情報提供を目的としており、お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。

マーケットショット > 「ドル円・ユーロドル・ユーロ円は売り。ポンド円・オセアニア円は売り様子見。」

「ドル円・ユーロドル・ユーロ円は売り。ポンド円・オセアニア円は売り様子見。」


※対円通貨ペアは1pip=1 銭、対円以外の通貨ペアは1pip=0.0001 で表示しています。
※表示スプレッドの適用は、AM9:00 から翌日AM2:00 となります。適用時間のうち、
流動性の低い時間帯や経済指標発表時等の例外的な事象、さらに天変地異等の突発的な事象に
よっては、スプレッドが広がり、約定結果が上記スプレッドと合致しない場合もあります。
※掲載日 2015年10月21日。




☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆

「ドル円・ユーロドル・ユーロ円は売り。ポンド円・オセアニア円は売り様子見。」

☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆
--------------------------------------------------------------------------------------

1月4日

12月31日の概況


★ヒロセ通商のお得なキャンペーン情報★

1.★素晴らしいスタート!!LION福袋2016プレゼント!★
2.★ヒロセ通商オリジナル!2016年版FX専用マリンカレンダープレゼント!★
3.★冬の寒さをふっとばす!ゾロ目であつあつドリアプレゼント!★
4.★国産高級黒毛和牛300gプレゼント!★
5.★1月 のりかえキャンペーン!★
6.★1月 新春 1万円キャッシュバックキャンペーン!★
7.★法人様限定キャンペーン!★
8.★LION FX取引高キャンペーン!最大68万円キャッシュバック!★

※詳細はHPでご確認ください。


「LION FX」ログインはこちら
http://hirose-fx.co.jp/





ドル円  売買方針 売り
参入   120.480
利食い  120.230
損切り  120.680             作成時    120.383-386      10:33AM

 
ユーロ円 売買方針  売り
参入   130.720
利食い  130.150 
損切り  131.050             作成時    130.468-474       10:44AM


ポンド円 売買方針  売り目様子見

参入   -
利食い  -
損切り  -                作成時    176.293-306 00:04PM
    
     
-------------------------------------------------------------------------------

1月4日

12月31日の概況



おはようございます。薄い月曜日の早朝に120.00割れがあるかと思いましたが、仕掛ける人が少なく
120.10台 まで戻されてそこからは120.386まで持ち上げられており、買いが優勢な展開です。120.01
安値を付けた12月31日のNYですが120.35も 回復していなかったので、 120.386は戻り高値です。
120.335でとりあえず2016年の初トレードはドル売りしてみました。今年も引っ張らず、コツコツと積み
上げていく「キツツキ戦法」で行きたいと思います。ことにもよろしくお願い申し上げます。
120.315で ドル円ショートを買い戻し。まずは利食いでトレードを確定させることが大事だとおもいます。

今日は休み明けの月曜日ですが、仲値不足にはまずならない。ので、120.335で 今新規に売ってみました。
なぜかと言うと(120.308で 買い戻し)12月31日から昨日まで日本の銀行がお休みで、輸入書類が
出来上がらないからです。12月30日以降に日本に到着した航空貨物の中に輸入書類が含まれています
が、(成田と関空中心)年賀状の配送でフル回転している郵便局のシステ ムで無人の邦銀の本店、または
外国事務センターに郵便物が届きます。しかしポストに入るだけで、これを捌く人が誰もいません。

本日やっと、銀行内で 総務課とかが、年賀状を中心とした大量の郵便物を仕分けして、やっと外国事務
センターに到着するのがまあ、午前中ぐらいでしょう。行内メール分担当のおじさんたちは、ガッツ入れて
郵便が多いからと言って朝6時から始めるわけはないので。到着した郵便物をオンライン接受して、オンライン
勘定に乗せて各営業店向けに日通の現金輸送車に乗せて配送し、到着するのが早くても本日の夕方。
通常は明日以降。これが営業店から輸入業者に提示されて、どの ように決済するかの返事(キャッシュ=
スポット仲値、予約、輸入ユーザンス=外貨で借りてとりあえず対外決済は先にやる。数か月先に売上金
で借入決済) がきて、初めて仲値で、輸入企業がドル買いする金額が決まってくるのです。今日の仲値
があるとしたら、これは明らかに100%昨年出来ていた書類の決済が今年にずれ込んだ分。
そんなに金額は多くないと思います。

輸入書類の決裁が増えてくるのは1月6~7日以降のはずです。一方輸出企業の輸出手形の持ち込みは
かなりずれ込み、どんなに早くても1月13 日~15日以降。通関をかける。船積みする。保険をかける。
輸出手形に必要なドキュメンツを揃えるという一連の流れ作業が完成してはじめて銀行に輸出手形 の
買い取を持ち込んでくるためです。12月30日に完成していた書類は銀行に持ち込んで買い取してもらって
現金化を絶対するはずだから、今日買い取 に持ち込むとしたら年末に自社の手続きが遅くて輸出手形が
完成しなかったというある意味怠慢な書類のみ。

1月月初は仲値不足、月央から輸出の持ち込みで 仲値不足が解消する流れとなることが多いんです。
もちろん特殊事情で仲値不足・仲値余剰が決まることがありますが、貿易業務では、本日仲値が大幅に
不足することは考えにくく、ましてや仲値余剰(輸出>輸入)となることはさらに考えにくいと思います。
この一連の動きは銀行が連続した休みの時に起きるもので、お盆のように銀行が毎日営業している時には
起きません。覚えて置くとためになります。本日もよろしくお願いいたします。




ドル円 売りから。
ドル円は120.420、120.480で売りから。ストップは120.680に置きながら、120.230、
120.150で買い戻しを図るような回転をイメージしました。

レンジ 120.150(120.230)--(120.420)120.500 作成時 120.383-386 10:33AM


ユーロドル 売り
ユーロドルは1.08710、1.08850で売りから。ストップは1.09150に置きながら、1.08150、
1.08000で買い戻しする回転をイメージ。

レンジ 1.08000(1.08150)--(1.08710)1.08850 作成時 1.08426-431 10:41AM


ユーロ円 売り
ユーロ円は130.720、130.820で売りから参入する。ストップは131.050に置きながら、
130.260、130.150で買い戻しを図るような回転をイメージ。

レンジ 130.150(130.260)--(130.720)130.820 作成時 130.468-474 10:44AM


ポンド 急落してて今から売れない。売り目様子見
ポンド円は売り目様子見

レンジ 176.000--176.950 作成時 176.293-306 00:04PM

対ドルは 1.47950でストップに置き、1.47750レベルを売りから。1.47200、1.47100で
買戻しを図る。

レンジ 1.47100(1.47200)--1.47750(1.47850) 作成時 1.47052-063 11:43AM

豪ドル 急落してて今から売れない。売り目様子見
豪ドル円は売り目様子見

レンジ 86.150--87.200 作成時 86.569-577 00:04PM

対ドルは0.72500、0.72600で売りから。ストップは0.72900に置きながら、0.72050、
0.71850で利食いイメージ。

レンジ 0.71850(0.72050)--(0.72500)0.72600 作成時 0.72179-190 11:45AM

ニュージードル 急落してて今から売れない。売り目様子見
ニュージー円は売り目様子見

レンジ 80.700--81.650 作成時 81.040-035 00:09PM

対ドルは0.67850、0.67950で売りから。ストップは0.68250に置きながら、0.67250、
0.67150で買い戻しを考える回転。

レンジ 0.67150(0.67250)--(0.67850)0.67950 作成時 0.67593-610 11:46AM




新規口座開設はこちら

ブログランキングに参加しています!応援クリックお願いします!
ブログランキング ポンド円FC2



------------------------------------------------------------
■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品
ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果
(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって
注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。
特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が
高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアや
ポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければ
ならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。
スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が
高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人の
お客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)× 4%の額となり、レバレッジは、
想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、
1Lotあたり500円となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので、
それぞれの値が変動することにより、レバレッジも変動します。店頭バイナリーオプション取引
「MTBO」は、判定時刻の為替レートが、当社の設定した最大7本の権利行使価格から、お客様が
選択された権利行使価格よりも、上昇するか下降するかを予想するヨーロピアンタイプのラダー
バイナリーオプション取引です。最大損失額は、オプションの取得対価の全額となります。
取引単位は1ロット(1ロット当たりの価格は0~1,000円)、1回の取引あたりの最大取引単位は
50ロットとなります。手数料は無料です。オプションの購入後において、取引をキャンセルする
ことはできません。購入したオプションを取引可能期間前に清算(売却)をすることはできます。
但し、購入価格と清算価格にはスプレッドがあり、清算時に損失を被る可能性があります。
「MTBO」は投資額に比べて大きな利益を得る可能性がある反面、投資元本の保証はなく、お客様
にとって為替レートが不利な方向に変動することにより投資元本の全てを失う可能性のある
リスクが高い金融商品です。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引および店頭
バイナリーオプション取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インター
ネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。
また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。
お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身
の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。

関東財務局長(金商)第238号 / (社)金融先物取引業協会 会員番号1503 金融商品取引業者 JFX株式会社

■このレポートは情報提供を目的とし、投資の断定的判断を促すものではありません。お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。この情報により生じる一切の損害について、当社は責任を負いません。本レポート中の意見等が今後修正・変更されても、当社はこれを通知する義務を負いません。著作権はJFX株式会社に帰属し、無断転載を禁じます。

■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。為替リスク想定比率は、通貨ペアごとに異なり、当社では、原則として一般社団法人金融先物取引業協会が金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1項に規定される定量的計算モデルを用いて算出する数値を利用します。なお、為替リスク想定比率は、原則として1週間ごとに見直しが行われ、レバレッジは、為替リスク想定比率の逆数(想定元本÷必要証拠金)となりますので、1週間ごとに変動します。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



copyright c 2016 FXブログ|小林芳彦のマーケットショット all rights reserved. powered by FC2ブログ.