情報提供を目的としており、お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。

未分類 > 05/04のツイートまとめ

05/04のツイートまとめ

JFXkobayashi

@U14741 ケーブル様 最初の買いで損切りを覚悟しましたが、なんとか戻してくれたので、今度はあやとりのショートに行ったまで。決め打ちのショートではなく、少しでも損失を埋められたらという類のショートであり、それだけ強い相場観ではありませんでした。気を取り直して頑張りましょう!
05-04 19:48

133.8681.11369  多くは望まないから これで結構。おいしく利食いしました。
05-04 18:32

さっきまで苦しんでいたユーロドルとユーロ円、ショート新規で振ってみた。1.11493、133.982です。さあ、下がるかな?さっきドキドキさせてくれたから、今度はわくわくさせてね・・・。まずはユーロ円、いい子です。133.869、1.11400・・止めようかな?利食い出来る。
05-04 18:30

<限定企画>米ドル円取引高キャンペーン実施中!!米ドル円取引高キャンペーンの詳細はこちらhttp://t.co/PU2hFLaxi6 http://t.co/Zl7LFQfx2R
05-04 18:09

朝から指値を入れていたのは…ヒューロ円じゃなく、ユーロ円です。知らずにhに触ってるんだ。知らなかった!
05-04 18:05

ところだったので、助かりました。一気にずどんと落ちていたらと思うとラッキ~でした。しかしもっと前に下げてくる段階で買いを外して売りポジ建てるとかできたら最高だったんですが、じっと見てないとそれは不可能なのでやられずに撤退で来たことだけでも感謝でした。
05-04 18:03

入っていたので反発を待って、1.11510まで戻したところで利食いで撤退。ユーロ円も133.947まで引っ張れてなんとか利食いで終了。133.92台で止めるつもりでいたら伸びてくれたので助かりました。ふ~。1.1120と133.70付いてたら両方で110ピップスの負けになる
05-04 17:53

ユーロドルは1.11403で買い増し。(ave 1.114765) ユーロ円も133.820で買い増し。(さすがにストップは133.750を700まで5銭だけ下げました。)(ave 133.930) 1.11200ではストップが入っていたし、ユーロ円も133.700でストップが
05-04 17:48

朝から指値でユーロドル1.11550、ヒューロ円は134.040で指値買い入れていた。午後5時前はユーロドルが0.1ピップ届かず不成立。ユーロ円は成立後134.131まで戻していたが…午後5時からユーロドルが下落。連れてユーロ円を含み損へ。どうしようかひっくり返す気にはならず
05-04 17:46

ユーロドルが1.11373まで下抜けて、ユーロ円も重たくなってしまった感じです。ユーロドルがどこで下げ止まるかを見ないと買いから入りにくいですね。ユーロ円は134.00-10ゾーンが非常に重たくなった感じです。ユーロドルも1.1155-60が重たくなってしまいました。
05-04 17:16

まもなく15:30よりミニLive!を放送致します。是非ご覧くださいませ。http://t.co/wxdlBPQnkg http://t.co/UFPEtQajbZ
05-04 15:23

なんだか大台、間違ってました。失礼しました。訂正ツイート流してます。
05-04 12:41

ドル円って値動き見ると、先週金曜日は120.10以下NYで下らなかったわけだが、今朝方は薄い中で120.10割れにストップ売りが入っていたものを引っ掛けただけに見えるがな。それでも120.00は今のところ割れない。119円台を売り下るイメージもないし120円台で買う気もない。
05-04 12:41

本日5/4(月)15:30~15:45にミニLIVE!を放送いたします。是非ご覧くださいませ。http://t.co/wxdlBPQnkg http://t.co/rKJbXNYt65
05-04 09:48

@mammamia650621 weekではなくseek 探しなさいということですね。ウィーク( whiーku)と打ちたくて shiーku と打って シークになってしまいましたが、金色の、反映しているものを探すのは何もお金に限らないのかもしれませんね。ありがとうございました。
05-04 09:25

誤字多し。ゴールデンシーク → ゴールデンウィーク sとwのうち間違いですね。失礼しました。まだあるかな?
05-04 08:58

にはまるで付いて行けていない。というかポンド円のこの上下の動きについて行ける人がどれだけいるのかといった印象です。今日を含め、アジアの流動性は低下しています。この時間帯は無理せず、欧州時間から始動する形でよいのでは。本日もよろしくお願いいたします。
05-04 08:39

様子見としました。朝方の183.30~40台から184.478まで上がりましたから買いだったんでしょうが、その後181.782まで急落しており戻り売りイメージを作れても、朝やっていたら売った後、これだけ上がっているのでストップが付いたでしょう。その後の暴落ですから、相場の動き
05-04 08:36

なっていることから、ユーロドルは押し目買いでイメージしたほうが良さそうに思います。ちょっとこのところの上昇スピードが速かっただけに多少の調整・反落を待って押し目買いするスタンス。金曜日、オセアニア円は明確に売りとしましたが、ポンド円は買いじゃないけど、売りのポイントが判らず
05-04 08:33

は正しく、マダ1.1200を挟んで上下やるというラフなイメージが正解だったなと思いました。今1.11751にある90日移動平均線がサポート。日足の雲上限は1.10711でそれまで上値を6回止めていた1.1050とあわせて強いサポート。ドルインデックスが目先下値トライの流れと
05-04 08:29

今120.15-20では売りも買いもイメージできないので、相場を模様眺めします。ユーロドルは上がり下がりの激しい相場で、欧州時間からNYにかけてユーロ買いで取れた参加者はNYの後場吐き出して終了のケースが多かったと思います。これは難しい。簡単には1.13には乗らないというイメージ
05-04 08:23

119.95-75は一旦買い場探ししたいとイメージしますが、120円台前半を正直言って買いたいとは全く思わず、売るのもぴんと来ず手出しせずにしばらく様子見かな?と思っています。今日のアジアでポジションが傾くようなら欧州時間以降で相場が見えてくる時間もあるでしょう。
05-04 08:19

売り上がった人のショートがまだ残っている感じが強く、先週もNYで最初に120.25タッチの後120.10が割れない動きでその後高値29までタッチした展開でした。今朝も120.10は割れておらず高値圏で推移中というか、東京がゴールデンシークで休場のため模様眺めとなっています。
05-04 08:16

お早うございます。4月30日東京時間に118.50まで売り込んだ相場が5月1日NY時間には120.29まで反発してドル調整売りをイメージしていた人のストップをかなり巻き込みました。短期トレーディングで118円台のショートは残っていませんが、5月1日に119.75-95で
05-04 08:13

関東財務局長(金商)第238号 / (社)金融先物取引業協会 会員番号1503 金融商品取引業者 JFX株式会社

■このレポートは情報提供を目的とし、投資の断定的判断を促すものではありません。お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。この情報により生じる一切の損害について、当社は責任を負いません。本レポート中の意見等が今後修正・変更されても、当社はこれを通知する義務を負いません。著作権はJFX株式会社に帰属し、無断転載を禁じます。

■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。為替リスク想定比率は、通貨ペアごとに異なり、当社では、原則として一般社団法人金融先物取引業協会が金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1項に規定される定量的計算モデルを用いて算出する数値を利用します。なお、為替リスク想定比率は、原則として1週間ごとに見直しが行われ、レバレッジは、為替リスク想定比率の逆数(想定元本÷必要証拠金)となりますので、1週間ごとに変動します。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



copyright c 2016 FXブログ|小林芳彦のマーケットショット all rights reserved. powered by FC2ブログ.