情報提供を目的としており、お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。

マーケットショット > 「 ドル円は売り。ユーロドル・ユーロ円・ポンド円は買い先行。オセアニア円は売り目だが指値せず。」

「 ドル円は売り。ユーロドル・ユーロ円・ポンド円は買い先行。オセアニア円は売り目だが指値せず。」


焼肉ライスバーガー&生姜焼きライスバーガーキャンペーン!


☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆

「 ドル円は売り。ユーロドル・ユーロ円・ポンド円は買い先行。オセアニア円は売り目だが指値せず。」

☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆
--------------------------------------------------------------------------------------

4月30日

4月29日の概況



お早うございます。市場がドルショートに傾き、さらに119.00手前で売っていた夕方4時
以降、いきなり119.00突破からショートカバーが始まりましたが、自分を含めまだ119.10台
は売り先行で入っていた感じがありました。勿論早めに回転させないと捕まる(既に
ショートになっている)と感じていたにもかかわらず、高値警戒感から119円台をなかなか
買えなかった訳です。しかし119.20を突破し明らかに売りあがり勢の損切りをヒット
し始めて119.36まで吹き上がってしまい、もう到底買えん・・・と私は諦めて事務作業に
没頭。

ちらちら作業をしながらマーケットを見ていましたが、午後9時半に出てきたGDP、予想
+1.0%に対し、+0.2%と悪い!当たり前のようにドル売りとなったのですが118.89まで
下げた後118.92が何回やっても潰れずそれでも118.90台を92-95で かなり頑張って
短期勢が売ってました。これが119.00を越えて諦めた人からばらばらと買戻しが入り
119.10台でショートカバーが加速!え?っていう感じで119.15-20が付いて何だいこれ?
何で戻るの?と疑問符だらけの展開に。

ちょうど米10年債利回りが21時40分の1.9946%ビッドから22時12分には2.0813%ビッド
まで急騰しこれに連れてショートカバーが出た展開でしたが、一昨日全く連動して
なかったのが何で昨晩はきっちり連動するのか、私には理解不能です・・・。
とにかくこれで119.31まで戻しましたが、ここからはあんなに悪いGDPでドルが買われる
はずもなく、本領発揮でじわじわドル売りに。午前3時ぐらいには118.60まで下落して
いました。118.50にはたぶんですが、まとまったドル買いオーダーが入っていたと
推測されます。

FOMCの声明で「冬場の景気の減速は一時的な要因を反映」と出て119.10台を回復しました
が、さらに上がる感じではなく119円を挟んで揉み合いのまま119.05で引け。


GDPの段階でドル売りとなったことで抵抗線だった1.1050を越えたユーロドルでしたが、
すぐに吹き上がらなかったため利食いが入り(結構逆指しっぽい買いが入っていた、
または抜けて飛びつき買いが出ていた。このロングが伸びず慌てて利食いした。
遅れたら損切り売りも。)

結果1.1000台前半まで下りましたが(米債の利回りでドル買い)その後本領発揮で
ドル売りとなって1.1100を突破。1.1150も粉砕し高値は1.1188まで吹き上がるなど強烈な
ユーロドル買戻しとなりました。

昨晩23:13地下鉄の中で「今日じゃないけど、1.1050も越えたし1.12台までじわじわ
ユーロはショートカバーするかな?テクニカルでは買いになってたからなぁ。」と
つぶやいたのですが、家に帰ってわんこの散歩に行き1時50分ごろに
寝る頃には1.1188をやって下ってくる展開でした・・・。なんじゃこれ?と唖然と
しましたが、今日に向けて体力温存。FOMC見たら今日仕事にならないのでライブでは
見てませんでした。

1.1076レベルまで反落はしましたが、既に1.1188まで跳ねて上の扉が開いたわけで、
1.12台もそんなに先の話じゃないかもですね・・・。1.12と書いた本人が正直ビックリ
した次第です。昨日到達してたら笑うしかないですねぇ。

日銀の金融緩和、あるわきゃないし・・・・と思ってます。海外がまだ多少は期待して
いる輩がいるのかもしれませんが、今の日本の状況と新しくコミットした2年2%、
しかももうちょっと先に伸びる可能性も・・・とすぐにコメントしたぐらいですから、
そうやすやすと金融緩和なる伝家の宝刀は抜かないでしょ。

ドルの上値がいよいよ重たくなって119.50できっちりキャップがはまってます。昨晩の
119.30-36の重たさも当然抵抗線。今朝方の高値119.152も戻り売りのターゲットになりうる
と考えます。まだ資本筋の買い切り玉が118.65以下入っている可能性が高いと考えるので、
利食いはしっかりと行いたいと思います。

日銀が何もしないなら、海外勢が確認後円買いしてくる可能性に注意かと思っています。
本日もよろしくお願いいたします。
ドル円は119円台10にかけて戻り売り方針。欧州が出てくるまでは1.10台後半はユーロ
ドル押し目買い回転で。




ドル円 売り
ドル円は119.080、119.180で売りから。ストップは119.510に置きながら、118.650、
118.530でしっかりと買い戻す方針。

レンジ 118.500(118.650)--(119.100)119.200  作成時 118.950-953 10:26AM


ユーロドル 買い
ユーロドルは1.10850、1.10750で買いから。ストップは1.10550に置きながら、1.11450、
1.11650で利食いする回転をイメージ。

レンジ 1.10650(1.10850)--(1.11450)1.11650 作成時 1.11213-218 10:29AM


ユーロ円 買い
ユーロ円は131.850、131.750で買いから。ストップを131.500に置きながら、132.550、
132.650で利食いするような回転をイメージしました。

レンジ 131.700(131.850)--(132.550)132.700 作成時 132.292-300 10:30AM


ポンド 買い
ポンド円は183.220、183.100で買いから。ストップは182.850に置きながら、183.850、
184.000で利食いする回の回転をイメージしました。

レンジ 183.050(183.250)--(183.850)184.000 作成時 183.543-556 10:59AM

対ドルは1.54050、1.53950で買いから。ストップは1.53700に置きながら、1.54750、
1.54950で利食いするイメージです。

レンジ 1.53850(1.54050)--(1.54750)1.54950 作成時 1.54364-377 10:43AM

豪ドル 売り目
豪ドル円は95.350、95.450で売りから参入するイメージですが、それほど自信も無く、
今日は指値は置かないようにします。95.650でストップ、94.850、94.750で買い戻しを
イメージしました。

レンジ 94.750(94.850)--(95.350)95.450 作成時 95.008-017 11:00AM

対ドルは0.79800、0.79700で買いから。ストップは0.79550に置きながら0.80550、
0.80800で利食いするような回転をイメージしました。

レンジ 0.79700(0.79800)--(0.80550)0.80800 作成時 0.80017-029 10:51AM

ニュージードル 売り目
ニュージー円は90.900、91.000で売りからイメージしましたが、指値は置きません。
ストップは91.250に置きながら、90.250、90.150で買い戻しをイメージしました。

レンジ 90.150(90.250)--(90.900)91.000 作成時 90.547-561 11:02AM

対ドルは0.75900、0.75750で買いから参入する方針。ストップは0.75500に置きながら、
0.76750、0.76850で利食いするような回転をイメージ。

レンジ 0.75750(0.75900)--(0.76750)0.76900 作成時 0.76229-246 10:52AM






新規口座開設はこちら

ブログランキングに参加しています!応援クリックお願いします!
ブログランキング ポンド円FC2


------------------------------------------------------------
■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品
ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果
(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって
注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。
特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が
高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアや
ポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければ
ならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。
スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が
高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人の
お客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)× 4%の額となり、レバレッジは、
想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、
1Lotあたり500円となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので、
それぞれの値が変動することにより、レバレッジも変動します。店頭バイナリーオプション取引
「MTBO」は、判定時刻の為替レートが、当社の設定した最大7本の権利行使価格から、お客様が
選択された権利行使価格よりも、上昇するか下降するかを予想するヨーロピアンタイプのラダー
バイナリーオプション取引です。最大損失額は、オプションの取得対価の全額となります。
取引単位は1ロット(1ロット当たりの価格は0~1,000円)、1回の取引あたりの最大取引単位は
50ロットとなります。手数料は無料です。オプションの購入後において、取引をキャンセルする
ことはできません。購入したオプションを取引可能期間前に清算(売却)をすることはできます。
但し、購入価格と清算価格にはスプレッドがあり、清算時に損失を被る可能性があります。
「MTBO」は投資額に比べて大きな利益を得る可能性がある反面、投資元本の保証はなく、お客様
にとって為替レートが不利な方向に変動することにより投資元本の全てを失う可能性のある
リスクが高い金融商品です。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引および店頭
バイナリーオプション取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インター
ネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。
また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。
お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身
の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。

関東財務局長(金商)第238号 / (社)金融先物取引業協会 会員番号1503 金融商品取引業者 JFX株式会社

■このレポートは情報提供を目的とし、投資の断定的判断を促すものではありません。お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。この情報により生じる一切の損害について、当社は責任を負いません。本レポート中の意見等が今後修正・変更されても、当社はこれを通知する義務を負いません。著作権はJFX株式会社に帰属し、無断転載を禁じます。

■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、想定元本(為替レート×取引数量)×1%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大100倍となります。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



copyright c 2016 FXブログ|小林芳彦のマーケットショット all rights reserved. powered by FC2ブログ.