情報提供を目的としており、お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。

未分類 > 02/04のツイートまとめ

02/04のツイートまとめ

JFXkobayashi

@ara_course 移動中は無理です。目の前でチャートを何枚も立ち上げて叩ける環境にないと怖くてとても出来ません。
02-04 20:26

@ara_course 本当は博打なのでやりたくなかったです。今日のやられはミスが3つも4つも重なって出来たもの。移動中でもないのに、「指値が出来て、そのまま35銭下のストップまで電車道!」という普段なら絶対あってはならない負けです。自分に腹がたって動くポンドで取りに行きました。
02-04 18:58

@ara_course 一度じゃないです。2.3銭~7.3銭。178.20近くが重たいというイメージが出来たので、戻れば売るか、買いは手前で利食いするかでした。ただし失敗すると傷口に塩を塗られます。痛みが増します。ストップをドル円よりも深くしないと損切り貧乏になってしまいます。
02-04 18:55

上をやっていたときに、指値から大きく離れたのだからキャンセルすべきで、そのまま残していたことも失敗。欧州勢が出てきて、クロス円が大きく下って午前中のビッドセンチメントが完全にどっかへ行ってしまいました。今晩はもう一回下をやる雰囲気を感じます。まずは117.20割れトライですね。
02-04 18:27

出来て、ユーロ円も出来てこりゃまずいと撤退をどうするか、やっているうちにポンド円のストップが付き、ドル円もユーロ円も損切りで撤退。何してんだ!ぷちっと頭にきて、ポンド円でスキャルして、何とかやられの8割は取り返せたが、今日はとっても初歩的なミスをしてしまい、指値3つとも敗戦処理。
02-04 18:20

今日は大ボケかましてしまった。Point & Figure のチャートを作成するのに時間がかかって、レートの値動きを見ていなかったら、まずポンド円の指値が出来ていることに気が付かなくて(約定音消してた・・・)一時利食いできていたのに気が付いたら、ストップ一歩手前。そのうちドル円も
02-04 18:15

118.000トライはまたもお預けとなりました。117.550では朝入れた指値買いがまだ入っています。とりあえず・・・まず一旦そのまま買ってみるかな?
02-04 15:54

付いたのが12時の117.950ビッドまででそれ以上上がれなかった時、117.85近辺で反落が二度目も止まったが、午後1時以降の上げも117.940と更に上がれなかった時。1時半前に117.85が3度目で割れ始めて買っていた向きが総退却開始。今は117.609まで下がり
02-04 15:50

すぐビッドになるんだが、今日はよほど売りが大きかったんだろう。自分も117.948とか、117.966を買って利食いしたが、押しで買ったつもりの117.918、ナンピン117.898を損切りさせられている。もっと積極的に買いあがっていたら、「あ!これはダメかも・・・」と気が
02-04 15:44

高値が117.998と、118.00に乗せ切れなかった。118円に(118円台前半に)よほど大きな売りが指値で待ち構えていたのだろう。その手前を銀行に叩かれて買いあがろうとした連中が諦めてしまった。普通は117.998がビッドになったら118.000や118.003ぐらいは
02-04 15:41

確かに、今日のドル円の日足21日移動平均線(日足ボリンジャーバンドのセンターライン)は117.984だった。このところ、連日ドル円の上値をきれいに一目均衡表の雲上限(今日は119.120とかなり離れたが、以前は21日線と一緒に上値抵抗線だった)とともに止めてきていたが、今日は
02-04 15:38

2月6日(金) 22:00~22:40雇用統計LIVE!を生放送いたします。是非、ご覧ください!http://t.co/wxdlBQ7YIQ http://t.co/NuvaVbR8RY
02-04 15:03

NZ円は一旦9時過ぎに85.782へ緩んだ後、強烈な切り返しとなって昨日NY高値87.168も抜いて87.504までタッチしています。売りあがった対ドルの市場ショートポジションの損切りが一番の買戻しの理由と思われます。介入を強く示唆したわけではないため、一連の発言は無視されました
02-04 10:42

更にウィーラーRBNZ総裁は「為替市場への介入に関してはコメント控える」「過去には介入の実績ある」などの発言をしたようですが、市場がショートカバー地合いであった事、更に対円で見ると日経平均が強く、これでドル円が117.55から117.95越えまで堅調推移となっていることから
02-04 10:38

一連の発言で瞬間的にNZドルは対ドルで反落したものの、昨晩NYで0.74371まで上昇して、市場では売りあがったNZショートポジションが残っているため、買い戻し意欲が高かったと考えられます。0.72886まで瞬間下げてすぐに0.73400台まで押し上げられその後0.74203へ。
02-04 10:34

ウィーラーNZ中銀総裁の発言。9:04 インフレ見通し、政策金利の当面据え置きを示唆。9:07 干ばつによる内需減退、外部環境見通し悪化、利下げを正当化する可能性。9:10 NZドルの実行レートは正当化できず持続不能な水準、一段の大幅下落を予想。
02-04 10:31

本日もよろしくお願いいたします。しつこい風邪で、まだ少し咳が残ってます。
02-04 09:25

ドル円の日足ボリバン・センターラインは117.980で、日足雲上限は119.120とはるか遠くなりました。118円台前半の重たさはそのまま残りそうです。イメージ的には117.50を挟んだレンジで、117.25~85で推移でしょうか?クロス円の動きに注意しつつ買い参入をイメージ。
02-04 09:23

クロス円は軒並み大幅高となっています。今日はこのリスクオンがアジア時間も継続するのか、利食いなどに押されて揉み合い・反落するのかに注目。昨日のユーロの高値1.1534は1.15534ボリンジャーバンド日足センターラインに届かず反落した形。本日は1.15333まで下ってきます。
02-04 09:16

NYの入りっぱな、ドル円は117.75高値タッチの後、ユーロドルが1.1534まで上昇したタイミングでドル売りとなって117.21まで午前3時半に下落しましたが、堅調なクロス円に引っ張られて117.63まで戻して117.58でNYは引けています。リスクオン姿勢の高まりから
02-04 09:12

と考えた市場がショートカバーに走ったため。更に、米10年債利回りが一時1.801%まで急上昇。原油価格も大きく上昇、WTI3月限は一時54.24ドルまで上昇し引けも53.05ドルとなった。安全資産としての債券買い需要が後退、ドイツ債や英国債も同様に価格下落・利回り急上昇。
02-04 09:09

も越えてストップでのユーロ買いが止まらない展開となってしまいました。1.1500も越えて更にストップが炸裂、高値は1.1534までタッチです。背景はギリシャ新政権が債務減免要求姿勢を弱めたことや、ギリシャ財務相が本日ECBを訪問するとのニュースで、ギリシャ問題の進展を期待できる
02-04 08:56

東京時間から、その後の戻り売りを含め売り方は報われない展開で117.542まで午後8時にかけて戻した後、NY参入に向けて117.26まで下げましたが、この時間帯からユーロドルが1.1355-60を越えて、昨日高値を更新。ストップ買いを巻き込んで1.1400も突破。更に1.1450
02-04 08:52

おはようございます。今朝は比較的寒くない朝だったですね。氷も張ってなかったし。散歩に出たのが5時20分ぐらいでしたが、雲が多く放射冷却が無かったからでしょう。う~ん、少し寝足りて無い感じ。どこかで長い瞬きタイムを捻出しましょうかね。さて相場のほうですが、116.87へ突っ込んだ
02-04 08:50

関東財務局長(金商)第238号 / (社)金融先物取引業協会 会員番号1503 金融商品取引業者 JFX株式会社

■このレポートは情報提供を目的とし、投資の断定的判断を促すものではありません。お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。この情報により生じる一切の損害について、当社は責任を負いません。本レポート中の意見等が今後修正・変更されても、当社はこれを通知する義務を負いません。著作権はJFX株式会社に帰属し、無断転載を禁じます。

■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、想定元本(為替レート×取引数量)×1%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大100倍となります。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



copyright c 2016 FXブログ|小林芳彦のマーケットショット all rights reserved. powered by FC2ブログ.