情報提供を目的としており、お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。

未分類 > 10/29のツイートまとめ

10/29のツイートまとめ

JFXkobayashi

あんなに市場が期待もしていたFOMCだったが、出てきたサプライズの後は、大きく水準は変更されたものの、動きとしては非常に緩慢。明日の日銀待ちで市場には様子見気分が広がっている・・・。月末だしね、無理はしないインターバンクばっかり。
10-29 17:48

132.20で指していたユーロ円売り指値。132.205まで上がって、どんぴしゃ成立だったのだが、席外し予定があったため132.059で買い戻しをかけて離席。131.884まで下がったようです・・・。14.1銭利食いしてからさらに17.5銭も下がると…つらい。
10-29 17:24

お客様からよくお問い合わせいただきますが、 クイック注文で新規と同時に決済注文を入れることができます。https://t.co/PLzD1ZkfJT
10-29 16:14

PC版サービス情報が便利になりました。取引画面→[サポート/サービス情報]→サービス情報から確認してください。https://t.co/bTF2aRIcae https://t.co/z7EGVkfFFy
10-29 14:03

121.00が割れるときにストップがあってかなり激しく落ちた感じでしたね。その後は120.95から120.60まで以前からのロングの利食いと高値で捕まったロングの投げを中心にドル円は下落した。が、ここまで!仲値後は120.65-75で 2時間半もビタ止まり。毒気に当てられてる?
10-29 12:45

米ドル円キャッシュバックキャンペーン実施中!キャッシュバックをスプレッドに換算すると、最大キャッシュバック時の実質スプレッドが【0.267銭原則固定】!!https://t.co/sG4TGtaNGm https://t.co/XmK4UzIKp8
10-29 11:15

@mbishop724 一番はっきりしているのが、ユーロ売り。対何で売るか。やはりポンドなんですかね?金融緩和 対 次は利上げ と言う構図で。引き付けて戻りを待って売りましょう!
10-29 07:36

降ります → おります!   最後に誤字だった・・・・www
10-29 07:04

強くドル買いに反応するのはどうかなと疑問に思っています。FOMC何もでない→ドル売り、ショート溜まる→押しを拾って海外の日銀金融緩和思惑で円売りが入るのを待つ→利食い、日銀何もせず!ドル売り・・・ という流れをイメージしていましたが、最初からつまずいて降ります。ではまた後で。
10-29 07:01

なんともはっきりせず、とりあえずは120.80-90が固まったかどうか、押し目買い先行で入って確認する動きが強まるだろう。ただしはっきり認識しておきたいのは、12月に利上げすると示唆している訳でもなく、今までの数字重視姿勢を繰り返しただけ。利上げに含みを持たせただけなのであまり
10-29 06:58

と認識している→ 12月の利上げ可能性がしっかり残されている→ドル買戻しと反応したわけで、実際には今までと何ら変わらず数字によるわけです。オーバーシュートしたドル買いの反動でドル売りが入ると思いますが、今日のアジア一杯ドルが強いのか、24時間回ってみないとドルが反落しないのか
10-29 06:53

ただしこれは、何も出ない、だからドル売り!を進めていた連中の損切りの買戻しがたぶんに含まれ、最初のヘッドラインで利上げなしが出て、当初ドル売りで反応した次に「世界経済が経済活動を抑制するという文言」が削除されて利上げを進める上で障害になった中国・新興国問題が前回比較で重要ではない
10-29 06:50

お早うございます。FOMC声明は「利上げについて雇用とインフレの進展度合いによる」、さらに「世界経済が経済活動を抑制するという文言」が削除されて、前回中国経済や新興国問題で利上げできなかったと受け取った市場はFRBが12月の利上げに対して前向きと捉えてドル買い反応!
10-29 06:45

関東財務局長(金商)第238号 / (社)金融先物取引業協会 会員番号1503 金融商品取引業者 JFX株式会社

■このレポートは情報提供を目的とし、投資の断定的判断を促すものではありません。お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。この情報により生じる一切の損害について、当社は責任を負いません。本レポート中の意見等が今後修正・変更されても、当社はこれを通知する義務を負いません。著作権はJFX株式会社に帰属し、無断転載を禁じます。

■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、想定元本(為替レート×取引数量)×1%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大100倍となります。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



copyright c 2016 FXブログ|小林芳彦のマーケットショット all rights reserved. powered by FC2ブログ.