情報提供を目的としており、お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。

未分類 > 12/07のツイートまとめ

12/07のツイートまとめ

JFXkobayashi

ユーロドルは1.08500が割れてストップっぽい売りが出始めて、1.08360が割れて先週金曜日の安値が切れたため、さらにストップらしき売りで1.08109まで下げたが、1.0830-35で戻り売りしても1.0810-1.0800でショートは利食いした方が良いという強い直感!
12-07 19:15

先週の雇用統計Liveはこちらからどうぞhttps://t.co/y2IgKAU5CT https://t.co/5zEQfmULqG
12-07 17:07

@JFXkobayashi クリスマス前だから、カレンダーを見ると16日以降はトレードはせず、実質新年度入りする12月28日(月)から心機一転、再スタートかな?
12-07 16:19

どう見てもユーロドルの流れは下だと思うんだが、なかなかポジションがこなれていないから下値では損切り買戻しが出てくるのと、今回ユーロで損失を被った向きからFOMC前に利が乗ったドル円ポジションを手仕舞いする動きが出てくる可能性がある気がするんだが。
12-07 16:18

水分をもっと沢山摂らないと・・・。薬は飲んだが、水かアクエリアスを水で半分に割って飲むのが良いかな。20年前に比べたらバリウムも劇的に進化しているな。飲みにくさが半減してる。というか薄くなった(さらさらしてる)と感じたけど。
12-07 16:05

いそうで、その分、1.0850が割れてもショートの買い戻しが出てきて、金曜日も1.0836止まり。今日はまだ1.0850が割れていない。かなり喪失感が強い相場だと金曜日から感じていたが、今回は深刻そうで、FOMC前にドルロングを手じまう動きが加速する可能性もあるかなと思いました。
12-07 15:35

ようになっているというか、週間ロスリミットを超えて月間ロスリミットに達してしまったようなところもあるとか。最後の収益をドラギのクリスマスプレゼントにかけていた連中は、強烈なユーロのショートカバーでショートポジションを切るのが相当遅れたという話。中長期はまだ切っていない連中も
12-07 15:29

所用から戻って、マーケットキャッチアップ!しましたが・・・ あまりに動いていない。雇用統計がスタートする前に、既にインターバンクマーケットや今年儲かっていなくて、最後の勝負をユーロ売りにかけていた短期ファンド勢が完全に死亡したという情報多数。もうやる気がなくなって、抜け殻の
12-07 15:24

【スプレッド】比較表を作成しました!是非他社と比べて下さい!https://t.co/K6Z4TYEelB https://t.co/uQBUasMGEu
12-07 14:53

お早うございます。本日所用で午前中相場を見れず、つぶやきは午後2時以降の予定です。マーケットショットミニLive!は明日 火曜日15:30~15:45です。よろしくお願いいたします。
12-07 06:59

関東財務局長(金商)第238号 / (社)金融先物取引業協会 会員番号1503 金融商品取引業者 JFX株式会社

■このレポートは情報提供を目的とし、投資の断定的判断を促すものではありません。お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。この情報により生じる一切の損害について、当社は責任を負いません。本レポート中の意見等が今後修正・変更されても、当社はこれを通知する義務を負いません。著作権はJFX株式会社に帰属し、無断転載を禁じます。

■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。為替リスク想定比率は、通貨ペアごとに異なり、当社では、原則として一般社団法人金融先物取引業協会が金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1項に規定される定量的計算モデルを用いて算出する数値を利用します。なお、為替リスク想定比率は、原則として1週間ごとに見直しが行われ、レバレッジは、為替リスク想定比率の逆数(想定元本÷必要証拠金)となりますので、1週間ごとに変動します。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



copyright c 2016 FXブログ|小林芳彦のマーケットショット all rights reserved. powered by FC2ブログ.