情報提供を目的としており、お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。

未分類 > 02/26のツイートまとめ

02/26のツイートまとめ

JFXkobayashi

@wixosshikousiki 愛宕洋榎様 参考になれば嬉しいです。ありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。119.20手前まで行きましたね。118円台後半からちょっとショートになってますね。118.95-90はポジションがこなれるまでは固い展開に見えます。
02-26 23:00

@kiyoharani kiyoharani様 いつもありがとうございます。確認してご連絡いたしますが、ツイッターではお名前もIDも判らないので、よろしかったら、JFXのほうにメールでお問い合わせいただけませんでしょうか?担当者がお答えいたしますので。よろしくお願いします。
02-26 21:34

午後5時を過ぎていきなりドル円の水準が20銭ほど滑り落ちて119.90から119.70へ。その後ほとんど動かなくなってしまいました。こりゃ、手が出んな・・・・。
02-26 20:18

@LondonFX_N20 ロンドン宛の発送を承っておりませんので、大変申し訳ございませんが、今度日本にご帰国のおり、ぜひお食事を!美子さんのスケジュールに合わせてLive!も組みますので、楽しみにしています!今度は初夏ですか?それとも秋口?お会いするのを楽しみに!
02-26 20:10

@ryuzFX 台風でも行かないと気が済まないから。わがままわんこ。今まで一回だけですね、散歩に出かけて、すぐ帰ってきたのは。横殴りの雨で眼をあけてられなかったようです!ずぶぬれでも全く気にせずですからいつも元気いっぱい!。ナナちゃんはいいこだな。当然今日はお散歩なし?
02-26 18:53

@PinkFloyd_SL スキャってコツコツ稼いだ収益を、全てポンド円の指値買いの損切りで持っていかれて、今見たらトータル微損・・・。確かにこのままだと宵越しの銭は持ってませんね(苦笑)
02-26 18:37

@PinkFloyd_SL Pink様 あたぼうよ、こちとら神田の生まれよ。(嘘ですけど。本当は世田谷の田舎の生まれです)江戸時代は世田谷なんて、のどかな田園だったと思います。小学校の同級生で家が農家をしていた友人がまだ住んでますが、マンションいっぱい建てて大金持ち!うらやま~。
02-26 18:34

@ygnfx 期限を切る意味 なさ過ぎですよね。
02-26 15:56

黒田日銀総裁「2%目標実現にはまだ道半ば」2年程度、ピンポイントで決めたわけでない物価は16年度末までには当然2%に達している16年度末てぇ事はだな、2017年3月末という解釈つーことだから、なんだ今からまるまる2年以上もあんだな。昔とだいぶ話がちがうねぇ、べらんめえ。
02-26 15:49

@cdbgc195 Kenji様 ターゲットやルールを勝手に変えちゃいかんと思うんですが。コミットしていないと甘利さん(政府)も黒田さん(日銀)も言い張るし。2年、2%は皆がしっかりと聞いてましたから。達成できないと責任論が付いて回るので、約束しなかったこととしたんでしょ!ずるい
02-26 13:39

@KumiTakashi T.Kumi様 そ、そうですよね・・・。コアコアCPIとニュースに出て、コラコラ?何だ?と焦った私でした。最近視力が落ちてるかもと思いました。
02-26 13:33

@JFXkobayashi コアコアCPIとは消費者物価指数( CPI)から、食料(酒類を除く)、エネルギーを除いた指標のこと。コラコラCPIとは物価目標を勝手に変えて怒られること。 ち、ちがうか・・・。
02-26 13:06

浜田内閣参与「追加緩和を行う必要」「日銀はコラコラ CPIを目標に、達成期間も(従来の2年から)3年にすべき コラコラ」 !!よ~く 見たらコアコアCPI。一人突っ込みしているのかと思ったら違った!以前にコミットしてた人たち皆で目標変えれば怖くない・・・か。
02-26 13:04

2月の各キャンペーン、締切間近となっております!是非、ご参加くださいませ!【2月の全てのキャンペーンをまとめて見るにはこちらから】http://t.co/Wczw75Gwia http://t.co/ISrjOQasUb
02-26 11:37

RT @newjk225: GPIFというボスキャラのHPが少なくなったと思ったら、次々に別の弩級クジラのボスキャラが出てくるという相場RPG、お楽しみに。
02-26 10:24

RT @newjk225: しばらく新たなクジラが出る度に売り方が戦意喪失する相場が続きそうです。ただ、今日明日にでも出るGPIFの運用状況で弾切れ起こしてるのが確認されないか心配であります。 もう一度いいます、「新たなクジラが出る度に売り方が戦意喪失する相場が続きそうです」
02-26 10:16

ドル円は戻り売りから一回目は入りますが、ロング回転に途中からするかもしれません。(ずっと売り回転させることはないでしょう。)市場のポジションの傾き、プライスアクションに注意していきたいと思います。お!118.950!高値ですね。119円台売れるかな?
02-26 09:39

重たそう。引き付けて売り場探し。ただしレンジは今日もそんなに広くないと思われるので、しっかりと利食いを優先させる方針。21日移動平均線118.602(サポート)日足の雲 118.236-117.960でねじれてます。118.25-117.80は、まだサポートという意識が強いです。
02-26 09:37

まあ、米雇用統計が非常に強くて、これだったら、6月で利上げ時期が決まりこれに関して何か言及するんじゃないかと勝手に市場が期待した結果、利上げを急がないスタンスが確認されて急落。市場は「自作自演の下落」をやってしまったわけです。119.00ががちがちとは思いませんが、119.50は
02-26 09:31

いるようです。しかし、昨日の下院での証言で、何か期待するほうがおかしいでしょ!一昨日は、そりゃみんな期待しますが、昨日のはおまけみたいなもの。もし米議会が上院・中院・下院だったら、3日に分けて同じ内容をやるだろうし一昨日と昨日で話している内容が違うなんて事はありえないわけだから。
02-26 09:26

ストップをかけたため、午後11時半前に高値119.07までタッチ。ただしすぐに売り潰されて118.81へ反落。明け方4時ぐらいに買いが入っても119.00には乗せきれずに再び118.81まで反落して118.87引け。徐々に6月利上げ開始時期の予想が秋口へとずれ込む傾向が出てきて
02-26 09:21

おはようございます。一昨日のイエレン議長の上院での議会証言は乱高下を招きましたが、昨日の下院金融委員会での証言は、金融政策に関して具体的な言及がなく材料にはならず。アジアから欧州にかけて、ショートを増やした参加者がNY時間にショートの炙り出しを喰らって118.90越えから
02-26 09:15

関東財務局長(金商)第238号 / (社)金融先物取引業協会 会員番号1503 金融商品取引業者 JFX株式会社

■このレポートは情報提供を目的とし、投資の断定的判断を促すものではありません。お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。この情報により生じる一切の損害について、当社は責任を負いません。本レポート中の意見等が今後修正・変更されても、当社はこれを通知する義務を負いません。著作権はJFX株式会社に帰属し、無断転載を禁じます。

■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。為替リスク想定比率は、通貨ペアごとに異なり、当社では、原則として一般社団法人金融先物取引業協会が金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1項に規定される定量的計算モデルを用いて算出する数値を利用します。なお、為替リスク想定比率は、原則として1週間ごとに見直しが行われ、レバレッジは、為替リスク想定比率の逆数(想定元本÷必要証拠金)となりますので、1週間ごとに変動します。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



copyright c 2016 FXブログ|小林芳彦のマーケットショット all rights reserved. powered by FC2ブログ.