情報提供を目的としており、お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。

未分類 > 02/25のツイートまとめ

02/25のツイートまとめ

JFXkobayashi

@dj_mikky_123 Jay.Mikky様 ここまで動かないと手が出ないですね・・・。
02-25 21:15

@tonythenife Tony様 ロイター通信に出ていたニュースなので、間違いないと思います。
02-25 20:43

@Shitan77 その材料によるでしょうね。売り上がりではなく1.1450を越えたら一旦切って(ストップ狙い)買いにひっくり返してピップスを取り、ストップの赤字を減らす。1.1500手前で再度売りポジションを建てるような回転をイメージします。大きく売りあがるのは気持ち悪いです。
02-25 20:09

@Shitan77 1.1450は売りが待ち構えていそうですが、1.1420-25にも売りが隠れているように見えています。
02-25 20:00

ショイブレさんはドイツです。 ドイルじゃない。tとrを押し間違いましたね!訂正します。
02-25 19:49

欧州連合は厳しくチェックするでしょうし、元々緊縮財政反対で、第一党となった急進左派連合が政権を担えばトロイカとぶつかるのは必然。まだまだギリシャの問題は片付かないですね。=ユーロドルの戻りは限定的と考えます。
02-25 19:39

があり、今後は更により具体的な構造改革案を巡って各国との厳しい交渉が予想されるギリシャはまさに内憂外患。国債の大量償還を迎える7~8月には、再び債務不履行とユーロ離脱が再び意識される可能性が出てきます。今回は4ヶ月と短く区切り、どこまでギリシャが約束したことを実行できるのか
02-25 19:36

どうかだ。ドイツ国内では多くの懐疑論があり、それは理解されてしかるべきだ」と述べています。その上で、国内の議員らに対し、27日の投票で支援の延長に賛成するよう呼びかけています。ギリシャ国内からの突き上げ、政権内部からの反発、更にはドイツをはじめとする国外の懐疑的なまなざし
02-25 19:32

逆に海外、特にドイツでは議員の反対も想定されます。ドイルの ショイブレ財務相はラジオ・インタビューに対し「ユーロ圏諸国の財務相らにとってギリシャへの金融支援を4カ月延長するかどうか決定することは簡単なことではなかった」と述べました。「今問題なのは、ギリシャの改革案を信用できるか
02-25 19:29

ただし、気になるのが今回ほぼゼロ回答でトロイカ、というよりドイツに押し切られた感が強く、今回の合意に対し既に国内から公約違反との意見も出ているようで、極左メンバーの一人であるラファザニス・エネルギー相は電力会社PPCや電力網大手ADMIEの民営化計画を推進しないと発言。
02-25 19:26

盛り込まれているのですが、公共部門の民営化についても一定程度進めることが含まれています。ツィプラス政権の公約である福祉政策(失業者や貧困世帯への支援)などの福祉政策も盛り込まれていますが、財源は税金徴収の強化や歳出効率化によるものとし、財政悪化は招かないとしています。
02-25 19:16

昨日、ギリシャ向けの金融支援延長の条件としてギリシャ政府が提出した財政改革案を欧州連合は承認しましたが、各国の議会などで承認手続きが必要となります。この手続きの後、3月から4カ月間の支援延長が正式に決まります。この中には、汚職や課税逃れ対策、たばこなどの密輸対策の強化が
02-25 19:13

朝作った売買方針で、ユーロドルは買い、ドル円は売りでイメージしたが、両方とも深すぎて成立せず。というか・・・ドル円は118.63-00で、実質は64-99で35銭。119.07売り、買戻しは118.550イメージだったから、見事にレンジに上下ともに7~8銭届いてない。難しい。
02-25 19:01

@orangecounty117 トレーダーの差は現在では全くないと言えますので、チャートは使えます。日本のチャートという意味が日本固有のたとえば、一目均衡表などを指していらっしゃるのであれば、相場変動もので時間軸もはっきりしたものであれば、全く問題なく使えると考えます。
02-25 17:15

@orangecounty117 完全に各国が分断されていて、オーバーラップできない制度、取引制限がありアクセスできないような通貨であれば、チャートがワークしないことも考えられますが、為替であれば、24時間取引できているものであり、ロンドンのトレーダーと欧州時間に取引を行うアジア
02-25 17:11

@japan_teru それは不遜です。お前の見方は間違っている!自分は先輩に言われても考えを変えませんでした。トレーダーが100人いれば、100通りの考えがあって、いいわけですから。一般的には~という見方は出来るにしても、それが正しいか否かは結果が出てではじめてわかるものです。
02-25 16:12

@japan_teru 思います。AUD/NZDが上がりそうで、AUDの対ドルが堅調に見えたので、ドル円は戻り売りでも、豪ドル円は押しがあったら買ってみたいとイメージしました。チャートも相場観も、その、見方・考え方はおかしいなんて、誰にも言えないことだと思います。
02-25 16:07

@japan_teru 見方は人それぞれで、しかもトレードの時間軸も異なります。チャートの見方が間違いということはありません。自分は119.070で売ったら118.550で買い戻したいとドル円は考えていたので、レンジ相場と見たら、売りから入るか、買いから入るかの違いぐらいだと
02-25 16:03

@orangecounty117 すみません。ご質問の内容が良く判らないのですが、お手数ですがもう一回書いていただいてもいいでしょうか?
02-25 16:00

2月23日MATRIXチャート バージョンアップ!①注文ダイアログを残す機能の追加②初期化ボタンの追加③注文履歴の自動更新④チャート色設定機能 追加 是非、ご活用ください!http://t.co/AAjuroIEfg http://t.co/eZsl3dUH9e
02-25 11:30

@panko34545 パン粉3 様 明らかにイエレンに煽られて最初にドル買いしちゃいましたからね。発言の順番変えたらあそこまで買わなかっただろうし、後でドル買いの内容の話を出したら、「先に下落、その後イエレン発言で戻して119.ミドルで引け」となり印象が相当違うと思います。残念
02-25 10:58

充分な内容と受け取られました。ただし問題はかなり積み残しとなりそう。後でこの件について書こうと思います。ドル円は待って戻り売りスタンスですが、ショートが低い水準で溜まったと思ったら、売りは中止する必要があるので、指値は置きにくい。だめもとで離してみます。よろしくお願いいたします。
02-25 10:20

119円台20をバックに売ろうかと漠然と思ってましたが、全く上がってこず、出遅れました。118.60台を売るつもりはないので、しばし様子見します。ギリシャは再レポート提出とはならず、ラガルドさんは具体的でない、コミットしていないと『お冠』でしたが、概ね欧州委員会では包括案は
02-25 10:16

意味しない」これらを見ると119円台、特に119.50を越えてドル円を買いあがるイメージが沸きにくい。前に120.50でキャップされ、昨日は120.00とどかずと上値抵抗線が強いため、揉み合いながら118.30-25以下、117円台後半にかけてのサポートを確認する動きでしょうか。
02-25 10:12

イエレン氏の発言から利上げ開始に対してそれほど前向きな印象がなく、市場は6月利上げから次第に9月にイメージをシフトさせる感じなのかもしれない。「ガイダンス部分が修正されたからといって、次2回の会合で利上げすると受け取るべきでない」「新ガイダンスは必ずしも次2回の会合での利上げを
02-25 10:08

NY引けも118.98で119円台に戻れず、今朝方も高値は118.995と119円台を回復せず先ほど118.647まで下落です。事前にドル買いしていた参加者も多く、また119.20~00で買った人や、118.80~90で買っている人などがいて戻りはかなり重たいというイメージ。
02-25 10:05

え~?あれ~?買いじゃない・・・一気に買った分をひっくり返す動きとなって119.06まで下落。119.40台回復は一瞬でその後は2.1082%ビッドまで跳ねた米10年債金利が1.971%まで低下したことから118.75まで下落する乱高下となりました。イエレン議長も「罪作り」!
02-25 10:01

ガイダンスを変更」「ガイダンス変更後はどの会合でも利上げ可能を意味する」「失業率段階的低下が可能なほどGDPは強い」これを見てそりゃドル買いしますよね。ところが、その後「雇用情勢は更に改善余地」「辛抱強いの意味は次の2会合で利上げの可能性が低いことを示唆」などと続き、買った連中は
02-25 09:58

おはようございます。ちょっと遅くなりました。発言などまとめるのに時間がかかってます。う~ん、市場が期待した利上げに前向きな発言がイエレン議長から最初に出るから市場は飛びついてドル買い!ユーロドルは1.1288までぶち落ち、ドル円は119.84タッチ。「利上げ前にフォワード
02-25 09:54

関東財務局長(金商)第238号 / (社)金融先物取引業協会 会員番号1503 金融商品取引業者 JFX株式会社

■このレポートは情報提供を目的とし、投資の断定的判断を促すものではありません。お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。この情報により生じる一切の損害について、当社は責任を負いません。本レポート中の意見等が今後修正・変更されても、当社はこれを通知する義務を負いません。著作権はJFX株式会社に帰属し、無断転載を禁じます。

■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、想定元本(為替レート×取引数量)×1%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大100倍となります。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



copyright c 2016 FXブログ|小林芳彦のマーケットショット all rights reserved. powered by FC2ブログ.