会が金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1項に規定される定量的計算モデルを用いて算出する数値を利用します。なお、為替リスク想定比率は、原則として1週間ごとに見直しが行われ、レバレッジは、為替リスク想定比率の逆数(想定元本÷必要証拠金)となりますので、1週間ごとに変動します。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



copyright c 2016 FXブログ|小林芳彦のマーケットショット all rights reserved. powered by FC2ブログ.