情報提供を目的としており、お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。

未分類 > 06/28のツイートまとめ

06/28のツイートまとめ

JFXkobayashi

今日は凄く新鮮なするめイカがあったので、イカ刺し作った!最初イカ素麺にするつもりで包丁も砥いだんだけど、だんだん面倒くさくなって、自分のはイカ刺しになった・・・。みみと足はみりん醤油に漬けてバター焼きに今晩しましょう。ちょっと今からお昼寝。と言うか夕寝です。
06-28 17:07

@yukifune 無能な政治家としてギリシャ政治史だけでなく、為替市場にも名を刻んだと思いますね・・。ギリシャ国民が緊縮財政を選べば、もう一回支援協議の開始・決定はありうるとみます。その場合にはユーロ反動買い戻し(7月6日)には十分注意が必要ですが、7月3日米国休場・仏滅だし!
06-28 10:31

@yukifune 流石です。10%のリスクを心配されていましたからね。支援打ち切りを発表されると考えていなかったんじゃないかと思います。国民投票実施する前にデフォルト宣言くらいますから、どう見ても国民投票するにしてももっと前にすべきだった。自分で判断がつきかねて時間だけ失った
06-28 10:26

@orangecounty117 と思われるのですぐにユーロが買い戻されることにはならないと思っています。あとに同じような国が続かないとは言い切れませんし。観光収入が大事なギリシャでユーロ離脱は他欧州からの観光客が両替を含め極めて面倒くさく、たっだら別な国に行く人増えて大打撃!
06-28 10:22

@orangecounty117 離脱すれば、ユーロは大きく戻す可能性がありますが、離脱することで、欧州が抱える地政学的なリスクが飛躍的に増大します。さらには、実際に離脱するにしても、現在はドラクマが流通していないので、新通貨に移行するのに準備が相当かかります。数ヶ月では足りない
06-28 10:18

今回のツィプラス首相の読み間違いは、「少しぐらいは待ってくれるだろう?7月5日に国民投票をやるんだから。」と言う一種の甘え。国民投票をやるならもっと前にやっておけば良かったのに、かたくなに拒んだことだと思う。経験不測の首相を選択したギリシャ国民が背負う負担はあまりに重たいた思う。
06-28 10:09

7月5日に国民投票を実施する旨を宣言し、6月30日支払い期限を延長する要請を出す構えだったツィプラス首相でしたが、ユーロ圏会合はこれを拒否。ギリシャ支援は延長されず、ギリシャはデフォルトに直面することとなりました。 https://t.co/ujcs5AjKb0
06-28 02:29

関東財務局長(金商)第238号 / (社)金融先物取引業協会 会員番号1503 金融商品取引業者 JFX株式会社

■このレポートは情報提供を目的とし、投資の断定的判断を促すものではありません。お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。この情報により生じる一切の損害について、当社は責任を負いません。本レポート中の意見等が今後修正・変更されても、当社はこれを通知する義務を負いません。著作権はJFX株式会社に帰属し、無断転載を禁じます。

■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、想定元本(為替レート×取引数量)×1%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大100倍となります。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



copyright c 2016 FXブログ|小林芳彦のマーケットショット all rights reserved. powered by FC2ブログ.