情報提供を目的としており、お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。

未分類 > 07/30のツイートまとめ

07/30のツイートまとめ

JFXkobayashi

抜けるときにはつるっと抜けて124.85ぐらいまでは上がるのかなと漠然と思っています。125.00にはかなりいろいろな売りが集まりやすいと思うので一回では抜けないのかもしれませんが、口先介入的なものはないだろうと考えています。今さらながら122円台買いたかったなぁと思います。
07-30 20:13

前にも書いてみましたが、124.50という「黒田シーリング」なる抵抗ですが、これは単なる心理的な抵抗線に過ぎないと思っているんですが。前回ギリギリ届かなかったため、確かに利食いが124.45近辺では入りやすいですが、特にお上が意識しているなんてこともなく124.50の抵抗は
07-30 20:11

@mbishop724 追いかけて買うのはどうも嫌なんですよね。でも急激に下ってきても、あれ?買っていいんか?とちょっぴり不安に。その典型が124.139と124.128で買った分でした。124.156でやめてますが、あの時はもう少し下るかなと思ってしまいましたから・・・。
07-30 19:36

今から伸びるのか~。とっくに止めちゃいましたよ・・・。
07-30 17:47

買いたくて、買いたくて、下がらないからジリジリしていた東京の午後。午後4時の124.17レベルを見逃し、「何やってんの」と自分を叱咤し、来た~と思い充分引き付けて買った124.139。その後124.128でもすんなりと買わせて頂き、あれれ?何とか逃げれたからいいけど、上値重いぞ!
07-30 17:45

7月の各キャンペーン、締切間近となっております!是非、ご参加くださいませ!【7月の全てのキャンペーンをまとめて見るにはこちらから】http://t.co/Wczw75Gwia http://t.co/RoVrYdXakR
07-30 14:47

朝9時前にドル円は買っていれば、今日は安パイな相場でしたが、買えていないと、11時以降はなにをしていいのやら困るぐらい動きが鈍いです・・・・。休むも相場・・・・ですかね?スキャルで3回 124.079売り 124.140売り 124.160売り 1回も買いから入ってないなあ。
07-30 14:20

本日もよろしくお願いいたします。124.07台で高値更新しそうですが、買いたくないし、売って下る確証が持てないからちょっと様子見ですね。
07-30 09:32

124円台をドル円で買いあがるようなイメージが沸きにくくせめて123.70以下かなと考えています。1.0990を越してくるとユーロはストップがある可能性もあり、値動きを待ってから戻り売りする方向。ドル円はこのまま上げられたら手が出ませんが、押しを待つスタンスで考えてみたいです。
07-30 09:29

なって、124.03までタッチ。123.94で引けていますが、124.078まで9:11AMにビッドとなっています。ユーロドルも1.1080まで瞬間跳ねたあと、1.0967まで下落し今もこの近辺。ユーロの上値はやはり重たく、ドルを買うんだったら対ユーロのほうが良さそうだし
07-30 09:26

お早うございます。昨晩のFOMCですが、発表直後は9月利上げを示唆するコメントがなかったことで、瞬間的に123.80レベルから123.54まで下落しましたが、その後雇用に関して「労働市場の改善、さらに進んだ」「雇用の伸びはしっかり」と回復基調との認識を強く示したことでドル買いと
07-30 09:23

@torerun555 益田様 銀行のディーラーはやりたくなくてもレートを出さなくてはならないケースも多々ありますが、皆さんは分からない時、やる必要がないのです。これがメリットですから、このメリットを放棄してはいけません!
07-30 00:05

関東財務局長(金商)第238号 / (社)金融先物取引業協会 会員番号1503 金融商品取引業者 JFX株式会社

■このレポートは情報提供を目的とし、投資の断定的判断を促すものではありません。お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。この情報により生じる一切の損害について、当社は責任を負いません。本レポート中の意見等が今後修正・変更されても、当社はこれを通知する義務を負いません。著作権はJFX株式会社に帰属し、無断転載を禁じます。

■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、想定元本(為替レート×取引数量)×1%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大100倍となります。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



copyright c 2016 FXブログ|小林芳彦のマーケットショット all rights reserved. powered by FC2ブログ.