情報提供を目的としており、お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。

未分類 > 11/26のツイートまとめ

11/26のツイートまとめ

JFXkobayashi

@Jigorobo_8 と呼びます。抵抗線や支持線をブレイクした時に損切りの売りや買いが出やすいと覚えてください。
11-26 22:30

@Jigorobo_8 売って捕まっている人たちが、諦めて買い戻しをする状態をショートカバー(ショートを買い戻すの意味)と言い、あるポイントを超えると加速度的に買いのスピードが速くなり大きく相場が変動する状況を損切りの買い(損失をこれ以上増やさないために売りポジションを決済する)
11-26 22:29

@1Pipss はい、特にドル円はレンジを越える気が全くしません。(昨日レンジ122.26-122.93)朝イメージは122.45-85で逆張り、特に買いから入る指値買いでした。122.530、122.430で買い。利食いは122.780,122.880でしたが・・。動かない
11-26 21:20

@Jigorobo_8 1.0635-40は一回叩いて売ってみて、様子見。その後1.0620以下が買えなくなるようだったらさらなるショートカバー(1.0655-60)が期待できるかもしれないので、買い目に方針を変更してもいいかもしれない。(終)これで読めますよね?
11-26 21:14

@Jigorobo_8 1.0600以下に昨日は並んでいた損切りオーダーも今日はきれいになっており、あっても金額的には少ないと考えられることから、なかなか昨日の安値を更新することはきつく、逆に今からだったら若干戻りそうなイメージで見ています。
11-26 21:14

@Jigorobo_8 午後4時半以降、ユーロドルは大きく見て3回、下攻めをしたが、1.0600をクリアに割りこめずと言って1.0615を超えても行かないが、次第に俄かユーロショートポジションが溜まってきているように感じます。
11-26 21:13

@1Pipss テクニカルに基づいた勘でっせ!大事なのは!最後は勘なんだと思いますよ。
11-26 20:56

1.06台前半でショートが溜り(ポジションは軽いはず)1.0635-40から上まで戻す可能性もある気がしてきました。突っ込み売りはしたくないですねぇ。
11-26 18:37

どうなんだろう?昨日は1.0565まで深堀りしたけどさっきの突っ込みもオファーは1.0600が割れておらず、昨日1.0600割れのストップも一掃しているため、なかなか下がりにくい感じがするなぁ。1.0606台を3回叩いて売って逃げたが、1.06091で捕まり損切りした私の勘では
11-26 18:35

@yukifuneご愁傷様・・・・。毎度毎度大変でんな。
11-26 18:27

122.530で朝から指していたドル円の指値、安値は122.554売りまでと あと2.4銭届かず122.667へ。ジンクスで寂しくキャンセルします・・・・。本当に今日はついて欲しかったな~。
11-26 16:38

PC版サービス情報が便利になりました。取引画面→[サポート/サービス情報]→サービス情報から確認してください。https://t.co/bTF2aRIcae https://t.co/JvHPJ6X0A1
11-26 15:47

@phethen1 売っても今日はそんなに下らないでしょ!っていうイメージなので。122.579と122.566どん底買いましたが、122.587で早々利食いしたら、122.62台で目がくらみました・・・ 笑
11-26 13:01

@phethen1 売ってもそんなに下らないでしょ。って思いました。
11-26 12:42

【スプレッド】比較表を作成しました!是非他社と比べて下さい!https://t.co/K6Z4TYEelB https://t.co/lYugSqio99
11-26 10:36

こちとら、やろうとしてんのが、スキャなんだから、122.50台後半でも良いから買わせろや。122.601売りになって、「ちょっと真剣に買い場探すか。そんなに今日は手数、打てない・・・ 」と思った瞬間 122.66台まで戻されるとかなり萎える あ~あ。
11-26 10:25

RT @YENZOU: 気分はKGBですかね https://t.co/4VO4bJ27mv
11-26 10:19

9時28分に19991.89高値を付けた日経平均が19943.62まで下がっており、日経平均を見て飛びついた方々が122.703で天井を付けてしまったため、ほとんど利食いのチャンスを失い122.598まで下がった展開。まさに株式だけ見てる動き。122.50台前半になったら買い出動
11-26 10:11

本日もよろしくお願いいたします。
11-26 09:34

ないかと考えます。買いからは入りませんが、引きつけて戻り売りで、感触が悪ければ早めに損切りするイメージです。ドル円は昨日から持ち越したと思われる市場ポジションの方向は、わずかに捕まっている122.50~65コストの売りでしょうか?122.50-45がビッドで方向的にはジリ高?
11-26 09:34

自分の姿が見えるので、まあ、取れなくても仕方ないかと納得。戻りが1.0640-50が重たくなるのは仕方ないでしょうが1.05台のストップは1.0565まで付いているので、本日よほどの材料がないと1.0500近辺の買いを潰す動きにはならず、1.0580以下も利食いでがちがちなのでは
11-26 09:31

見つつ、1.06120で逆張りしたらあっという間に討ち死に。その後動画収録など席外しもあって、なかなか売りで乗れずに下げは全く取れませんでした。しかし、もし下げで取れたとしたら、次に戻り売りを行い1.0642までのショートカバーでたっぷり、お釣りがくるぐらいやられて終了という
11-26 09:28

自分的には感謝祭の前には売られすぎでユーロドルが戻る。明けてから12月3日の直前まで金融緩和期待で売られて直前にポジション調整で戻すような値動きをイメージしていたため、まさか昨日匿名条件に金融緩和の内容が事前にリークされるとは全く考えておらず、事務をやりながらちらちらレートを
11-26 09:25

金融緩和=ユーロ売りと手ぐすね引いていた連中が売り始めて1.0580もぶっ潰して1.0565までタッチする突っ込み売り。しかしその後の買い戻しはスピード的にはもっと激しく1.0642まで2時間で噴き上がっており、憤死を遂げたトレーダーも世界的に多かったのではと思います。
11-26 09:22

第一印象からして手を出しづらい。ユーロドルはECBによる2段階の中銀預金金利設定や、資産買い入れプログラムの対象に地方債を加えるとの観測から独債が大幅高となり(論理的には?規制が緩和されるという面では若干ですが買い要因かなぁ?そんなに独国債買われる材料じゃないんですが)とにかく
11-26 09:20

シドニー時間も通じて122.60は割れてません。122円台前半が思いっきり固かった印象しか残らず、122.93で止まった値動きから上値も123台の重たさもあってしかも感謝祭・・。動きにくい典型で、昨日のレンジ122.26-93のインサイド、122.45-85で動いたらいいなという
11-26 09:15

おはようございます。めっちゃ寒いですね。部屋の中で手がかじかんでいるという状況・・・。一瞬だけ陽が出ましたが、また雨模様のような曇天。昨日は122.93まで噴き上がるドル円のショートカバーで結構売り上がって高値圏で切ったトレーダーも多かったのでは。下げてもNYは122.62と
11-26 09:12

関東財務局長(金商)第238号 / (社)金融先物取引業協会 会員番号1503 金融商品取引業者 JFX株式会社

■このレポートは情報提供を目的とし、投資の断定的判断を促すものではありません。お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。この情報により生じる一切の損害について、当社は責任を負いません。本レポート中の意見等が今後修正・変更されても、当社はこれを通知する義務を負いません。著作権はJFX株式会社に帰属し、無断転載を禁じます。

■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。為替リスク想定比率は、通貨ペアごとに異なり、当社では、原則として一般社団法人金融先物取引業協会が金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1項に規定される定量的計算モデルを用いて算出する数値を利用します。なお、為替リスク想定比率は、原則として1週間ごとに見直しが行われ、レバレッジは、為替リスク想定比率の逆数(想定元本÷必要証拠金)となりますので、1週間ごとに変動します。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



copyright c 2016 FXブログ|小林芳彦のマーケットショット all rights reserved. powered by FC2ブログ.