情報提供を目的としており、お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。

マーケットショット > 「 ドル円は押し目買い。ユーロドル・ユーロ円は買い目様子見。その他通貨ペアは売り目様子見。 」

「 ドル円は押し目買い。ユーロドル・ユーロ円は買い目様子見。その他通貨ペアは売り目様子見。 」

今年もJFXの夏が来た!!スパイス香る!豪華3種のカレープレゼントキャンペーン!



☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆

「 ドル円は押し目買い。ユーロドル・ユーロ円は買い目様子見。その他通貨ペアは売り目様子見。 」

☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆
--------------------------------------------------------------------------------------

7月3日

7月2日の概況


お早うございます。朝方の散歩はまだ雨は小降りでしたが、今はかなり強く降って
来ましたね。家の前を気が付かない振りして通り過ぎようとするわんこをダメ出し
して帰って来ました!

さて、注目された米雇用統計!失業率こそ5.3%と2008年4月以来の低い水準でしたが、
平均時給が伸び率ゼロと予想+0.2%から見て低く、米利上げの9月予想が下っています。
直前にインターバンクで123.75高値を擦っていたようでしたが、平均時給ですぐに
売られ始めて123円台前半へ。もみ合いとなりましたが、122円台ではビッドしっかり、
123.30-35ぐらいまで戻すかな?と思ってその旨雇用統計Live!でお話しましたが、
戻りは123.25近辺まで。

その後もう一回売り込まれて122.96安値をつけましたが、そこから頑として崩れない。
123.20手前まで戻し明け方もう一回下げても123.00は割れず、123.05でNYは引けて
います。下値が固かった印象です。

ユーロドルは1.1051安値から1.1122まで吹き上がりましたが、戻り売りに潰されて
1.1080割れへ。ギリシャの7月5日の投票の件があるため、積極的にユーロドルを取引
していない参加者、本日が米国市場が休場であるため取引を抑えた参加者が多かった
模様です。

今回のギリシャのドタバタはごねて譲歩を引き出すツィプラス首相の戦術が実は上手く
行っておらず、唐突な国民投票の話で「欧州でもっとも怒らせてはいけない女性」
に対し正面切って反旗を翻した結果、ことごとく考えた姑息な計画を潰されて退路を
断たれた印象です。

本当に国民投票を行いたかったのか、あえてはったり・威嚇の意味合いもあった
(途中で引っ込めるつもりだったかもしれないが、流れで実際に国民投票を行うこと
となってしまった。)気もします。勿論反緊縮を掲げて選挙に当選した首相ですから、
自ら債権団の話に乗るわけには行かず、国民の審判にゆだねると言えば格好がいい
ですが、実は責任放棄の丸投げするための投票と言うのが主な理由でしょうけど。

しかしメルケルはじめ、ユーロ圏首脳は乗ってこなかった。譲歩どころか、交渉の
テーブルについても、話し合うと言うスタンスではなくなりました。完全に切れたん
ですね。6月30日期限ギリギリにギリシャが出した案も突っぱねて、譲歩どころか
5日の投票が済むまでは一切協議に応じない姿勢をメルケルがいち早く表明。
ショイブレ財務相も「(書簡を)読んでない!」と一蹴。名前はブレても、態度は
ぶれず!

ここに来て、投票でNOに入れるように国民にTVを通じて呼びかけるツィプラス首相を
見て欧州首脳は「腐ってやがる・・・」と余計態度を硬化させたと思います。これで
まだYes-Noが拮抗していて結果は蓋をあけてみなければわからないとの事ですが、Noと
なったら、ギリシャの金融機関に対する流動性供給が止まり、預金が果たして守られる
のかどうかも判らなくなる。給与・年金も支給がいつまで現状のまま続けられるのか
判らないなど、国民の生活が脅かされる事態になる可能性が高いでしょうから、
次第にYes派が増えるのではと思っています。

この場合、月曜日早朝に、NY引けから見て当然上窓を開けてユーロドルがスタート
ですが、1.12台半ばが精一杯で1.13越えは想定していません。跳ねたら戻りは売ろうと
する連中が多いと思います。Yesでツィプラス・バルファキスが退陣するでしょうから、
後継内閣がどうなるのか、EUの緊縮案は誰といつぐらいから協議を開始するのか、7月に
期日到来するもろもろの支払い期日をクリアできるのかなど売り材料に事欠かないから
です。

まかり間違ってNOとなったら1.09~1.085ぐらいまででは止まると思いますが、下窓を
開けると常識的に判断します。1.0820-1.0850のサポートゾーンが割れたりすると・・・・
1.0650まで強いサポートがなくなってしまいます。どちらにしてもイベントリスクを
避ける参加者が多くなるでしょう。本日はNY休場。そのため欧州・ロンドン市場も
小動きの可能性が高く、流動性には十分ご注意下さいませ。本日もよろしくお願い
いたします。

それにしても凄い音だな。大降りだ。スーツで会社行きたくない・・・・。




ドル円 押し目買い
ドル円は 122.700、122.600で買いから。ストップは122.300に置きながら、123.100、
123.200で利食いするような回転。無理に高いところは買いたくない。

レンジ 122.500)122.650--(123.150)123.300 作成時 122.922-925 10:24AM


ユーロドル 買い目様子見
ユーロドルは イベントリスクを避ける意味で様子見。
基本は国民投票でYes派が増えればジリ高に推移する方向だと思うので、買いからの
イメージですが、やりません。

レンジ 1.10300(1.10450)--(1.11350)1.11500 作成時 1.10851-856 10:35AM


ユーロ円 買い目様子見
ユーロ円は136.100、135.950で買いからのイメージですが、指値せず。上値は136.850、
137.000のイメージです。

レンジ 135.950(136.100)--(136.850)137.000 作成時 136.342-350  10:44AM

ポンド  売り様子見
ポンド円は 192.450、192.650で売りイメージ。ストップは192.850でイメージ。191.700、
191.500で買い戻しだが今日は指値せず。あまりトレードする気になりません。基本
様子見です。

レンジ (191.500)191.700--(192.450)192.600 作成時 191.959-972 11:53AM

対ドルは 1.56400、1.56600で売りから。ストップは1.56900に置きながら、1.55850、
1.55650で買い戻しを図る方針。

レンジ 1.55600(1.55850)--(1.56400)1.56700 作成時 1.56115-128 10:53AM


豪ドル 売り様子見
豪ドル円は 93.950、94.150で売りから。ストップは94.300に置きながら、93.450、
93.300で買い戻す回転をイメージ。
今日は指値せず。あまりトレードする気になりません。基本様子見です。

レンジ 93.300(93.450)--(93.950)94.150 作成時 93.531-540 10:52AM

対ドルは0.76400、0.76600で売りから。0.76900でストップを置く。0.75800、0.75600で
利食いするイメージ。

レンジ 0.75600(0.75800)--(0.76400)0.76600 作成時 0.76019-031 10:56AM

ニュージードル 売り様子見
ニュージー円は 82.850、82.950で売りから。ストップは83.200に置くイメージ。
利食いは82.250、82.100でイメージしますが、今日は指値せず。
あまりトレードする気になりません。基本様子見です。

レンジ 82.100(82.250)--(82.850)82.950 作成時 82.603-617 10:54AM

対ドルは0.67500、0.67600で売りから参入する方針。ストップは0.67900に置きながら、
0.66850、0.66650で買い戻しを図る方針。

レンジ 0.66650(0.66850)--(0.67500)0.67600 作成時 0.67158-175 10:59AM



新規口座開設はこちら

ブログランキングに参加しています!応援クリックお願いします!
ブログランキング ポンド円FC2



------------------------------------------------------------
■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品
ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果
(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって
注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。
特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が
高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアや
ポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければ
ならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。
スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が
高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人の
お客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)× 4%の額となり、レバレッジは、
想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、
1Lotあたり500円となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので、
それぞれの値が変動することにより、レバレッジも変動します。店頭バイナリーオプション取引
「MTBO」は、判定時刻の為替レートが、当社の設定した最大7本の権利行使価格から、お客様が
選択された権利行使価格よりも、上昇するか下降するかを予想するヨーロピアンタイプのラダー
バイナリーオプション取引です。最大損失額は、オプションの取得対価の全額となります。
取引単位は1ロット(1ロット当たりの価格は0~1,000円)、1回の取引あたりの最大取引単位は
50ロットとなります。手数料は無料です。オプションの購入後において、取引をキャンセルする
ことはできません。購入したオプションを取引可能期間前に清算(売却)をすることはできます。
但し、購入価格と清算価格にはスプレッドがあり、清算時に損失を被る可能性があります。
「MTBO」は投資額に比べて大きな利益を得る可能性がある反面、投資元本の保証はなく、お客様
にとって為替レートが不利な方向に変動することにより投資元本の全てを失う可能性のある
リスクが高い金融商品です。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引および店頭
バイナリーオプション取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インター
ネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。
また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。
お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身
の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。

関東財務局長(金商)第238号 / (社)金融先物取引業協会 会員番号1503 金融商品取引業者 JFX株式会社

■このレポートは情報提供を目的とし、投資の断定的判断を促すものではありません。お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。この情報により生じる一切の損害について、当社は責任を負いません。本レポート中の意見等が今後修正・変更されても、当社はこれを通知する義務を負いません。著作権はJFX株式会社に帰属し、無断転載を禁じます。

■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。為替リスク想定比率は、通貨ペアごとに異なり、当社では、原則として一般社団法人金融先物取引業協会が金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1項に規定される定量的計算モデルを用いて算出する数値を利用します。なお、為替リスク想定比率は、原則として1週間ごとに見直しが行われ、レバレッジは、為替リスク想定比率の逆数(想定元本÷必要証拠金)となりますので、1週間ごとに変動します。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



copyright c 2016 FXブログ|小林芳彦のマーケットショット all rights reserved. powered by FC2ブログ.