情報提供を目的としており、お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。

未分類 > 11/27のツイートまとめ

11/27のツイートまとめ

JFXkobayashi

下がるにしても、先に1.0602-03から上にありそうなストップをひっかけた後で、下がってくるイメージと言う意味でした。では。
11-27 20:45

1.0580までの7ピップスは、売り方、買い方ともにドラマがあるだろうな。ちょうど今晩の分水嶺でさてさて、どっちに転ぶのやら。今日は高見の見物!皆さま 良い週末を!1.0591台まで戻してきて、売り買い拮抗中だなぁ!下がるなら1.0602-03のストップをひっかける方に1票!
11-27 20:40

じりじりと上がりかけてるユーロドルだが、1.05969まで。1.06000を壁に売り連中もいるのだろうが、1.0600越えでストップが見えているかもしれない。今1.0590割れ(1.05862)まで市場が売り込んだがこのタイミングで落とせないと後の反発が大きくなるイメージだ。
11-27 20:36

速そうなイメージですねぇ。ちょっと売りすぎたような気もしますもんね、なんせ、金曜日ですから!(今日ははっきり言って相場をじっくり見てはいませんでしたが、夕方からのチャートを眺めた感想です。)
11-27 20:00

1.05941まで買い戻しが入ったユーロドル!1.0580でも「よ~売らんで!」と思ってしまいましたが、1.05740まで突っ込んで1.0595近辺に戻ってきました。ここで止まれば、もう一回ぐらい下攻めする波動になる可能性はありますが、1.0602-03超えたら1.0615までは
11-27 19:52

@mad_AUGC なんだか、瞬間ユーロが売られて、その後爆上げになるようなイメージがありますが・・・・。
11-27 18:52

あるため、直前にポジション調整的な買い戻しが出ると想定。さらに、現状分かっているような金融緩和であるならば、まったくサプライズではなくなっていることからBut on the fact となって、ユーロショートの買い戻しで吹き上がる可能性が高いと考えられるので注意したいと思います。
11-27 18:24

ユーロドル、一昨日上がると思った1.0635-40までのショートカバー、今日時間差攻撃で来ましたね!しかし重たい!米国感謝祭も終了し後は12月3日のECB理事会に向けてユーロ売りを積み増す参加者が多いということなんでしょうね。世の中、総ユーロベアで、すでにポジションもショートで
11-27 18:13

かなり重たくなっている状況。122.26-93の一昨日レンジをまだ抜けることもできないが、上値はかなり限定的だろうか?今までサポートだった122.50が抵抗として働き、仲値時以外重たかった122.65がさらに戻り売りのポイントとして意識されそうですね。
11-27 17:00

仲値にかけて122.723まで上がったドル円が、その後は午後2時まで心停止状態!しかし122.55が切れ始めてから徐々に売りが強くなって午後3時過ぎにBid しっかりだった122.50を割り込み下落開始。ただし122.323で目先は底打ちし122.40台まで反発。それでも上値は
11-27 16:57

@Ninomiya_Yudai 法人講座開設できますので、HPからお入りください!→ https://t.co/evStThkYVJ
11-27 16:53

LIVEはスマホからも視聴していただけますので、外出先でも確認できますよ!https://t.co/wxdlBPQnkg https://t.co/AH4M5B3j6R
11-27 14:42

米ドル円キャッシュバックキャンペーン実施中!キャッシュバックをスプレッドに換算すると、最大キャッシュバック時の実質スプレッドが【0.267銭原則固定】!!https://t.co/erKRry68lb https://t.co/MJaY9qD7hm
11-27 12:21

@mbishop724 お早うございます。まだ122.50以下のドル押し目買いオーダーがしっかりしていそうで、万が一下がっても、122.25-20にも買いオーダーがありそうで急落は無さそうなイメージですね。122.20割れると、流石にストップもありそうですけどね。
11-27 09:36

朝4時ぐらいからずっと動きがないのね。仕掛けにくい雰囲気、山盛りだな。現在移動中。
11-27 08:42

@kuni1234567890 クニさん、おはようございます。相模縦貫道通って、本店に行かんと!ちなみに高校の先輩の家のすぐそば。うちからでも車で1時間ぐらいかかるかな^_^本店に何回か行きましたよ。
11-27 08:39

ユーロドルがやはり下値トライの動きが本流で、ドル円は底固いと見ていた方が良さそうですね。今日は所用で、夕方からまた相場をつぶやきたいと思います。よろしくお願い申し上げます。では。
11-27 06:14

出来るのかどうか、まだ流れは下値トライが続く感じです。さて、本日のドル円は現在日足の21日線(ボリンジャーバンドのセンターライン)が122.434に来ておりこの3日間、下値を止めています。ただし上値も123円台が重たくレジスタンスは切り下がって来ており、三角持合いとなってます。
11-27 06:12

@1Pipss あははは、とんでもない。私鉄・地下鉄・地下鉄と乗り継いで出社していますよ!在宅の日と午後から出社(朝から午後1時までは毎日ルーティンですが)とが半々ぐらいですが。
11-27 06:08

@1Pipss 東京23区内では決して見ることが出来ない夜空です。神奈川県中央部なので通勤時間はかかりますが、生活環境はいいですよ。海・山・川近いし、空気は澄んでるし。唯一つ、問題なのは米軍の戦闘機の騒音です!
11-27 06:01

午前1時に向けて1.51276 bidまで駆け上り、日通しで全値戻し達成。そのため、0.7043レベルでダブルトップのように見えていたユーロポンドが、それまでのサポートだった0.70170を割って下落するも0.70149で下げ止まり、0.70277まで反転。0.6935がホールド
11-27 05:58

1.06048へ。1.0625-27が抵抗線となっていましたが、これがストップで抜ければ1.0635-40まで可能性があると思っていましたが、抵抗線のon line で止められたみたいです。ユーロドルが下がった分だけユーロ円は弱含みの印象。ポンドドルは午後7時までの弱さが嘘のよう
11-27 05:53

いつもより早めに目覚ましをセットしたのですが、敏感に反応して朝ごはん、お散歩といつものコースをねだられて、ご近所迷惑なため、仕方なく散歩に出た次第です。さて朝ごはんもしっかり食べ終わって、相場を見れば・・・ドル円は死亡中。ユーロドルは1.06231bidまで上がるも、後が続かず
11-27 05:49

おはようございます。今朝はそれほど体感温度は寒くなくわんこ散歩も楽でした。よく晴れているようで、夜空はプラネタリウム状態で、西の空にはいつもより大きく見える満月、オリオンも見えてなかなかいい感じ!朝5時前には歩いている人もおらず、新聞屋さんのバイクが走りまわるだけの住宅街。今朝は
11-27 05:45

関東財務局長(金商)第238号 / (社)金融先物取引業協会 会員番号1503 金融商品取引業者 JFX株式会社

■このレポートは情報提供を目的とし、投資の断定的判断を促すものではありません。お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。この情報により生じる一切の損害について、当社は責任を負いません。本レポート中の意見等が今後修正・変更されても、当社はこれを通知する義務を負いません。著作権はJFX株式会社に帰属し、無断転載を禁じます。

■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。為替リスク想定比率は、通貨ペアごとに異なり、当社では、原則として一般社団法人金融先物取引業協会が金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1項に規定される定量的計算モデルを用いて算出する数値を利用します。なお、為替リスク想定比率は、原則として1週間ごとに見直しが行われ、レバレッジは、為替リスク想定比率の逆数(想定元本÷必要証拠金)となりますので、1週間ごとに変動します。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



copyright c 2016 FXブログ|小林芳彦のマーケットショット all rights reserved. powered by FC2ブログ.