情報提供を目的としており、お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。

マーケットショット > 「ドル円は買いから。ユーロドルは戻り売り。クロス円は今日は買い目様子見します。」

「ドル円は買いから。ユーロドルは戻り売り。クロス円は今日は買い目様子見します。」


※対円通貨ペアは1pip=1 銭、対円以外の通貨ペアは1pip=0.0001 で表示しています。
※表示スプレッドの適用は、AM9:00 から翌日AM2:00 となります。適用時間のうち、
流動性の低い時間帯や経済指標発表時等の例外的な事象、さらに天変地異等の突発的な事象に
よっては、スプレッドが広がり、約定結果が上記スプレッドと合致しない場合もあります。
※掲載日 2015年10月21日。




☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆

「ドル円は買いから。ユーロドルは戻り売り。クロス円は今日は買い目様子見します。」

☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆
--------------------------------------------------------------------------------------

12月17日

12月16日の概況





122.300bidまで跳ねた反動で121.512まで下がり、また今安値を更新するかと思うような
値動きをしている。今、下値を切って安値更新、121.383とえぐい動きだ。

ドル円は下値掘るんだったら、この121.65近辺から121.20とかまで下げないとだめでしょうな。
このまま、揉み合いながら122.00を超えるようだったらきっともうこのステージでは下がんないんじゃ
ないかと・・・。

イエレン議長も事前に予想されているような内容をしゃべっているし、驚きもなくドル円はジリ高で
121.90へ。ざっと見て、122.30高値と 121.38安値の半値は121.84だが、今まさに121.836-840
が物語っているように座り心地のよい水準なんだろうなぁ。

121.90台回復。2.25%まで下げていた米10年債が2.29%まで価格下落(金利上昇)して
ドル円の買いを支えていたが、今、ちょうど 1.28%と下がり始めて ドル円も121.80と10銭反落。
やっぱりイエレン議長発言、サプライズは期待できないかな。ドル円121.85~90で推 移。

122.042と122円台回復・・・。やはり先ほどの121.65近辺で下掘りしないと安値更新は無理だった
ようです。122.30高値をやった後、大きく見て3回下攻めやっていますが、一般的には(自分も
含めて)下がったところを買いたかった人の方が多かったんじゃないかと思います。

122.224とさらにドル買いで反応、122.30高値を意識しつつ高値に面合わせする動きも
ありうる。とにかく安値121.383から見たら122.224って84銭戻して2.30%回復した
米債利回りからも下値は底堅いかなと思わせます。

122.332と高値更新! 2.306%と10年債利回り上昇中!
まだ上がりそうな値動き、プライスアクションだなあ。スキャは買いからだなぁ・・・。

122.432と上値追いしてます。利食いをこなしながらですが、安値が121.387売りまでじゃ、買いたい
人が買えてない水準。121.00 割れぐらいまで下がるのかと期待させましたから。122.50ではきっと
売りが入っているのでしょうから一旦は上昇ストップかな?

2.31%まで上がった米10年債利回り(価格低下)が2.30%割れしつつあります。これでドル円は
約20銭 122.22まで天井(122.432)から反落で す。17773ドルで推移しているダウを見ると高値圏
で引けるのは間違いなくドル円も122円台の引けになるんでしょうね。お疲れさまでした。

わんこが散歩に行きたいと言ってます・・・。相場も落ち着いてきたし、わんこと朝のお散歩してきます。
きっと日中、眠いだろうなぁ。おや、 122.183と122.20が割れてますね。122.00割れないで推移する
ようなら122.10割れを買ってみるかな。指値はしませんけど。では。


再びお早うございます。122.10も割れなかったんですね~。122.132が安値でそこから切り返して
122.278でしたが、今戻り高値更新して122.284。122.10割れでしばらく揉み合いするんだったら、
ドル買いしたいなと思いましたが買えず に(散歩中に)上がってしまいました。

材料出尽くし感から来る売りよりも、ポジションを軽くした連中がもう一回買いたい水準まで下がって
くれなかったためビッドアップした 121.65-70近辺は今日は底堅くなるんでしょう。ただし海外では
FOMC、米利上げが予定通りスタートしとりあえずクリスマス前のイベントは終了と いった風情。

来週初めにまだ海外勢、相場やってくれるのかな?と実は危惧しています。それよりは12月28日の
月曜日から気持は新年度入りしてやる気になる海 外勢のほうが多いと思っているので。または、最後に
ボーナスをもらえるはずのECB金融緩和で大きくずっこけたファンド連中が形振り構わず残された時間、
銀行から、両サイドプライスは貰わず、At bestで売ったり買ったりして(薄いから銀行が両サイドクオート
を拒否する場合あり。Which price do you want? Buy or Sell? 金融機関はノーリスクだから喜びます!)
死に物狂いで利益を出そうとしてくるのか。

まともな連中はクリスマス休暇に思いをはせながら、気持は既にトレーディングルームにあらず。儲かって
いる欧州勢は暖かい場所に向けて移動を18 日から開始でしょうか?そんな状態だから、本来日本でも
せめて12月25日だけでもクリスマスは世界にあわせて休場にしていただけるとありがたいなぁ。

実はクリスマス休暇の最中、ずっと開いているのは世界で東京だけ。だからこの時期、世界中の銀行の
オーダーが昔は外資系銀行の東京支店に集まりま した。大昔は、各拠点からテレックスなどでばらばら
に回ってくるオーダーもあり、通貨別、レート別にソートすることを人的にやっていた時期もあったりで
大騒ぎ。特に何で動くのか判らない朝方にドル円が動くと、クロス円のわけのわからないオーダーが成立
していたりするので、冷や汗、そして損が出て 落胆したものでした。スイス円じゃなくて円スイスのレート、
たとえば123.40のスイス円は0.81037(要は100円が何スイスか?で表示) されていたりで、
判らん!ちゅうに・・・。

気がついたときには串刺しになっていたりで、儲かっていたケースはほとんど記憶に無く、ミスが発覚した
ときにはやられだけだった苦い記憶が。そんなこんなで、あまり皆様、無理はなさらぬように。
プライスリスクより、流動性リスクにご注意くださいませ!



ドル円 買い
ドル円は122.220、122.120でドル買いから。ストップは121.850にとりあえず置いて122.550、
122.650で利食いするような買い先行の回転で。

レンジ 122.100(122.220)--(122.550)122.700 作成時 122.516-519 10:46AM


ユーロドル 売り
ユーロドルは1.09050、1.09180で売りから。ストップは1.09450に置きながら、1.08250、
1.08100で買い戻しをかける方針。

レンジ 1.08000(1.08250)--(1.09050)1.09200 作成時 1.08608-613 10:47AM


ユーロ円 様子見
ユーロ円はドル中心の相場でクロス円は方向感がはっきりせず、今日は手を出さないことと
します。気持ちは買い目ですが、様子見します。

レンジ 132.500--133.500 作成時 133.046-052 10:50AM


ポンド  様子見
ポンド円はドル中心の相場でクロス円は方向感がはっきりせず、今日は手を出さないことと
します。気持ちは買い目ですが、様子見します。

レンジ 182.600--184.200  作成時 183.395-408 11:30AM 

対ドルは1.49950、1.50050で売りから参入するイメージ。ストップは1.50300に置きながら、
1.49350、1.49200で買い戻しをかける回転をイメージ。

レンジ 1.49200(1.49350)--(1.49950)1.50050 作成時 1.49603-614 11:15AM

豪ドル  様子見
豪ドル円はドル中心の相場でクロス円は方向感がはっきりせず、今日は手を出さないことと
します。気持ちは買い目ですが、様子見します。

レンジ 87.600--88.800 作成時 88.053-061 11:30AM

対ドルは0.72050、0.72200で売りから。ストップは0.72500に置きながら、0.71500以下、
0.71300で買い戻しをかけるイメージです。

レンジ 0.71300(0.71500)--(0.72050)0.72200 作成時 0.71728-739 11:18AM

ニュージードル  様子見
ニュージー円はドル中心の相場でクロス円は方向感がはっきりせず、今日は手を出さないことと
します。気持ちは買い目ですが、様子見します。

レンジ 82.200--83.200 作成時 82.618-632 11:31AM

対ドルは0.67650、0.67800で売りから。ストップは0.68100に置きながら、0.67000、0.66900
で買い戻しをイメージします。

レンジ 0.66900(0.67000)--(0.67650)0.67800 作成時 0.67350-367 11:19AM





新規口座開設はこちら

ブログランキングに参加しています!応援クリックお願いします!
ブログランキング ポンド円FC2



------------------------------------------------------------
■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品
ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果
(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって
注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。
特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が
高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアや
ポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければ
ならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。
スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が
高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人の
お客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)× 4%の額となり、レバレッジは、
想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、
1Lotあたり500円となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので、
それぞれの値が変動することにより、レバレッジも変動します。店頭バイナリーオプション取引
「MTBO」は、判定時刻の為替レートが、当社の設定した最大7本の権利行使価格から、お客様が
選択された権利行使価格よりも、上昇するか下降するかを予想するヨーロピアンタイプのラダー
バイナリーオプション取引です。最大損失額は、オプションの取得対価の全額となります。
取引単位は1ロット(1ロット当たりの価格は0~1,000円)、1回の取引あたりの最大取引単位は
50ロットとなります。手数料は無料です。オプションの購入後において、取引をキャンセルする
ことはできません。購入したオプションを取引可能期間前に清算(売却)をすることはできます。
但し、購入価格と清算価格にはスプレッドがあり、清算時に損失を被る可能性があります。
「MTBO」は投資額に比べて大きな利益を得る可能性がある反面、投資元本の保証はなく、お客様
にとって為替レートが不利な方向に変動することにより投資元本の全てを失う可能性のある
リスクが高い金融商品です。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引および店頭
バイナリーオプション取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インター
ネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。
また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。
お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身
の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。

関東財務局長(金商)第238号 / (社)金融先物取引業協会 会員番号1503 金融商品取引業者 JFX株式会社

■このレポートは情報提供を目的とし、投資の断定的判断を促すものではありません。お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。この情報により生じる一切の損害について、当社は責任を負いません。本レポート中の意見等が今後修正・変更されても、当社はこれを通知する義務を負いません。著作権はJFX株式会社に帰属し、無断転載を禁じます。

■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。為替リスク想定比率は、通貨ペアごとに異なり、当社では、原則として一般社団法人金融先物取引業協会が金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1項に規定される定量的計算モデルを用いて算出する数値を利用します。なお、為替リスク想定比率は、原則として1週間ごとに見直しが行われ、レバレッジは、為替リスク想定比率の逆数(想定元本÷必要証拠金)となりますので、1週間ごとに変動します。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



copyright c 2016 FXブログ|小林芳彦のマーケットショット all rights reserved. powered by FC2ブログ.