情報提供を目的としており、お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。

未分類 > 02/06のツイートまとめ

02/06のツイートまとめ

JFXkobayashi

失業率:結果5.7% 非農業部門雇用者数:結果25.7万人 ( @小林芳彦 live at http://t.co/2eCB03PPNQ)
02-06 22:34

22:29より22:31の方が高い!と予想された方が正解でした! ( @小林芳彦 live at http://t.co/2eCB03PPNQ)
02-06 22:32

22:31 ドル円 BIDレート 117.831 ( @小林芳彦 live at http://t.co/2eCB03PPNQ)
02-06 22:31

22:29 ドル円 BIDレート 117.215 ( @小林芳彦 live at http://t.co/2eCB03PPNQ)
02-06 22:29

2月の食品キャンペーンはこちらからご参加ください!http://t.co/taNlIeURuc ( @小林芳彦 live at http://t.co/2eCB03PPNQ)
02-06 22:19

ツイッターキャンペーンにご参加されたことのない方、是非ご参加ください! http://t.co/wxdlBQ7YIQ ( @小林芳彦 live at http://t.co/2eCB047rcq)
02-06 22:14

ツイッターキャンペーンにご参加されたことのない方、是非ご参加ください! http://t.co/wxdlBPQnkg ( @小林芳彦 live at http://t.co/2eCB03PPNQ)
02-06 22:14

ツイッターキャンペーンにご参加されたことのない方、是非ご参加ください! ( @小林芳彦 live at http://t.co/2eCB03PPNQ)
02-06 22:12

雇用統計LIVE始まりました! ( @小林芳彦 live at http://t.co/2eCB03PPNQ)
02-06 22:00

もう間もなく雇用統計LIVE始まります!http://t.co/wxdlBPQnkg ( @小林芳彦 live at http://t.co/2eCB03PPNQ)
02-06 21:55

ユーロドルの日足も、同じように21日移動平均線で上値を止められて4営業日。21日線は1.14938。昨日は1.15101にあって、高値1.1499でNY時間の戻り高値を食い止めた感じでした。抜けてもその前の揉みの相場の上髭である1.1600~1.1650が重たくなるか。
02-06 18:45

ドル円、21日移動平均線で上値を止めているが、今日でなんと14営業日・・・。117.774まで下がってきました。当初は日足雲上限でダブルの抵抗線でしたが、今雲上限は119.271とfar away! 21日線を越えても118.00~118.50は売りが被ってくる水準でしょう。
02-06 18:40

@mmm31ko mmm31ko様 40ばさみ買って、42でも43でもいいから売り抜いてもう一回ショートにしようとして、失敗。もうちょっとレンジ想定を高いところでイメージしたから(朝方は117.30-60)簡単にやめられると思いましたが、ナンピンかけた挙句損切りして最低・・・。
02-06 18:35

今日はドル円で変なところ買って(117.405と117.395)、117.360で損切りしてから手数出てないし、だらだら下がるのって結構難しい。ほとんど収益出てない。雇用統計まで様子見か。
02-06 18:00

雇用統計Liveで実施するTwitterキャンぺーンの申込を開始致しました。ご質問等も事前に【ソーシャルストリーム】で受け付けております。 詳しくはこちらhttp://t.co/wxdlBPQnkg http://t.co/17VHLaNYdS
02-06 15:34

動きでした。大玉を裁くときに。昔はレートを機械でちょこっと上げておいて、一斉にダイレクトで呼べる先を電話やロイターで繋いで、叩き売りしまくったのですが、今はダイレクトディールがほとんど無くなったと聞いたので、持ち上げて売るまくる必要も無いような気もしますが・・・。
02-06 12:47

午前中から薄い市場で値動きがレンジの狭さと比べたら、結構えぐい落ち方してました。特にロングで捕まったのか、誰かに叩かれたのかわかりませんが、明らかに売りたい連中がいて、EBSのレートを瞬間的に持ちあげておいて、それからばっさり売るやり方してたから、スキャルしてると騙される
02-06 12:43

があり、割れても買いが出やすい。118円台はオプションとストップ我混在するようですが、118.50までは売り優勢でしょうか?今晩の雇用統計前は117.50を挟んで小動き・揉み合いイメージが強いです。本日もよろしくお願いいたします。
02-06 09:12

スイス中銀のユーロスイス買い介入観測もユーロ買い連想につながりやすく、雇用統計前のショートカバー地合いに拍車をかけたと思われます。でも・・・ ギリシャはのどに魚の骨が刺さったような状態でなんとも不快であり、今後の火種満載の気がします。とりあえず117.00には大口のオプション
02-06 09:09

01:13 ギリシャ首相「もう(EUの)命令に従わない」「わが国にはわが国の意見がある」とてもお金を借りていて、しかも継続融資を受けなくては3月にも資金繰りが破綻する可能性がある国の首相・財務相の発言とは思えません。これならもっとユーロが売られても良かったのでしょうが、昨日は
02-06 09:06

バルファキス・ギリシャ財務相はさらに「当初のギリシャ支援には多大なエラーがあった」「ドイツへのメッセージは狂った合理性である」「欧州はルールを進化させなければならない」「独財務相と合意に至っていない」「ギリシャ政府の優先事項を独財務相に伝えた」
02-06 09:03

システムリスクに発展する恐れは少ないと市場が判断したのでしょうか?それにしてもバルファキス・ギリシャ財務相発言がわがまますぎる!「ギリシャは提案をテーブルに乗せる機会を要求」「ギリシャ支援プログラムの5月までの延長が必要」「デフォルト回避のためにできることは何でもやる」
02-06 09:02

越えて日通しの高値を更新し、1.1499まで跳ねたのも同じタイミングだったので、134.50越えのユーロ円のストップ買いが、ドル円を117.60へ押し上げたと言えるでしょう。ギリシャショックで売られたユーロドルでしたが、市場はギリシャの言い分に心底あきれ果てながらも欧州全体の
02-06 08:57

控えて小動き予想でしたが、その通り小動きでした。5分足できれいなリバース・ヘッド・アンド・ショルダー(RH&S)形を描いたドル円は、イメージした117.44越えでストップ我出て117.57へ。緩んでもNYでは117.25で止められて117.60高値へ。ユーロドルが1.1458を
02-06 08:54

おはようございます。昨日の雪の予報、外れてよかったです。神奈川ですら霙は降ったけど、雪にはならなかったので、東京はほとんど降っていない(少なくとも積もらなかった)のでしょう。雪国の方は笑うでしょうが、東京で10cm積もったら、交通マヒで大変ですからね。さて、今晩に米雇用統計を
02-06 08:51

関東財務局長(金商)第238号 / (社)金融先物取引業協会 会員番号1503 金融商品取引業者 JFX株式会社

■このレポートは情報提供を目的とし、投資の断定的判断を促すものではありません。お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。この情報により生じる一切の損害について、当社は責任を負いません。本レポート中の意見等が今後修正・変更されても、当社はこれを通知する義務を負いません。著作権はJFX株式会社に帰属し、無断転載を禁じます。

■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。為替リスク想定比率は、通貨ペアごとに異なり、当社では、原則として一般社団法人金融先物取引業協会が金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1項に規定される定量的計算モデルを用いて算出する数値を利用します。なお、為替リスク想定比率は、原則として1週間ごとに見直しが行われ、レバレッジは、為替リスク想定比率の逆数(想定元本÷必要証拠金)となりますので、1週間ごとに変動します。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



copyright c 2016 FXブログ|小林芳彦のマーケットショット all rights reserved. powered by FC2ブログ.