情報提供を目的としており、お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。

未分類 > 07/12のツイートまとめ

07/12のツイートまとめ

JFXkobayashi

RT @FXcircle: 一方、メルケル独首相はギリシャの財政改革実行に不信感を示しつつ、「どんな代償を払ってでも合意するということはない」と述べました。ギリシャのチプラス首相は、「皆が望めばきょう、合意できる」と支援再開へ期待を込めました。
07-12 23:55

RT @FXcircle: オランド仏大統領は記者団に、「ギリシャのユーロ離脱は欧州の後退を意味する。今夜合意するためにあらゆることをやるつもりだ」と強調。ユンケル欧州委員長も、「最後の瞬間まで合意のために闘う」と述べ、支援への大筋合意へ全力を尽くす姿勢を強調。
07-12 23:54

@cadillac600 @okasanman 公安警察って・・・罪状は国家反逆罪ですからね、そりゃ誰も売らんわ。一族郎党連座かな?資産没収で、強制労働キャンプ 行きの可能性が高い気がする・・・。
07-12 18:24

複数の関係筋によると、ギリシャのユーロ圏離脱という選択肢には触れなかった。(終)
07-12 13:19

一時的なユーロ圏離脱とい「2つの道」を提案している。ただ、望ましい選択肢はギリシャが改革を実施してユーロ圏にとどまることだという。 ショイブレ財務相は11日のユーログループ(ユーロ圏財務相会合)で、新たな支援に向けた交渉を再開するにはギリシャの一段の措置が必要と強調したが、
07-12 13:18

ドイツ連立与党筋によると、メルケル首相、ガブリエル副首相、ショイブレ財務相の会談後にまとめられた。文書はギリシャの改革案について「最も重要な改革分野」が欠けているとし、「より持続可能な解決策が必要」と指摘。一段と厳しい対策をギリシャに強いるか、
07-12 13:18

<ロイター>ドイツ政府は、新たな支援を求めてギリシャが提出した改革案が改善されない場合、ギリシャを一時的にユーロ圏から離脱させて債務減免を行うことを提案している。ロイターが入手した文書で明らかになった。同文書は最初に独フランクフルター・アルゲマイネ紙(日曜版)が報じたもので、
07-12 13:18

複数の関係筋によると、追加措置には労働市場慣行に関するより積極的な改革や、一段の年金改革、競争を制限している製品市場の改革などが含まれている。 また、一部の財務相はギリシャが提案した付加価値税(VAT)引き上げについて13日にも法制化に動くよう求めている。(終)
07-12 10:14

ユーログループは、ギリシャのチプラス首相が3年間の金融支援を求めて示した改革案のほかにも同国が取るべき行動があるとし、そのリストを盛り込んだ共同声明の策定を進めている。財務相らは一段の財政改革に加え、ギリシャが約束を破らないとの確約を得るために即時の立法措置を求めたい意向。
07-12 10:14

ユーログループのデイセルブルム議長は記者団に対し、約9時間に及んだ11日の会合後、協議について引き続き「非常に厳しい」と述べた。 一方、フィンランドのストゥッブ財務相は「うまく進展している」との見解を示した。他の財務相はコメントを控えた。
07-12 10:13

<ロイター>ユーログループ(ユーロ圏財務相会合)は11日、ギリシャが示した財政改革案について協議したが、新たな支援に向けた交渉を再開するにはさらなる措置が必要だとし、結論を出さずいったん終了した。12日0900GMT(日本時間午後6時)から協議を再開する。
07-12 10:13

関東財務局長(金商)第238号 / (社)金融先物取引業協会 会員番号1503 金融商品取引業者 JFX株式会社

■このレポートは情報提供を目的とし、投資の断定的判断を促すものではありません。お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。この情報により生じる一切の損害について、当社は責任を負いません。本レポート中の意見等が今後修正・変更されても、当社はこれを通知する義務を負いません。著作権はJFX株式会社に帰属し、無断転載を禁じます。

■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。為替リスク想定比率は、通貨ペアごとに異なり、当社では、原則として一般社団法人金融先物取引業協会が金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1項に規定される定量的計算モデルを用いて算出する数値を利用します。なお、為替リスク想定比率は、原則として1週間ごとに見直しが行われ、レバレッジは、為替リスク想定比率の逆数(想定元本÷必要証拠金)となりますので、1週間ごとに変動します。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



copyright c 2016 FXブログ|小林芳彦のマーケットショット all rights reserved. powered by FC2ブログ.