情報提供を目的としており、お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。

未分類 > 08/06のツイートまとめ

08/06のツイートまとめ

JFXkobayashi

@carrypafupafx はい、夏にみんなで騙されて、あとはブン投げ合戦だった記憶が。
08-06 20:29

@yukifune おっしゃる通り。市場は何回 騙されたら気が済むのか。
08-06 20:17

@jojo_1898 酷いですね・・・ せめて7対2でしょ!
08-06 20:16

7対2、もしくは6対3ぐらいまで期待した向きから見たら、なんじゃこれは・・・という反応に。微妙な決定だったんなら、せめて7対2だろう、今回は。またカーニーさんに騙されたのか。
08-06 20:14

8対1かえ?マカファティー英中銀政策委員、0.25ポイント利上げを求める・・・ぽんどちゃん、急落!
08-06 20:10

おお!熱田さん!男前度、上がってますな~。先日はお世話さまでした。また皆で集まりましょうよ! https://t.co/RdP8tfDN88
08-06 18:44

@JFXkobayashi ドル円が横ばいから上がりきれずに124.916を戻り高値に反落。ユーロドルも1.0935-40から上が重たく下落し、掛け算であるユーロ円が136.53インターバンク高値から135.90割れまで60銭以上の下落に。昨日買い上がった分の調整売りか?
08-06 18:33

@aryadega  Tokyo. You don' t have to worry about this .
08-06 18:28

ちょっと大きな地震・・・
08-06 18:23

間に合わなければ デフォルトなのか?じわじわとユーロが売られて1.08844まで反落。インターバンクの高値1.0946からは62ピップス下落。 https://t.co/Y46FxG4Eow
08-06 18:22

午後4時過ぎに戻してしまいました。125円台はまだ売りもあるし、仕掛けて買い上がるのは雇用統計前では厳しいだろうな。下がったらビッドがわんさか、待っている水準って124.20から123.50かな?
08-06 17:09

124.702売りを目の前で見て、かつ12:49に「ドル円が今 安値を更新しましたね。」とツイートしましたが、これがどん底!もう移動しなくてはならない状態だったことと、124.630で指値を入れていたので124.70台では何もせず移動したのですが、そのまま124.90台に
08-06 17:04

インターバンク流トレードテクニック動画を作成しました。是非ご参考下さいませ!【インターバンク流トレードテクニック!ニュースの見方-経済指標編-】 https://t.co/OyC2VNqBlH @YouTubeさんから
08-06 16:52

【LIVE!告知】明日8月7日(金) 21:00~21:40雇用統計LIVE!を生放送いたします。お見逃しなく!http://t.co/wxdlBPQnkg http://t.co/srCzWc0ntH
08-06 14:22

ドル円が今 安値を更新しましたね。輸出の売りが五月雨のようにばらばら出てくるので 朝方の突っかけ買いした人が嫌気がさしているのかもしれませんね。あまり正直言って本来は手出ししたい水準ではないのですが・・・。124.630で指値買いを入れています。
08-06 12:49

いつ見ても動いていない印象の為替相場。それでも125.00まで買いあがった損切りという原動力は昨晩、ある程度付いているので買い上がる感じではなくなりました。朝上方向に突っかける連中がいるのかと思いましたが、今晩8時の一連の英関連経済指標・米失業保険申請件数もあり、アジアは動けず。
08-06 12:47

@phethen1 かでぃんか様 場が薄いから結構 値が飛びますから注意が必要ですね。
08-06 12:38

雇用統計でもし数字が弱く、ドルが下る場面があれば買っておきたいと願う人が多そうで、数字が悪くても124.00割れは買いオーダーが並びそう。もし数字が良ければ、そのままドル円は125.85を狙う動きと見ます。レベル感で売るのではなく押し目買い参入がベター。よろしくお願い致します。
08-06 09:34

125円手前に並んだ売りと真っ向勝負でしたが、買いに勢いがあり125.02まで買い上がる値動きでした。下げても124.70はタッチせず。戻りもNY引け前は124.90を擦りませんでしたが、NYクローズ後も大きな反落もなく、124.73~88レベルでの揉み合いが続いています。
08-06 09:31

させられた動き。さらに戻り売りを124.27-20や、124.40-30で行った参加者は多かったと思うのですが、124.50を越えて直近高値124.58を越えて124.60台に乗ってからはISM非製造業景気指数が10年ぶりの強い数字だったこともあってそのまま124円台後半、
08-06 09:28

お早うございます。今日は順番を逆にしてモーニングショットの収録から先に行いましたので、TL書き込みが遅くなりました。さて、昨日の晩、ADP雇用統計で突っ込み売りした人たちはドル円が124.00も割れない状態で、かつビッドが沸いて出てくるような展開となって感触悪くショート手仕舞い
08-06 09:18

今日はスーパーサーズデー!! https://t.co/W2bq0QceC8
08-06 07:28

RT @Reuters_co_jp: インド洋で発見の残骸、不明機の翼と確認=マレーシア首相 http://t.co/ToqW1q7Z8F
08-06 07:26

@natsuka_kino 不死鳥ちびまる子様 ドル円がこれだけ堅調なので、これ以上に大きくポンドドルが下らないとポンド円は下りませんが、ポンドドルのチャートを見ると1.5600が固く崩せないでいます。売りは引き付けるか、1.5600割れのときに一緒に売るかですかね?ストップ必須
08-06 00:25

@imopotate 越えてからは、こんな数字で高値越えは明らかにおかしいと思って新規に売っても全く下らず、売り向かった連中の損切りがさらに高値を買う始末。ここで125円が付くと123円がはるか遠くに見えますね。私も買いでは手が出ませんが。押し目待ちに押し目なしでしょうかね。ふ~
08-06 00:17

@imopotate 売っても124円台前半で実需(たぶん年金なんじゃないかと勝手に想像)などに全て拾われて、124円すら割れず。124.20-25で数字が悪いのだからと当たり前の反応した連中のショートが切らされて「何だこれ?何かおかしい」と損切りが出たと思います。124.50を
08-06 00:14

@JFXkobayashi レベル感も含め売り向かっても、思ったようには下らず切らされる展開になるか。雇用統計前に125円が付くとは考えていなかったが、これでもし雇用統計が悪かったとしても絶好の押し目買いとして下値で買い切り玉が口を開けて待っているのであれば、誰も売らないだろうな
08-06 00:04

@JFXkobayashi 連中が慌てて買っている感じ。明らかに時限性のある買いに見えてならない。予想比プラスの非ISMにはそのまま素直にドル買いで反応して本来重たかったであろう124円台後半のドル売りをぺろりと平らげた。背景がどうあれ、買い切り玉で買ってこられたら、投機筋が
08-06 00:02

関東財務局長(金商)第238号 / (社)金融先物取引業協会 会員番号1503 金融商品取引業者 JFX株式会社

■このレポートは情報提供を目的とし、投資の断定的判断を促すものではありません。お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。この情報により生じる一切の損害について、当社は責任を負いません。本レポート中の意見等が今後修正・変更されても、当社はこれを通知する義務を負いません。著作権はJFX株式会社に帰属し、無断転載を禁じます。

■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。為替リスク想定比率は、通貨ペアごとに異なり、当社では、原則として一般社団法人金融先物取引業協会が金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1項に規定される定量的計算モデルを用いて算出する数値を利用します。なお、為替リスク想定比率は、原則として1週間ごとに見直しが行われ、レバレッジは、為替リスク想定比率の逆数(想定元本÷必要証拠金)となりますので、1週間ごとに変動します。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



copyright c 2016 FXブログ|小林芳彦のマーケットショット all rights reserved. powered by FC2ブログ.