情報提供を目的としており、お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。

未分類 > 03/12のツイートまとめ

03/12のツイートまとめ

JFXkobayashi

@hanachan25252 お華様 チャートを見てというよりもプライスアクションだけ見て買っている(というか全部買いからしか入っていないですが)ので、8回続けて利食い出来ると結構興奮します。揉み合いになったら、途端に難しくなるので参加しないです。勝てそうな時にやるのがディール!
03-12 22:11

@mrotemoyan ぽんぽこりん様 お優しいお言葉、ありがとうございます。
03-12 22:05

@aska_ai ねこばすあっくん様 ありがとうございます。昔 BADBOYS漫画よ~く読んでましたが、広島弁でしたよね、あれ・・・。
03-12 22:04

@huroji1 ふろうじ様 申し訳ありません、ボロボロですね。片目が眼帯だと、遠近感はないし夜疲れて見えなくなるし。もうちょっとかかりそうです。
03-12 22:01

@YTB_investment YTB投資情報局様 そうです。0.0545銭ではなく0.0545円でした。ご指摘ありがとうございました。5.45銭です。大変失礼いたしました。
03-12 21:59

@aska_ai  東京都世田谷区等々力町生まれの、中学2年から神奈川県育ちです。でもぶち上がる、ぶち下がるって普通に使ってましたよ。
03-12 21:57

身ドル → ミドル  あと、焦っていたから句読点とかカッコとか、お見逃しくださいませ。誤字脱字オンパレードや・・・。
03-12 21:55

荒れてるから、平均で0.0545銭取れた!いつも平均2銭以下のスキャルが多いからこれだけ取れると楽だなぁ。相場に感謝です。そろそろ帰ります。
03-12 21:52

ドル円が「ぶち下がったが、120円台後半から身ドルはしこたま買いがあると思い込んでいるので、70台ミドルを買って。80台で利食い。70台前半を買って70台後半で利食い。70台後半から80台ミドルで買って120.90台で利食いと8トレードして負けがない!ついてるな~。しかも
03-12 21:50

いいとは、ほっぽらかせってか?あ!1.0597・・・割れてきた!
03-12 18:00

「1.0625、1.0640はタイミングにもよりますが引き付けて売り場探しもできるのではと思います。利食い回転は今日は早めに!」はどんぴしゃ!高値1.06432まで上がって1.05849まで下げたが、1.06以下は外出してて買い戻し無理。1.06008で今買い戻し。見てない方が
03-12 17:59

アジアのショートが切れています。ただし1.0625、1.0640はタイミングにもよりますが引き付けて売り場探しもできるのではと思います。利食い回転は今日は早めに!
03-12 16:23

昼時間に無理やり1.0500をブレイクしたが、1.04944売りまでしか走らず、1.0500のストップは付いたものの、利食いができなかったアジアが欧州勢の売り参入を待っていましたが、やって来たのは無慈悲な買い上げ!1.0555-60、1.0580、1.0600とストップを連打され
03-12 16:22

ギリシャとの間で解決策を見つけることを強要している」・・・・・確かにドイツ政府は彼を信頼したことはかつて一度もないだろうな。これは正しい!!
03-12 10:32

バルファキス・ギリシャ財務相 今日の一言「ドイツのショイブレ財務相は私がドイツ政府の信頼を失ったと言ったので、ドイツ政府から信頼されていたことはこれまでないと否定した」「私の見解では、ECBはわが国の政府を窒息させるような政策を追求している」「ユーロ圏諸国やIMFに対し
03-12 10:31

@da1598vi 元々ユーロに加盟するときに赤字は対GDP3%以内という財政比率をはなはだしくクリアできていなかったのに、嘘をついて加盟した経緯もありますから。最初から問題児だったわけですが、年月が経って、問題児が狼藉者・ならず者になってしまいました・・・・・・。ありえない。
03-12 09:53

3月豪ドル円取引高キャンペーン開催中です。最大3,000万円プレゼントです!是非、ご参加ください!http://t.co/dq5PUNShGR http://t.co/bAZ4yaetpI
03-12 09:12

置いて、不幸にもストップが付いたら、その上をまた売り直すようなオペレーションでしょうか。ドル円は120円台後半にかけて押し目買い場探しでしょう。本日もよろしくお願いいたします。
03-12 08:12

したい人たちが待ち受ける水準が徐々に引き上げられている印象。方向は米国・日本で見てもドル買いです。今市場では最も判りやすい材料の、ユーロ売り・ドル買いで一斉に攻め立てている状態です。ポジション調整があっても基本トレンドは変わらず、ユーロ売り。ショートを作ったら、上にストップを
03-12 08:10

余計上値が重たくなってしまうことに繋がる気がします。ドル円はまず更なる金融緩和はすぐにはなく、122円を越えて円売りドル買いする材料待ち。水面下で米国からのドル高懸念が強まる可能性もありますが、表面化はイメージしてません。下れば、長期資金、機関投資家、輸入などなどドル買い
03-12 08:07

このようなペースで進んだら、来週中にもパリティ!? 流石にそれはないでしょうが1.0500が割れたら再びサポートが良く判らない状況の中で、オラオラ系のインターバンクが中心となって突っ込み売りを繰り返せば、安値の既成事実として記憶・記録に残り、それが今度は抵抗となってしまうことで
03-12 08:03

午後9時半に利食い買戻しと突っ込み売りの損切りで1.0628NY高値をタッチしましたがこれを天井に、波状攻撃でユーロ売りが繰り返し入っていたため、徐々に下値を切り下げる展開になって、午前2時半ぐらいに1.0550のトリガーを粉砕!午前3時直前に1.0511安値を付けました。
03-12 08:00

インターバンクがいた可能性もあります。結局1.0700は付かず午後5時から1.0680が割れて一斉に売り気となり1.0666安値が割れて下落開始。1.0640でかろうじて止まっていましたが、午後6時半、安値更新で怒涛のユーロ売りスタート!1.0560をやったのが午後8時前。
03-12 07:56

背景です。昨日のユーロドルの値動きを見ると午後3時から午後5時にかけて午後1時過ぎの1.0666安値からショートカバー気味に戻したタイミングでしたが、何回買い上げても1.0696から上に上がらず、大口の売りが1.0700に入った感じでした。またはそのオーダーの手前で売りまくった
03-12 07:52

全く考えていないというか、こんな下落ペースを想定していませんでした。ECBの量的金融緩和がスタートし、欧州各国の国債購入でまずドイツ10年債利回りが低下。過去最低の0.192%タッチとなり、フランス・スペイン・イタリアの長期債利回りも低下し、価格は上昇していることがユーロ売りの
03-12 07:44

おはようございます。ユーロドルの下落に全く歯止めがかからない展開です。確か4営業日前、1.1000を割り込んだとき1.0750サポート、割れたら1.0650、そして1.05を狙うような方向でしょうか・・・・とコメントした記憶がありますが、昨日のNYで1.0511まで下落するなんて
03-12 07:41

関東財務局長(金商)第238号 / (社)金融先物取引業協会 会員番号1503 金融商品取引業者 JFX株式会社

■このレポートは情報提供を目的とし、投資の断定的判断を促すものではありません。お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。この情報により生じる一切の損害について、当社は責任を負いません。本レポート中の意見等が今後修正・変更されても、当社はこれを通知する義務を負いません。著作権はJFX株式会社に帰属し、無断転載を禁じます。

■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。為替リスク想定比率は、通貨ペアごとに異なり、当社では、原則として一般社団法人金融先物取引業協会が金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1項に規定される定量的計算モデルを用いて算出する数値を利用します。なお、為替リスク想定比率は、原則として1週間ごとに見直しが行われ、レバレッジは、為替リスク想定比率の逆数(想定元本÷必要証拠金)となりますので、1週間ごとに変動します。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



copyright c 2016 FXブログ|小林芳彦のマーケットショット all rights reserved. powered by FC2ブログ.