情報提供を目的としており、お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。

マーケットショット > 「 ドル円・オセアニア円は押し目買いから。ユーロドル・ユーロ円・ポンド円は戻り売りで参入する方針。」

「 ドル円・オセアニア円は押し目買いから。ユーロドル・ユーロ円・ポンド円は戻り売りで参入する方針。」

焼肉ライスバーガー&生姜焼きライスバーガーキャンペーン!


☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆

「 ドル円・オセアニア円は押し目買いから。ユーロドル・ユーロ円・ポンド円は戻り売りで参入する方針。」

☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆
--------------------------------------------------------------------------------------

4月10日

4月9日の概況


お早うございます。今朝も寒いですね~。寒気団が日本の上に居座っているようですね。
これじゃ、寒くてこれから開花を迎える地方でも花見はきついな~。この寒さもお散歩が
大好きなわんこは全く気にせず、普段はオイルヒーターに背中やお尻をくっつけて寝て
いるくせに、散歩だったら、雪でも雨でも関係なく外に出たがるので、早朝の散歩は
覚悟が要ります。

これからわんこを飼おうとされる方、小型犬なら16~17年、中型犬なら13~16年、
大型犬だったら11年~13年ぐらい、朝・晩の散歩と、遊ぶ、なぜる、話かけるなどの
コミュニケーションが、当然求められるので、体力・気力、あと資力があって、本当に
わんこが好きな方に飼い始めていただきたいといつも思います。大変なことなんて
ないんですよ、大好きなんですから。そしてわんこはあなたのことをもっともっと好き
なんですから。


さて、相場ですが・・・・なんでこんなに買われるの?と思うぐらいのショートカバーで、
インターバンクでは、119.86から120.74まで吹き上がる展開!。119円台は売ったらあかん、
120.00のオプションが相場を強く支配している可能性が高いと思いながらもあまりの
売り気に、119.92以下でも4回も買いで入りながらビビッて即利食い3回、1回は最安値
119.899を買ったのに突っ込んだ後戻り119.896で損切りしており、こりゃ119.50ぐらいまで
行くのかな?と思わせました。最後のトレードは21:15に119.927で売って、119.893で
買い戻す回転で、これで気持は買いから売りへと完全に切り替わってました。

新規失業保険申請件数があるからと何も持たずに見てましたが、出てきた数字は283千件が
281千件、前月分も268千件が267千件と予想比ほぼ一緒。朝のコメントに予想より好調な
数字でドル買い要因と書いてあるものもありましたが、そりゃないでしょ。
2千件数字が良かったから買戻しも普通なら120円台前半が精一杯でしょ。

120.10手前から120.00割れまで市場が売り込んだ後、もう一回120.10レベルを見ながら
売ってみようかと午後10時半ぐらいに考えていましたが、いきなり120.20越えまで吹き
上がってあれ?強いなと売りを思いとどまり、前のめりになっていた姿勢を文字通り椅子
にもたれ掛かって眺めていました。このまま、実は少し寝落ちしてました・・・。

方向はまだ戻り売りでイメージしてましたが、その内どんどんと上がる!全値戻し
ですかえ?とコメントした23:48、市場センチメントはきっとまだ売りなんだろうなと
思いながら、お風呂入って寝ちゃいました。明け方4時に目が覚めてレート見て120.68台
だったんで、びっくり。

わんこが散歩と言わなかった(まだ寝てた)ので、私ももう一眠り。5時半に起きたら
120.50台半ばでしたが、高値は120.74までやったと判り、またビックリ。売りあがって
市場はやられたなぁ。昨日の夜のセンチメントは74銭が付くんだったら、どう考えても
119.74であって、120.74じゃない!おかしいでしょ!

でもそれが相場ですね。私の場合、お風呂と睡眠を優先させたから助かったようなものの、
最後のトレードはどん底圏でドルショートを振っており、やり続けていたら、売りあがり
で爆死コース間違いなしといった危ういものでした。ラッキーだったな。
箱根にあるユネッサンの娘のお土産、温泉の素(コーヒー風呂やワイン風呂の素)でせめて
行った気分を味わおうとした結果が、「売って捕まらなかった」わけでこりゃ、娘に感謝
しなくちゃいけないと思いました。

ユーロドルは1.0637まで大きく崩れ、やはり上値が重たく、行きたい方向はまずはもう
一度、1.0500割れ方向を狙いに行きたい感じでしょうね。その分、ドル円が同じような
割合で上がるとも思えないので、ユーロ円は弱含みスタンスに見えます。

雇用統計以降、ドル売りセンチメントに騙された人たちが自分も含め多かったと思いますが、
なんだかんだでドルは強い!といったところですね。

株式2万円乗せ達成ですね。まずは良かった。為替はなんだか疲れちゃっているように見え
ますね。アジア、このところ、うまく行っている気があまりしません。アジアの逆をNYで
やられて、ストップハンティングの標的にされている気がします。
悔しいけど昔から草食は肉食の餌になってきましたからね~。

おや?8分前から株式が下げに転じたようです・・・。利益確定売りがわんさか入ってくる
のかな?為替の動きも鈍いですね。今日は自分もイメージがあまり沸きません。120円台後半
は売りで回したいですが昨日固くなった120.25-35、まずは買ってみますかね?
本日もよろしくお願いいたします。



ドル円 買い
ドル円は 120.350、120.250で買いから。ストップは119.980に置きながら、120.600、
120.700で利食いする回転をイメージしました。

レンジ (120.100)120.300--(120.600)120.750 作成時 120.482-485 10:06AM


ユーロドル 売り
ユーロドルは 1.06950、1.07100で売りから。ストップは1.07300に置きながら、1.06200、
1.06000で買い戻しを図る方針。

レンジ 1.06000(1.06200)--(1.06950)1.07100 作成時 1.06778-783 10:08AM


ユーロ円 売り
ユーロ円は 128.950、129.100で売りから参入する方針。ストップは129.350に置きながら、
128.200、128.000で利食いするような回転をイメージしました。

レンジ 128.000(128.200)--(128.950)129.100 作成時 128.611-629 10:09AM


ポンド 売り
ポンド円は177.820、177.950で売りから参入。ストップは178.200に置きながら、177.150、
177.00で買い戻す回転をイメージ。

レンジ 177.000(177.150)--(177.820)177.950 作成時 177.453-466 11:12AM

対ドルは1.47550、1.47750で売りから参入する。ストップは1.48100に置きながら、
1.46850、1.46600で買い戻しをかける方針。

レンジ1.46600(1.46850)--(1.47550)1.47750 作成時 1.47225-238 10:58AM

豪ドル 買い
豪ドル円は 92.730、92.650で買いから。ストップは92.400に置きながら、93.550、93.700で
利食いする買い回転をイメージしました。

レンジ 92.600(92.800)--(93.550)93.700 作成時 93.026-035 11:14AM

対ドルは0.76850、0.76650で買いから参入する方針。欧州や英国と異なり
今オセアニア通貨の対ドルの買いが目立っている。
0.76500にストップを置きながら、0.7450、0.77600で利食いする回転をイメージ。

レンジ 0.76600(0.76850)--(0.77450)0.77600 作成時 0.77150-162 10:59AM

ニュージードル 買い
ニュージー円は 91.260、91.150で買いから。ストップは90.850に置きながら、91.800、
92.000で利食いを狙う方針。

レンジ  91.150(91.250)--(91.800)92.000  作成時  91.485-499 11:15AM

対ドルは0.75600、0.75450で買いから参入する方針。ストップは0.75250に置きながら、
0.76100、0.76300で利食いする回転をイメージ。

レンジ 0.75450(0.75600)--(0.76100)0.76300 作成時 0.75897-914 11:00AM




新規口座開設はこちら

ブログランキングに参加しています!応援クリックお願いします!
ブログランキング ポンド円FC2


------------------------------------------------------------
■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品
ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果
(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって
注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。
特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が
高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアや
ポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければ
ならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。
スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が
高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人の
お客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)× 4%の額となり、レバレッジは、
想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、
1Lotあたり500円となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので、
それぞれの値が変動することにより、レバレッジも変動します。店頭バイナリーオプション取引
「MTBO」は、判定時刻の為替レートが、当社の設定した最大7本の権利行使価格から、お客様が
選択された権利行使価格よりも、上昇するか下降するかを予想するヨーロピアンタイプのラダー
バイナリーオプション取引です。最大損失額は、オプションの取得対価の全額となります。
取引単位は1ロット(1ロット当たりの価格は0~1,000円)、1回の取引あたりの最大取引単位は
50ロットとなります。手数料は無料です。オプションの購入後において、取引をキャンセルする
ことはできません。購入したオプションを取引可能期間前に清算(売却)をすることはできます。
但し、購入価格と清算価格にはスプレッドがあり、清算時に損失を被る可能性があります。
「MTBO」は投資額に比べて大きな利益を得る可能性がある反面、投資元本の保証はなく、お客様
にとって為替レートが不利な方向に変動することにより投資元本の全てを失う可能性のある
リスクが高い金融商品です。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引および店頭
バイナリーオプション取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インター
ネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。
また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。
お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身
の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。

関東財務局長(金商)第238号 / (社)金融先物取引業協会 会員番号1503 金融商品取引業者 JFX株式会社

■このレポートは情報提供を目的とし、投資の断定的判断を促すものではありません。お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。この情報により生じる一切の損害について、当社は責任を負いません。本レポート中の意見等が今後修正・変更されても、当社はこれを通知する義務を負いません。著作権はJFX株式会社に帰属し、無断転載を禁じます。

■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。為替リスク想定比率は、通貨ペアごとに異なり、当社では、原則として一般社団法人金融先物取引業協会が金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1項に規定される定量的計算モデルを用いて算出する数値を利用します。なお、為替リスク想定比率は、原則として1週間ごとに見直しが行われ、レバレッジは、為替リスク想定比率の逆数(想定元本÷必要証拠金)となりますので、1週間ごとに変動します。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



copyright c 2016 FXブログ|小林芳彦のマーケットショット all rights reserved. powered by FC2ブログ.