情報提供を目的としており、お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。

未分類 > 02/10のツイートまとめ

02/10のツイートまとめ

JFXkobayashi

RT @ryuzFX: 外銀からの話しだと、報じたのは、ゴシップメディアだそうです。それをメジャーメディアが引用する格好でマーケットに知れたとのこと。信憑性は、、分かりません、だって。
02-10 22:01

RT @Global_Info24: 「信じていいのかギリシャ支援提案」グローバルインフォ 今日の目線!http://t.co/C0fPVYTVnj #fx #forex #kawase #GI24
02-10 21:59

@ryuzFX @miruha_01_fx なんだか胡散臭いなぁ。ギリシャとトロイカの考えは隔たりが大きすぎて、何もしてないギリシャに6ヶ月残留は認めないでしょ、一般常識的に考えたら。ソースの名前も出てこないし、市場関係筋だったら僕もそうだし!売りたいやつが流したガセネタかぁ?
02-10 21:31

@ryuzFX このパイ~ン、信じられるんかな?戻りもあまりに弱いし・・・ さっきの。もとい!ってならないのか?正直信じてないんですけど。
02-10 21:24

@KumiTakashi 好きだな~、そういうの。頑張ってくださいね。六甲おろしも勿論歌えるのかな?ちょっとおぼつかないたどたどしい口ぶりで。それがまたかわいい~。
02-10 20:23

@KumiTakashi さすが、大阪の女の子や。大虎(あぶさん)のマスコットに出てきそうな感じやおまへんか!
02-10 20:16

@_tottii 頑張ってくださいね!うまく回転して利食い出来ますように!
02-10 20:14

@KumiTakashi 前回119.23(2月6日)119.21(昨日早朝)が高値。日足雲上限119.063、12月8日上ひげ121.84から引いた日足抵抗線は119.13近辺 日足ボリバン+2σ 119.199なので、行って119.250。119.50越えではストップ可能性大
02-10 20:00

出来ずにショートで捕まってしまった感じが強いです。そのショートが残っているため、目先はドル円118.85とユーロ円134.15以下が底固くなりそうな感じに見えています。
02-10 19:45

で売った玉を諦めて134.164で戻した時に損切りして逃げたので痛手は負わずでした。118.90台で売りあがったドル円はやはりショートで捕まり、切った方がいいと判断、118.929で切って逃げています。ドル円の売り上がり、ユーロ円は売り下って捕まったインターバンクが逃げることが
02-10 19:44

まで下落しましたが、ドル円が巻き上がってしまい、最初はきれいに落ちたユーロ円が『ショートの炙り出し』を喰らって134.358まで吹き上がるなど結構ショーターには痛い展開となっています。ユーロ円は少なくとも134.00は割れるように見えましたが。自分は134.144と134.160
02-10 19:37

午後2時半から『日銀様~、お株式お買い上げ~』で日経平均はそれまでの17590円の重たさがいきなり無くなり、急騰。ドル円も118.50を越えて下らなくなり、売りあがった夕方のショートが今、バツンバツンと切らされて119.050タッチ!ユーロドルはイメージ通り下げて1.12757
02-10 19:35

@Zen_Ono FXゼン Zen様 いつもお世話様です。基本的にはドル円が豪指標で豪ドルの対ドルに対して逆相関で動くとは考えにくいため、ボラティリティで見たら掛け算の結果である豪ドル円の方が大きくなりそうな気がしますが、あくまで私見です。
02-10 19:30

ギリシャのバルファキス財務相が「男性的な魅力」で ドイツで大人気!?らしいが、(ロイター記事 http://t.co/ivbKdbkybG )どうしても『名前を言ってはいけないあの人』のボルデモートにしか見えないんだが・・・・ぜんぜんイメージ違う感じで想像していました。
02-10 17:18

@cephas_ameblo トロイカがツィプラス政権が求める案で合意はまず無理です。これで解決したら驚きで、それはバルファキス財務相が「男性的な魅力」で映画界に進出するよりも可能性は低いと個人的には思います!? 勿論現状では考えにくいのですが、合意すればユーロ買戻しとなります。
02-10 17:03

@cephas_ameblo 乗れない事情があります。2月末に来る期限に関しても、既に合意している緊縮財政措置を見直すと一方的に宣言しており、バルファキス財務相も合意された改革の70%を実行すると発言、既に履行しない部分があることを明らかにしており、これだけコケにされた状態で
02-10 16:55

@cephas_ameblo cephas様 いつもありがとうございます。トロイカとの意見の隔たりが大きく、とても合意できるとは思えません。おっしゃるように誰も信じていないですね。何しろ緊縮財政案を否定して国民から選挙で選ばれているので、どうしてもトロイカの進める再建案には
02-10 16:49

2月度ユーロ米ドル取引高キャンペーン開催中です。最大1,000万円プレゼントです!是非、ご参加ください。http://t.co/d14ZBgj0q5 http://t.co/C7XMYug4Pw
02-10 16:14

今週の注目材料を経済指標カレンダーに掲載しております。是非、ご覧ください!http://t.co/ayVWT2CRwf http://t.co/fAaOxM77hm
02-10 15:11

書いたらそのまま118.49まで上がっちゃいました・・・。書く前に買えってことですかね?118.44でも買えば良かったな。118.41-42を待っちゃいました。これで下ってきたら今度は買いにくいんですけどね。
02-10 10:13

9時43分から日経平均が崩れて、ドル円も一緒に売っただけですかね?材料がはっきりせず、パンチに欠けるものが多くやりにくい感じ。大きく下ってくれたら買うんですけどねぇ。118.40台前半打診買いしてみますかね?勿論早回しで。
02-10 10:08

方向としてはやはり下ったところをドル円は買いから入りたいイメージです。本日もよろしくお願いいたします。
02-10 09:22

ツィプラス首相の発言はユーロドルにとって重石として影響がありEUやIMFからの金融支援の期限が2月末に到来する事で時間も無いことから今後もユーロの上値を抑える展開と考えられます。119円台の重たさと118.15以下117円台にかけての買い意欲とで綱引き。しばらく様子見っぽいです。
02-10 09:21

ただし昨日は米債利回りの上昇ほどドル円は戻らずに118.40割れでストップが付いて、安値は118.330まで下落。引けは118.63でした。欧州時間から売り込まれ1.1270まで下落していたユーロドルはNY時間にショートカバーが入ったが、特段のユーロ買い材料が出たわけではない。
02-10 09:18

おはようございます。氷点下で震える朝散歩でございました。朝5時はお月様と星がきれいで、全く朝というより、夜中と変わりませんね。さて相場のほうはギリシャの債務交渉が不透明なことからリスク回避で米債が買われて利回りが1.882%まで低下しましたが、その後は1.985%まで戻す動き。
02-10 09:14

@yowaineko 失礼いたしました。121.84です。122円すら付かなかったのですから。1と4のうち間違えでした。ご指摘ありがとうございます。申し訳ございませんでした。
02-10 09:09

関東財務局長(金商)第238号 / (社)金融先物取引業協会 会員番号1503 金融商品取引業者 JFX株式会社

■このレポートは情報提供を目的とし、投資の断定的判断を促すものではありません。お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。この情報により生じる一切の損害について、当社は責任を負いません。本レポート中の意見等が今後修正・変更されても、当社はこれを通知する義務を負いません。著作権はJFX株式会社に帰属し、無断転載を禁じます。

■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。為替リスク想定比率は、通貨ペアごとに異なり、当社では、原則として一般社団法人金融先物取引業協会が金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1項に規定される定量的計算モデルを用いて算出する数値を利用します。なお、為替リスク想定比率は、原則として1週間ごとに見直しが行われ、レバレッジは、為替リスク想定比率の逆数(想定元本÷必要証拠金)となりますので、1週間ごとに変動します。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



copyright c 2016 FXブログ|小林芳彦のマーケットショット all rights reserved. powered by FC2ブログ.