情報提供を目的としており、お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。

マーケットショット > 「ユーロドルは買い。ドル円・クロス円は売りで。」

「ユーロドルは買い。ドル円・クロス円は売りで。」


※対円通貨ペアは1pip=1 銭、対円以外の通貨ペアは1pip=0.0001 で表示しています。
※表示スプレッドの適用は、AM9:00 から翌日AM2:00 となります。適用時間のうち、
流動性の低い時間帯や経済指標発表時等の例外的な事象、さらに天変地異等の突発的な事象に
よっては、スプレッドが広がり、約定結果が上記スプレッドと合致しない場合もあります。
※掲載日 2015年10月21日。




☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆

「ユーロドルは買い。ドル円・クロス円は売りで。」

☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆
--------------------------------------------------------------------------------------

1月5日

1月4日の概況


おはようございます。上海株式の急落からサーキットブレーカー発動で、夏の恐怖が蘇り、一斉に
リスクオフに走った結 果、世界の株価が急落。ドル円は118.71まで午後5時過ぎに下落。ただし
昨晩新春特別Live!でもお話ししたように118.71は120.47から の急落を考えると一旦いいとこだった
のかもしれません。

119.17まで戻した後、Live!前で118.72レベルをやってダブルボトムっぽくなって119.36へ。米国株
の急落もあって(米ダウは一時、前営業日比460ドル超下落し1万7000ドルを割り込む)119.00まで
下がるも、徐々に市場がドル売りに傾き 売っても下がらないような展開となった。0:19AM
「119.17くらいが固まると、次の波動で119.30台を狙いそうですね。」と 帰りの電車内でツイート
したら即119.30台に乗せて、0:26AM「この動き、買った方が回せるでしょ。」とツイートしたら、
その後午前3時過ぎに 119.50高値をタッチ。

緩んで119.28レベルで、119.46でNYはクローズ。つい先ほど119.528まで上値追いしています。
下 がって午前8時の119.294だったので119.00が固くなった可能性はあります。118円台のショート
が切れて119円台20-40のショートに 振り替わったイメージがあり、その分、下値が固くなった
ような印象。

今日の日経平均、そして何より昨日の激震の震源地である上海株式の動きを見な がらの神経質な
オペレーションですが、基本はドル円は戻り売りだと思います。跳ねたら打診売りしておきます。
今日もよろしくお願いします。

仲値前にもう一回上がると思い、119.432で売った分を119.405で買い戻したら、日経平均が崩れて
そのまま ズルリ。119.40まで待てない気がして仕方なく119.348から売り始めて売り回転。
119.196で買戻ししてスキャルは一旦中断。事務に移行し ます。

上海株式 プラ転する勢いだな~。ドル円、ショートを担いで119.504タッチ。株式次第だから
凄くやりにくい。
はにゃ!119.567と高値更新。上海 プラ転!砕け散るショート勢の流れです。売り途中でやめて
よかったな~。
119.608と高値更新!節操ないし、訳が判らなくなってきたから、しばらく眺めよう。

作っていた売買方針、作り直し。

ドル円 売り
ドル円は引きつけて119.590、119.650で売りから。ストップを119.910に置きながら、
119.200、119.110で買い戻すイメージ。

レンジ 119.100(119.200)--(11.600)119.650 作成時 119.537-540 11:09AM


ユーロドル 買い
ユーロドルは1.08050、1.07950で買いから。ストップは1.07800に置きながら、1.08650、
1.08800で利食いする買いの回転をイメージしました。

レンジ 1.07950(1.08050)--(1.08650)1.08800 作成時 1.08267-272 11:15AM


ユーロ円 売り
ユーロ円は129.650、129.750で売りから。ストップは130.100に置きながら、129.150、
129.050で買い戻しする売り回転をイメージしました。

レンジ 129.050(129.150)--(129.650)129.750 作成時 129.423-429 11:22AM


ポンド 売り
ポンド円は176.250、176.350で売りから。ストップは176.650に置きながら、175.450、
175.350で買い戻しする方針。

レンジ 175.350(175.450)--(176.250)176.350 作成時 175.923-936 11:40AM

対ドルは1.47410、1.47500で売りから。ストップは1.47750に置きながら、1.46850、1.46700
で買い戻す方針。

レンジ 1.46700(1.46850)--(1.47400)1.47500 作成時 1.47128-139 11:36AM 

豪ドル 売り
豪ドル円は86.450、86.550で売りから。ストップは86.800に置きながら、85.600、85.500で
買い戻しをかける回転をイメージ。

レンジ 85.500(85.600)--(86.450)86.550 作成時 86.172-180 11:40AM

対ドルは0.72330、0.72450で売りから。ストップは0.72650に置きながら、0.71750、
0.71600で買い戻しする回転をイメージ。

レンジ 0.71600(0.71750)--(0.72330)0.72450 作成時 0.72059-070 11:38AM

ニュージードル 売り
ニュージー円は80.950、81.050で売りから。ストップは81.300に置きながら、80.350、
80.250で買い戻しを図るような回転をイメージしました。

レンジ 80.250(80.350)--(80.950)81.050 作成時 80.647-661 11:40AM

対ドルは0.67750、0.67900で売りから。ストップは0.68200に置きながら、0.67200、
0.67100で買い戻しする回転をイメージ。

レンジ 0.67100(0.67200)--(0.67750)0.67900 作成時 0.67432-449 11:39AM

関東財務局長(金商)第238号 / (社)金融先物取引業協会 会員番号1503 金融商品取引業者 JFX株式会社

■このレポートは情報提供を目的とし、投資の断定的判断を促すものではありません。お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。この情報により生じる一切の損害について、当社は責任を負いません。本レポート中の意見等が今後修正・変更されても、当社はこれを通知する義務を負いません。著作権はJFX株式会社に帰属し、無断転載を禁じます。

■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、想定元本(為替レート×取引数量)×1%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大100倍となります。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



copyright c 2016 FXブログ|小林芳彦のマーケットショット all rights reserved. powered by FC2ブログ.