情報提供を目的としており、お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。

未分類 > 06/26のツイートまとめ

06/26のツイートまとめ

JFXkobayashi

@junichi_fx 淳一さん ギリシャ関連のニュースが出てきますが、どれも信憑性に欠けて何が正しいのかわからず、ユーロをトレードできなくなっているんじゃないでしょうか?もううんざりしてるんですよ、きっと。
06-26 21:29

@mia_fx 中国の株式急落で損失を被る人が増加、中国の景気減速、豪ドル売りの連想で豪ドルは下っていましたが、0.7680割れでストップを引っ掛けたものと思われます。来週も弱いかもしれませんね。
06-26 21:27

@dandykawase 実は独ハンデルスブラットが報じた支援用意のニュースが昨日の会合書類の一部からの抜粋だったらしいと伝わっていて、この後交渉は決裂しているため、条件をギリシャが呑めなかったという観測がありますが、この案というのは再度提案が条件を変えて今あったんでしょうか?
06-26 21:00

はい、ぐーの音も出ません。おっしゃる通りです。 https://t.co/Ym33b8LXEN
06-26 20:54

@savetheclock ありがとうございます。これからもよろしくお願い申し上げます。「フォースと共にあらんことを  May the force be with you ! 」
06-26 20:17

@savetheclock 122.50は相当に固いサポートですし、昨日今日の動きでは123.20台から既に123.00にかけて買いも並んでいるように見えます。ポジションを軽めだったらストップを置いてやってみても面白いですね。
06-26 19:45

@yukifune ありがとうございます。熱い風呂にでも入って早めに寝ましょうかね。明日も実は仕事が入っているので。喉は痛くはないので大丈夫かと思います。では良い週末を!
06-26 19:42

ドル円も上値が重たい。戻りそうで123.50を2回も失敗している。やはりリスク回避でクロス円、ユーロ円が売られているため、ドル円の上値は重たい感じです。負けてはいないんですけど、今日はなんだか、パッとしない一日でした。週末だし夕方から、もういいかな?と積極性がなくなってました。
06-26 19:30

スロバキアの カジミール財務相 「誰もがうんざりしている。・・・」はっきり言って市場の人間はなんだかどうでもよくなってきたというか、土日で話し合いの結論が出てきても、月曜早朝に動いても何も出来ないから、急激にやる気がなくなった感じ。 https://t.co/DX4ntsYlbH
06-26 17:39

@anamiler TK@ANAmiler様 私も遅延でも1ヶ月の猶予があるから7月末が期限かと6月はじめは考えていたのですが、ラガルド氏が7月1日には「一部分のデフォルト」と話しました。他の文献・発言を探します。IMFは6月末に返済がなければデフォルトと言う表現をしたはずです。
06-26 15:59

ドル円が123.65近辺で売りから入りたいとイメージして先に40銭も下げられたから、クロス円も全く参入水準と違うので、こんなものは指値置いといても何の意味もないから消そうかと思いましたがまあ、欧州の最初ぐらいまでは置いておきましょうか。さあ、遅いお昼です。
06-26 12:57

29台利食いと全て買いから!123.20台のロングを持たないまま宅急便が来て、戻ってきたら123.33台に上昇。買えないまま123.37台に至るなどある意味全く流れに乗っていないトレードの連続。123.55からみても30銭も下ったんだからと思うが売れなかったものはしょうがない。
06-26 12:53

売りで考えていたドル円でしたが、全く売れないまま、先に123.45へ。結局何をやったかと言ったら123.36台買って36台で逃げて、32台買って32台で逃げて26台買って27台で逃げて23近辺は流石に買えず見逃し。25台買って28台利食い、27台買って28台利食い、26台買って
06-26 12:50

多くのお客様の強いご要望にお応えして、米ドル円取引高キャンペーン開催中です!!ご条件を満たされた方には、最大で1000万円キャッシュバック。是非、ご参加ください。http://t.co/LY53iyl7VR http://t.co/lJCK1MmRO0
06-26 10:56

せめて123.65ぐらいまで戻してからドル円下って欲しかったな。全く売れてませんが、まあ、仕方ない。追いかけつもりはないです。123.35~75コアレンジで。
06-26 10:36

この点は、譲れないでしょう。ヘアカットもドイツの強硬な反対で厳しいでしょう。 https://t.co/tXEpjH6VIf
06-26 10:32

@tonythenife やはり、基準に足りない国は入ってはいかんのですよ。とんでもない出来の悪い子ですな、ギリシャは。性質がわるい。
06-26 10:24

気になって、ポジションは非常に取りづらいですねぇ。どうしようかな、ドル円で売り回転のスキャを考えますかね?
06-26 09:33

今日のイメージは、何だかんだ言っても最後にはギリシャが折れる。ユーロから離脱はしないとの公約に従って、苦渋の選択をしたという体裁を整えてギリシャが合意するから本来はユーロ買戻し優勢なんでしょうが、上がるのかな?ドル円は上値が重たく戻り売りスタンスだとは思いますが、全て週末が
06-26 09:31

も多いと思います。しかも土日じゃ、市場は開いてない。決め打ち博打ポジションを取って持ち越すのか、スクエアで越えるのか、良く考えてみましょう。「29日の欧州市場が開くまでギリギリ時間はある!」などという展開はぜひ避けていただきたいですね。体が壊れます。本日もよろしくお願いいたします
06-26 09:26

に気分的になりますからね。もうあとがありません。土曜日の会合に期待しましょう。EU当局者「明日のユーロ圏首脳会議はない」「土曜のユーロ圏財務相会合で合意しなければならない」で今日は会議は行われないことがはっきりしています。昨日のドタバタは一体なんだったんだ!と怒っている市場参加者
06-26 09:23

モスコビシ欧州委員(経済・通貨担当)「引き続き年金・VAT(付加価値税)が焦点」と言っているのに火に油を注ぐようなスクルレティス・ギリシャ労働相の「年金は予定どおり支払いへ」あれ~。確かに年金支払いが滞れば受給者は大変ですが、債権団にしてみれば、「おい、払うんかい!金返せや!」
06-26 09:20

発言のほうが実態に近いんだろうなと思います。ヒモ的な人間がよく言う根拠のない時間稼ぎの嘘に聞こえてしまうツィプラス・ギリシャ首相の「9月には年金の大幅な改革が可能」。「大きな金が入るから、今お金貸して!」に通じると私には聞こえてしまいますがね。しかも、争点は
06-26 09:18

昨日伝わったメルケル独首相の「ブリュッセルにおけるギリシャ協議、後退しているようにみえる」とオランド仏大統領「ギリシャ合意は必要であり、可能」「ギリシャ合意は遠くない」が全く違う内容でビックリしますが、その他の要人発言をみると、首脳がいらだっていることは明らかでメルケル首相の
06-26 09:14

話し合いを続ける」と語ったそうですが、日曜日28日を過ぎて話し合いを続けてくれる相手はいないのではないかと危惧します。6月5日のIMF 支払いを月末にまとめたIMF融資の返済期限が30日に到来します。週末に合意が得られなければ、金融支援を得られずギリシャはデフォルトに陥ります。
06-26 09:11

各首脳に訴えたとのこと。各首脳らはギリシャの支援協議は財務相会合で行われるべきであるという立場を貫き、首脳が介入することを拒否したとのことです。ギリシャのバルファキス財務相は、ユーロ圏財務相会合後、「債権団は自らの案とギリシャの案の両方を再度精査する。解決策が見つかるまで
06-26 09:08

メルケル首相は合意を望むも、「ギリシャの脅迫は受けない」と発言。メルケル首相とショイブレ財務相は29日に議会に交渉の経緯を報告し、30日に連邦議会で採決を行う必要があります。債権団の改革案を受け入れるよう求められたチプラス首相は、ギリシャの運命をIMFに任せず、責任を取るよう
06-26 09:06

お早うございます。結局ギリシャは結論です土曜日に持越しです。ドイツの「メルケル首相は、欧州人民党(EPP)幹部にギリシャ支援協議について来週29日の金融市場の取引開始までに合意する必要があるとの考えを示した」と、会合に出席していた複数の関係筋が明らかにしました。
06-26 09:04

@fuku__taro @dandykawase みんな疲れきってますよね。しかも昨日未明から今日は財務相会合は行われないことがはっきりしており、全ては土曜日一発に賭ける!一体昨日のどたばたはなんだったんだ!やらなきゃ良かったと思っている人、いっぱいいそうです。
06-26 08:56

関東財務局長(金商)第238号 / (社)金融先物取引業協会 会員番号1503 金融商品取引業者 JFX株式会社

■このレポートは情報提供を目的とし、投資の断定的判断を促すものではありません。お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。この情報により生じる一切の損害について、当社は責任を負いません。本レポート中の意見等が今後修正・変更されても、当社はこれを通知する義務を負いません。著作権はJFX株式会社に帰属し、無断転載を禁じます。

■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、想定元本(為替レート×取引数量)×1%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大100倍となります。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



copyright c 2016 FXブログ|小林芳彦のマーケットショット all rights reserved. powered by FC2ブログ.