情報提供を目的としており、お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。

未分類 > 08/05のツイートまとめ

08/05のツイートまとめ

JFXkobayashi

ドル円は125円台タッチで、しかも緩まない。ADP雇用統計が予想比悪くて瞬間的に下ったものの、124円は割り込めず、その後の揉み合いを経て124.50を越えたら全く緩まずに上昇。どんな数字が出ようと確信犯的にドル買いしている連中がいる。123円台で押し目を待っていて買えなかった
08-05 23:59

@Ymr4227 Ryo様 1.0850-55で 突っ込んで売ってしまった連中がいたんですかね?結構なショートカバーなんですが、プライスが薄いからかもしれません。引き付けて売りイメージです。
08-05 20:18

@Jigorobo_8 ショートが溜まってショートカバーで戻してしまう可能性はありますが。引き付けて戻り売りで見ています。1.0895-1.0900は 損切りに置いて1.0870台をたたきたい。今1.08706は売りそびれましたけど。
08-05 20:16

@Ymr4227 Ryo様 跳ねたところはユーロドルは売りたいのですが、3回売ったユーロドルの利食いは平均3.5銭・・・引っ張れないし、ボラが低いからとナンピンしていると大きくやられるかもしれず、難しい。ユーロドルの下落を考えていて、今またツイートしてて売りそびれてるし、チグハグ
08-05 19:04

ドル円があまりに動かないものだから、ユーロドルの跳ねたところを売りで入り、下ったところで買う戻すスキャルピングをちょっとしてみましたが、そんなに大きく取れるわけでもないし・・・。なんだか良く判らない相場です。イメージもあまり湧かないです。デスクワークします。
08-05 17:40

@phethen1 @YouTube 困りましたね・・・。私もメインがドル円とユーロドルです。ユーロもう少跳ねたら売ってみたいと思います。
08-05 17:29

インターバンク流トレードテクニック動画を作成しました。是非ご参考下さいませ!【トレード上達への近道】 https://t.co/mMBYJLnc2n @YouTubeさんから
08-05 15:35

ドル円は基本的には123.30-45の15銭がコアレンジ。早い時間に124.20-15以下があったら買いたかったけど、動いてません。夏休みですね~。朝方ちょこっとドル円やりましたが、今はこの水準は手出しせず様子見ですね。
08-05 13:57

@phethen1 かでぃんか様 重いのはユーロドルのことでしょうか?
08-05 13:39

@AIDAmasumi NYの午後に出たので、当たり前ですが朝刊ではないですよね。インタービュ記事が出る時間は決まってはいないと思います。ただし、世界でもっとも早くFTが読めるのがアジア(東京)ですし、日経新聞が読めるのがNYです。(いずれも早刷り版)WSJはロンドンなのかな?
08-05 09:18

124.15-20以下で買いたい。ユーロドルは1.0890から上を打診売りしたいと思います、いずれも早回し条件で。本日もよろしくお願いいたします。
08-05 09:12

ただし雇用統計前で124.65-85で相当な利食い玉が出てきそうなことや、新規で買い上げるトレーダーが減ることなどから(ロングの積み上がり具合によっては)124円近辺まで反落も考えられるため、124.55越えの買いは充分注意する必要があると考えます。押し目買い回転ですが、本来は
08-05 09:10

9月米利上げ思惑が再び強まった格好。123.89まで緩んだあと124.05-123.95と揉み合いとなっていたドル円は、124.40まで上昇、ユーロドルは1.0960から1.0879まで緩みユーロドルは非常に上値がテクニカルに重たくなりました。ドル買いの流れで124.50を突破、
08-05 09:05

何もないはずだったNY市場。ロックハート米アトランタ連銀総裁のWSJのインタビュー記事。今年のFOMで投票権を持つロックハート総裁が「FEDは利上げに近づいている」「9月に行動を起こさないハードルは高い」と述べドル買いに反応。市場は中立とされた同氏の発言にびっくりしたわけで、
08-05 08:56

お早うございます。朝5時はまだ太陽もさほど強くなく快適な散歩でしたが、今は暑くて外に出られませんね。省エネのためにエアコンを28度にして、でも扇風機を回すとこれでも十分に涼しい。昨日までのエアコン故障中の地獄のような日々から開放されて、良く眠れちゃいそう・・・。さて、相場のほうは
08-05 08:50

関東財務局長(金商)第238号 / (社)金融先物取引業協会 会員番号1503 金融商品取引業者 JFX株式会社

■このレポートは情報提供を目的とし、投資の断定的判断を促すものではありません。お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。この情報により生じる一切の損害について、当社は責任を負いません。本レポート中の意見等が今後修正・変更されても、当社はこれを通知する義務を負いません。著作権はJFX株式会社に帰属し、無断転載を禁じます。

■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。為替リスク想定比率は、通貨ペアごとに異なり、当社では、原則として一般社団法人金融先物取引業協会が金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1項に規定される定量的計算モデルを用いて算出する数値を利用します。なお、為替リスク想定比率は、原則として1週間ごとに見直しが行われ、レバレッジは、為替リスク想定比率の逆数(想定元本÷必要証拠金)となりますので、1週間ごとに変動します。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



copyright c 2016 FXブログ|小林芳彦のマーケットショット all rights reserved. powered by FC2ブログ.