情報提供を目的としており、お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。

未分類 > 03/06のツイートまとめ

03/06のツイートまとめ

JFXkobayashi

失業率:結果 5.5% 非農業部門雇用者数:結果 29.5万人 ( @小林芳彦 live at http://t.co/2eCB03PPNQ)
03-06 22:31

間もなく雇用統計発表です!失業率:前回5.7% 予想5.6% 非農業部門雇用者数:前回25.7万人 予想23.5万人http://t.co/wxdlBPQnkg ( @小林芳彦 live at http://t.co/2eCB03PPNQ)
03-06 22:24

雇用統計Live!キャンぺーンにTwitter・Facebookからご参加いただけます!是非、この機会にご参加ください!http://t.co/wxdlBPQnkg ( @小林芳彦 live at http://t.co/2eCB03PPNQ)
03-06 22:04

もう間もなく、雇用統計Live!を放送いたします。キャンペーンのお申込み・ソーシャルストリームからのご質問を受け付けますので是非この機会にご参加ください!http://t.co/wxdlBPQnkg http://t.co/W7NtSSGIMv
03-06 21:49

@raichan_fx らいchan様 あははは、最初何かと思ったら・・・ 肉食系だからですね!農耕民族のことを考えてトレードしていただきたいものです!本日もよろしくお願いいたします。
03-06 21:14

力技で1.0950割れのオプショントリガー、引っかけましたね。雇用統計前にどこまでアニマルは攻めるんだろう?肉食獣の考えていることがよく判らない・・・・。
03-06 20:54

@isohaya はや様 120円ではないと思いますが、125円とか行けば米輸出企業からの圧力が議員を通じて強まると思われます。ただしおっしゃるように金利差が拡大するわけで、ファンダメンタルズに沿ったドル高であればある意味仕方ないことと思います。流れはドル買いだと思います。
03-06 20:53

@mezase62500goe 今晩は米雇用統計があり、発表前にポジションのカバーが出る可能性が高く(ショートの利食い買い戻し)ストップは浅めに。できれば微益でも閉じる方が私はベターだと思います。リスクを取るにしても私はストップは浅めに、ナンピンせずですね。
03-06 17:36

@mezase62500goe ピジョン様 通常でしたら、アジアの安値を割ってきたら一回突っ込んで売ってもいいと思います。インターバンクでは、利食いを下に指しながら売り込む連中もいます。(たとえば先に1.1002利食いを指してから1.1007を売るなど。)
03-06 17:15

@tsubocoro かぶかぶ隊+FX様 ありがとうございました。これです!
03-06 17:11

あります。朝方コメントしたように今日は指値は今現在、何も付いていないので、オーダーは早めにすべてキャンセルします。さて、今晩の米雇用統計・・・外為村の村祭りです!さあて、どうなるかな~!
03-06 16:35

午前中にツイートしましたが、ドル円が120.05以下でショートになっていて、119円台で利食いそびれていると考えていましたが、下がっても119.945で、ここからじりじりと典型的なショートカバーで120.143までタッチ。120.195高値を超えるとストップが出る可能性が
03-06 16:34

120.10を越えてきたら。今晩雇用統計だし、もうショートを降らないほうがいいのかな~なんて考えてます。今日出来たポジションはインターバンクはどうみても売りポジだと思ってます。
03-06 12:39

う~ん、どうなのかな?朝から基本皆売ってると思うし、下で買いからというよりは、戻り売りしていると思います。それが120.00越えしてきて利食いに失敗してしまった119円台のショートもいるはず。120.082で止まって落ちかけてますが、これで119.95以下に下らず、じりじりと
03-06 12:38

にも損切りせず微益だが利益は出ている。でもこの流れって良くないな。元々120.17、120.25で売れたら119.96、119.86で利食いイメージ。売れなかったから買うっていうのは往々にして捕まるパターンだから。いい加減にしておくべきと肝に銘じよう!宣言しないとすぐやるから自分
03-06 10:36

120.17アッパー、出来れば120.250で売りたいと考えていて、120.195は見事に売りそびれた。下ってきて慌てて120.122で売ったが、簡単には120.00は割れないかと思い利食いしてしまったら、ズルリと下落!その後は売りから入れずレベル感で買いから入っているが、幸運
03-06 10:36

本日22:00~22:40 雇用統計Live!を放送いたします。キャンペーンのお申込み・ソーシャルストリームからのご質問を受け付けますので是非この機会にご参加ください!http://t.co/wxdlBPQnkg http://t.co/9ZZNvFSCmo
03-06 09:56

よろしくお願い申し上げます。
03-06 09:22

基本はノーポジで雇用統計を迎えたいと思います。ユーロ円のショートカバーが強烈だったですが、全部が損切りで買ったわけでもないと思います。特に132.80-50ゾーンコストのロングが残っていそう。その意味でユーロ円の戻り売り(ドル円売り+ユーロドル売り)方向で考えてみます。本日も
03-06 09:22

で NYはクローズしています。120.50にはまだ売りがあり、上値は重たい展開。ただし119円台にはドル買いがあり大きくは崩れない展開と思います。ユーロドルは1.1000が割れているので、さらにユーロ下落の方向をイメージします。今晩の雇用統計でドルの瞬間的な上下があると思うので、
03-06 09:18

これらの動きから掛け算であるユーロ円は午後4時ぐらいの安値132.17から午後10時半過ぎには133.58まで吹き上がったあと、132.16まで暴落!一瞬132.70台後半まで戻すも、ユーロドルの1.10割れで132.13安値まで下落。引け前に132.50台まで戻し132.46
03-06 09:15

したことを材料に買い上がったようですが、戻り売りに押されて1.1080割れから今度は俄かロングが投げる展開となって1.1005まで110ピップス急落!1.1050まで戻すもその後1.1000のトリガーも引っ掛けて2003年9月以来の1.10割れとなって安値は1.0988タッチ!
03-06 09:12

一方ユーロドルはドラギ総裁の記者会見前にショートカバーとなって1.1080-85を越えてストップ的な買いが出ましたが、1.1115(前日のサポートで何回も止まっていたポイント。これが抜けて3月4日は急落しました。)でガチッと止まりました。ECBのスタッフ予想で成長見通しを上方修正
03-06 09:08

午後10時過ぎには133.00も越えてドル円を120.20越えへ押し上げる展開となりました。その後ドル円はストップもあって120.40高値までタッチしましたが、120.48の抵抗線の手前で失速。失業保険申請件数が予想比増えたことで、ドル売りにつながり120.15近辺へ下落。
03-06 09:04

おはようございます。ドル円は119.75-85から売り上がっていたインターバンクのドル円ショートが119.93-95から切れ始めて120.00越えでストップして120.10台へ。ちょうどこの頃、午後7時半ぐらいにユーロ円が132.74の東京高値を越えたため、ストップ買いが炸裂。
03-06 08:55

関東財務局長(金商)第238号 / (社)金融先物取引業協会 会員番号1503 金融商品取引業者 JFX株式会社

■このレポートは情報提供を目的とし、投資の断定的判断を促すものではありません。お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。この情報により生じる一切の損害について、当社は責任を負いません。本レポート中の意見等が今後修正・変更されても、当社はこれを通知する義務を負いません。著作権はJFX株式会社に帰属し、無断転載を禁じます。

■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。為替リスク想定比率は、通貨ペアごとに異なり、当社では、原則として一般社団法人金融先物取引業協会が金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1項に規定される定量的計算モデルを用いて算出する数値を利用します。なお、為替リスク想定比率は、原則として1週間ごとに見直しが行われ、レバレッジは、為替リスク想定比率の逆数(想定元本÷必要証拠金)となりますので、1週間ごとに変動します。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



copyright c 2016 FXブログ|小林芳彦のマーケットショット all rights reserved. powered by FC2ブログ.