情報提供を目的としており、お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。

未分類 > 11/16のツイートまとめ

11/16のツイートまとめ

JFXkobayashi

@m80913 基本はショートで回しながら、利食いする。全部利食いしないのは、急落された時のためです。いいコストのショートを持っていれば、下げた時、さらにレンジブレイク時には叩き売りできますから。
11-16 20:20

@m80913 上がったら、売る。下がれば半分ぐらい買い戻すが、ロングにはしない。(ショートの金額を残す。)戻れば、また売り増しする。全部ショートを利食いすると、下がった時に売れなくなる。スキャルは別として、ロングにはしない。こんなイメージなんですが。
11-16 19:47

@phethen1 ドル円はどう見ても122円台後半はロングにはならず、売り上がってしまう展開なので、市場がショートに傾いて下がりづらくなります。
11-16 19:40

なんとか夕方の吹き上がりをトータルで逃げ切りました。今日の自分のイメージと実際の値動きの差は大きく、やられずに逃げられたらよしとする内容だなぁ。負けてもいいけど、大きく負けないことが大事。
11-16 18:30

売り増しして122.827でトータルで見てチャラ以下で止められたし、122.857で売ったショートも122.810で買い戻せて、ユーロ円のストップ(131.750売り指値を131.942で損切り:-19.2銭)は朝方のユーロドル売りでなんとかカバーできました。儲ってはいませんが、
11-16 18:27

あれ?ドル円が122.966まで吹き上がってる!午後6時にかけて122.888から122.750まで下がってきていたので、ショートカバーも一息ついたかな?と思ったんですが、122.90の上で、更にストップがあったようです。122.750の指値売りは122.885、122.865で
11-16 18:23

【16,000円キャッシュバック】JFXで口座開設するなら今がチャンス!限定キャンペーンで16,000円をGetせよ!! 詳しくはこちらhttps://t.co/tdjm33Yfkb https://t.co/a4b5bci1TU
11-16 16:42

【LIVE!告知】もう間もなくミニLIVE!を放送いたします。是非ご覧くださいませ。https://t.co/wxdlBPQnkg https://t.co/uehN3PCobA
11-16 15:25

【LIVE!告知】本日15:30~15:45にミニLIVE!を放送いたします。是非ご覧くださいませ。https://t.co/wxdlBPQnkg https://t.co/hxeIVny5uF
11-16 13:42

@sakaiba_800 1.0732オープン、1.0780タッチ後に朝1.0735まで下がって来たそうです。ユーロ円も寄り131.45 132.35まで上がり窓埋め終わって131.30へ下げたそうです。
11-16 13:18

@sakaiba_800 早朝に先に上をやって窓を埋めてから下げたそうです。
11-16 13:08

朝だけ、薄い中で乱高下しましたが、今は落ち着いてしまいました。ドル円はわずかに120.62-605に窓が開いていますが、ユーロドルやユーロ円は最初にあいた窓を埋めてから下落してます。ひきつけて戻り売り方向を待ちたいですね。
11-16 12:09

最祖に持ち上がった → 最初に持ち上がった  訂正します!失礼いたしました。
11-16 09:24

132.35まで上がってから131.00も割れて130.649売りまで下落後、131.30台へ。右往左往、もう結構やっています。ユーロ円が上値が一番重たくなりそうで引きつけて戻り売りイメージです。それではよろしくお願いいたします!
11-16 09:21

きており、市場が大きくショートに傾いているため、下れば新規の売りよりは、一旦利食いして、戻ったら売り直すを図る連中が多そうです。その意味ではユーロ円も戻り売りイメージが強くなります。既に結構な戻りです。先週末132.00で引けていたユーロ円が早朝131.45スタートでそのまま
11-16 09:17

ドル円は先週金曜日のNY高値122.99から下げて122.62引けであり、今朝は122.45オープンで下げたようですが122.23まで。今は122.42まで戻していますが、122.65-70から上は重たそうです。ユーロドルは突っ込んだ1.06873売りから1.0720まで戻して
11-16 09:15

ユーロがもっと売られるとイメージした市場参加者は多かったはずですが、窓を開けて下値1.0732でスタートしてから最祖に持ち上がった1.0780から売られたようで、そう考えると92ピップスぐらいは高値から下げていますね、今日は。
11-16 09:06

朝方、ニュースなどをチェックしている最中にユーロドルが1.0725割れてするすると下落。先週末にどん底でショートを利食いできた水準1.0715を簡単に割って売りが加速。1.07096から売りで参加して3回、売っては買い戻して1.06885で最後のショートは買戻ししています。今日の
11-16 09:03

@mad_AUGC 友人の話では、今朝方1.0732オープンで、最初に1.0780まで上がった後1.0735まで緩んで、今1.0720割れとなっているそうです。
11-16 08:11

週末の経済ニュースを含め、実は未消化です。記事をまとめてきますので、のちほど!本日もよろしくお願い申し上げます。
11-16 08:02

ユーロドルの利食いで88.7銭利益が出ました!日中 なんと3.7銭(2トレード)しか遣っていなかったので、これは天の助けでした。週末のテロ事件はなんとも酷いもので、全体に許すことは出来ません。ただし市場が警戒したほど、ユーロ売りで大きく月曜日早朝には動いていなかったようです。
11-16 08:00

と取引画面のマーケット速報に書き込んで所用で午後5時過ぎにデスクを離れましたが・・・。久々の改心の一撃!14日午前2時20分過ぎにユーロドルは安値1.07144オファーまで下がり1.07150の利食いがヒット!引けはインターバンクでは1.0775まであがってクローズ。これは美味い
11-16 07:55

お早うございます。11月13日15:20:44「本日所用で出かけるため、午後4時半をもってオーダーは早めですが、すべてキャンセルすることとします。1.07307、1.07652のユーロショート、ストップは1.0850に入れてありますが、利食いを1.07150に入れてOCOにします
11-16 07:49

関東財務局長(金商)第238号 / (社)金融先物取引業協会 会員番号1503 金融商品取引業者 JFX株式会社

■このレポートは情報提供を目的とし、投資の断定的判断を促すものではありません。お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。この情報により生じる一切の損害について、当社は責任を負いません。本レポート中の意見等が今後修正・変更されても、当社はこれを通知する義務を負いません。著作権はJFX株式会社に帰属し、無断転載を禁じます。

■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。為替リスク想定比率は、通貨ペアごとに異なり、当社では、原則として一般社団法人金融先物取引業協会が金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1項に規定される定量的計算モデルを用いて算出する数値を利用します。なお、為替リスク想定比率は、原則として1週間ごとに見直しが行われ、レバレッジは、為替リスク想定比率の逆数(想定元本÷必要証拠金)となりますので、1週間ごとに変動します。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



copyright c 2016 FXブログ|小林芳彦のマーケットショット all rights reserved. powered by FC2ブログ.