情報提供を目的としており、お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。

未分類 > 04/27のツイートまとめ

04/27のツイートまとめ

JFXkobayashi

フィッチは日本格付けをA+からAに引き下げ。まあ、まあ、これだけ借金増やしていれば、円売り要因ですからね。119.15から119.419まで噴き上がりました。今は119.26。
04-27 18:13

@U14741 笑ってごまかすしか、繕いようがない失態ではありますが、引きずらない性格なので、すぐに忘れます。もしかしたらそれは年齢のせいかとふと思うと怖くなりますが。笑 まあ、トータルで勝ってればと、局面の失敗はすぐ忘れる様にしています。これからもよろしくお願いいたします。
04-27 17:10

@U14741 すみません・・・・何も言えません・・・。どん底買ってるのに。
04-27 17:01

移動があるからと129.059で止めた私は129.60で考えたら162銭も得べかりし利益を失ったのでありました。何やっとんじゃー!ありえない下手さ加減だ・・・・。ぶつぶつ。
04-27 16:46

ユーロ円の値動きを見てほとんど気を失いかけてた私でしたが、午後3時半からのミニLive! 中にも129.50台があり、さっきはさらに129.631ビッドまで跳ねるといった苛めに遭って意気消沈しております。何せ129.03633のロングをいつもの3倍持っていたものですから・・・
04-27 16:43

もう間もなく15:30~15:45 ミニLIVE!を生放送いたします。是非ご覧下さい!http://t.co/wxdlBPQnkg http://t.co/2LsrfQOzzI
04-27 15:09

瞬き前にチャートみたら、ドル円指値売119.080売り出来てた。ついさっきみたい。119.030で買い戻してスクエアにしておく。ユーロ円の買い、引っ張れなかったのが痛いな。
04-27 14:08

ポジション3つあったから、60銭も違うんですね〜。気分が悪くなってきた。凄く悔しく、電車地下鉄に乗り換えたしもう一回長い瞬きして忘れよう!
04-27 13:59

長い瞬きしてたらなんと129.25もついたと‥‥。笑うしかないな。瞬きじゃなくて気 失ったろか。
04-27 13:52

やっぱりユーロ円上がってきたか‥‥。移動なかったらもう少し引っ張ったんだが、指値以外に二つ成り行きで買っていたから10銭違っても合計30銭も違うから結構痛い。ガッデム!
04-27 13:29

まったり止まってますね。119.011が高値で、もう少し伸びるかと思い119.080の指値そのままにしてしまいました。ユーロドルがゆっくり下がって来ました。ユーロ円の指値129.050がもうすぐ出来そう。串刺しは勘弁してね。
04-27 12:09

ギリシャがどうやって欧州各国の責任論を展開できるんだか、さっぱり私にはわからないんだが・・・。 https://t.co/7RGvgWnzev
04-27 12:06

@Booskamax Booskamax様 お早うございます。まさか、ギリシャから会議資料も出ていなかったとは・・・私は勘違いしていました。昨日 日経新聞見て、びっくりいたしました。そんな話、考えられませんでしたから。
04-27 10:10

本日15:30~15:45 ミニLIVE!を生放送いたします。是非ご覧下さい!http://t.co/wxdlBPQnkg http://t.co/TaalUZWNUi
04-27 09:08

買いから入るのか決めようとイメージしています。ドルインデックスからは目先の調整ドル売りが入りやすいチャートなっています。本日もよろしくお願い申し上げます。
04-27 08:40

思っています。まだ118.20が割れて下落するかわからない状況の中でドルの急落は考えなくてよいと思っています。119円台での戻り売りから参入し118.50手前で利食い。118.50が割れるのかどうかを見ながら流れで、118.50からの戻り売りをやるのか、118.45以下引き付けて
04-27 08:39

この件からユーロをやはり元気には買えないイメージです。テクニカルで見たら、1.1050を越えて跳ねれば、ギリシャがあろうと瞬間ユーロ買いになりますけど。ドル円はやはり上値が重たく、118.30-20にあるサポートゾーンを確認しに118.50割れまで攻め込む可能性が高いのではと
04-27 08:30

から、今のままでは時間切れでデフォルトに直面することは明らかです。本日流れているドムブロフスキス欧州副委員長「ギリシャの成長率予想を引き下げ」 ショイブレ独財務相「(ギリシャがデフォルトする可能性)0%ではない」 も、話し合いがあまりに進まず合意は程遠い事を物語っています。
04-27 08:27

行なわれた」「活発な議論は協議が終盤戦に至っていることを反映」は到底額面通りには受け取れない。ダイセルブルーム・ユーログループ議長「ギリシャと債権者側に大きな隔たり」「ギリシャ支援融資実施には包括的リスト必要」の発言どおり、ギリシャが包括的なリスト提出が必要最低条件であること
04-27 08:25

水準の話じゃない。モスコビシ欧州委員「ギリシャ問題の合意は程遠い」はずで、話し合いすら始まっていないも同然の状況。こんなことで1ヶ月以上も時間を無駄に費やしている。バルファキス・ギリシャ財務相の「可能な限り支援に向けた早期の合意を目指す」「ユーロ圏のギリシャについての議論は熱心に
04-27 08:22

いけないのですが、もう一回日曜日に日経新聞を見ていて、え?と仰天、眼も点・・・。ギリシャは24日のユーロ圏財務相会合に会議で使う資料すら提出しなかったと出ていて、そんな状態なのかと驚きでした。ギリシャ政府の資金繰りなどの基本的数値もわからなかったとあって、合意に至らないどころの
04-27 08:18

「技術的なギリシャ離脱は可能でない」「ギリシャに関する協議は首脳レベルへ移行したもよう」「ギリシャ協議の時間は尽きつつある」「ギリシャは改革なしに資金を得られない」などから、東京時間から合意はないとわかっていましたが、自分がサボって他にいろいろなニュースを探さなかったから
04-27 08:14

議長「今日の会合でギリシャ債務協議が合意すると予想せず」「ギリシャとの合意の時間はなくなりつつある」ショイブレ独財務相「会合でギリシャに関する合意は得られないだろう」パドアン伊財務相[「今回の会合でギリシャ問題、決定的な帰結見込めず」 シェリング・オーストリア財務相
04-27 08:13

そんなに買えない。金曜日に出てきたコメント ドムブロフスキス欧州副委員長「ギリシャに関する技術的な作業は終わっていない」「交渉の遅れはギリシャ経済に打撃」「ギリシャはリスト上の作業を加速させる必要」「ギリシャ協議の進ちょく状況はまだ不十分」のほか、ダイセルブルーム・ユーログループ
04-27 08:12

簡単にやられます。相場の方向感がわからなくなって、手が出しにくくなっているのが実情でしょう。チャートだけみると、ドルインデックスでもミニヘッド&ショルダーに見えたり、変則ダブルトップに見えたりで、とにかく目先は下向きのバイアスに見える(ユーロ買い)んですが、ギリシャの件があって
04-27 08:07

お早うございます。今日は暑くなりそうですね。もうゴールデンウィークに入っていますから絶好の・・ 仕事日和ですww。さて、ユーロドルの殺人的な!?乱高下。1.0785から1.0900、1.0810から75。再び下落し1.0805から79と60ピップス以上の上下動を繰り返されると
04-27 08:04

関東財務局長(金商)第238号 / (社)金融先物取引業協会 会員番号1503 金融商品取引業者 JFX株式会社

■このレポートは情報提供を目的とし、投資の断定的判断を促すものではありません。お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。この情報により生じる一切の損害について、当社は責任を負いません。本レポート中の意見等が今後修正・変更されても、当社はこれを通知する義務を負いません。著作権はJFX株式会社に帰属し、無断転載を禁じます。

■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。為替リスク想定比率は、通貨ペアごとに異なり、当社では、原則として一般社団法人金融先物取引業協会が金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1項に規定される定量的計算モデルを用いて算出する数値を利用します。なお、為替リスク想定比率は、原則として1週間ごとに見直しが行われ、レバレッジは、為替リスク想定比率の逆数(想定元本÷必要証拠金)となりますので、1週間ごとに変動します。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



copyright c 2016 FXブログ|小林芳彦のマーケットショット all rights reserved. powered by FC2ブログ.