情報提供を目的としており、お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。

マーケットショット > 「ユーロドルは 戻り売り。ドル円・クロス円は押し目買い。」

「ユーロドルは 戻り売り。ドル円・クロス円は押し目買い。」

20160106_sp_hikaku1.png



☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆

「ユーロドルは 戻り売り。ドル円・クロス円は押し目買い。」

☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆
--------------------------------------------------------------------------------------

2月12日

2月11日の概況



おはようございます。今朝は冷えていますね。昼間は暖かかったのに昨晩から急激に気温が下がった
ようです。気温は0度 ぐらいでワンコ散歩には耳当てがまたは深めの帽子が必需品!リリーは今日も
元気です!

さて、相場はなんちゃって介入っぽく誰かが買いあげて、一人時間差攻撃で叩き売ったと私は想像
していますが、急激に111.50から113.21まで噴き上がって、あっという間に111.90まで急落すると
いう乱高下となりました。 レートチェックの話もなければ、介入だという話もディーラーからは
聞こえてこず、多分【な~んちゃって介入】だったんでしょう。

実際に介入だったら五月雨式に各行を財務大臣の指示のもと、エージェントとして日銀が為替介入
を行いますから、あのような値動きではなく、どんどんと上値を買い上げ る、少なくとも約3円
噴き上がる(111.50→114円台ミドル)値動きになっている可能性が高いと思いました。しかし、
あっという間に40~50銭下がるに及んで、これはおかしい。なぜだったら複数の日銀担当者が
50百万ドルぐらいの両サイドプライスを聞いてヒットする(買う)か Nothingする(買わない)
方式なので、呼ばれた銀行はカバー玉だけでなくその数倍の金額を市場から買いまくります。
経験則上、介入は数ラウンド(数 千万ドル ×数行を3~5回ぐらい叩くイメージ。実際の金額や
回数は財務省の担当者次第でしょうから)行われるので、最初に噴き上がっただけで垂れてくる
ことは考えられないからです。

しかも時間がNY市場がオープンする前。ただしいろんな憶測を呼びますから111円割れを攻める
ような雰囲気は皆無となって新規失業保険申請件数が予想280千件が269千件と予想比少なく、
これでドル買いとなって112.69レベルをタッチ。昨晩も指摘したように 「介入じゃないからじり
じり下がってNY市場で112.00を割れる。しかし本日東京が開くため日銀が出社する(介入するとは
思えないが)ので気持ちが悪いため、明け方からじわじわとドルの買い戻しが進むイメージ」
でした。

まさにその通り午前2時前に111.58レベルを付けた後、午前5時前に 112.57レベルを擦るなど
まさに1円上昇!ようは薄いマーケットなんだと思います。実弾介入は入るとは決して思いま
せんが、要人からノイズ(牽制球) が出てくるでしょう。イエレン議長の質問に対する答えが
「マイナス金利を検討しているか?→他の中銀導入で検討、評価完了していない、排除しない」
午前1時12分のロイターニュース、その前にもドル高について懸念を述べたことがドル売りの
背景でしたが、日銀の存在がなければ111円をトライした流れだったと思います。

さて、NYで下がって、日銀警戒感(何回も言いますが介入はないと思っています。これでやったら、
すごいと思います。世界の金融筋を無視してやるんでしょうから!)で上がってくるとイメージ
した通りですがこれで東京で午前中にも何もないなら次第に頭打ちとなって111.80-60ゾーンの
方へジリ安となる可能性が高いのではないかと思います。少なくともNYダウが15660.18  -254.56 
CME日経平均先物も15170.00 日経比 -543 で15000円の攻防!? われらの年金は一体どうなって
いるのか、含み損が20兆円を超えてしまうのかなぁ?貰いたいな、切実に・・・。
どのような運用を描いていたんだろう?まさかやられることなんか想定していなかったんですかね?
原資が足りないという理由で充分な議論を尽くさないまま、ポートフォリオの%変更を決めた責任
は一体だれが取るのか?取らないんでしょうなぁ。

金額は判りませんけどGPIF,KKR,地方公務員共済で平成26年度でも166兆円ぐらい原資がありました
が外国債券、外国株式だけで合計 40%、日本の株式が25%が基本ポート・・・。株価が20000円から
15000円へ、為替が120円が110円へ。米債券価格上がっていますが米株価 が 18000ドルから15500
ドルへ下落してしまった現在、いったいいくらの含み損を抱えているのか計算するのも怖いといった
ところでしょうかね。含み損も金額が大きくなり過ぎると麻痺しちゃう部分がありますから。
そんな中、今日の日経平均は大幅下落でスタートでしょう。本来元気にドル円は 買えないと思う
のですが、万が一跳ねたら112円台後半を売ってみましょう。111円台ではこまめに買い戻しして、
いつノイズが出てくるか、なんちゃって介入をしかけてくる輩もいるかもしれないし。

高等戦術で1行だけ使って介入するという方法を実際に行っていた時期もあったので、月末の
平衡操作報告が楽しみ!本日もよろしくお願いいたします。

今日はイメージは112.75-80売り。113.10売り。113.50ストップ。利食いは111.75~55で。
ただし指値でやるというよりも流れで、成行で売り買いすべきでしょう、こんなに荒れている相場は。
指値は非常に危険ですから。

安定運用の国債60%を35%に減額し、外国株式を12%→25%、外国債券11%→15%、国内株式
12%→25%へ、平成27年10月から GPIF、国家公務員、地方公務員、私学共済が一元化されました。
平成26年10月23日にポートフォリオの変更が厚生労働大臣の認可を得て公表されています。
こんなにリスク資産を増やしたら逆行った時に(株安・円高)莫大な含み損を抱えることは判って
いたはず。アベノミクスで推 し進めた株高、円安はこのポートフォリオの変更に伴い年金が日本の
株買い、外債・外株買いを進めた結果、もたらされた部分が大きかった

のですが、割り当てられた原資を買い切って、もうそんなに以前ほど株を押し上げることも、為替を
円安に持っていくことも出来なくなってこの現状で す。アベノミクスを失敗に終わらせないために
年金資金で株価押し上げ・円安誘導を図った面が全くなかったのかどうか追求されて然るべき。


ドル円 買い
ドル円は112.650、112.750まで跳ねたら売りから入ってもいいが、111円台を引きつけて
買いから入りたい。111.00割れまでもう下にはストップはない。口先介入警戒感、および
15000円が割れた相場はそろそろ反転してもおかしくはない。突っ込んで売ることは避けて
引きつけて買い場探ししたい。利食いは112.650、112.750で。ストップは111.450で。

レンジ 111.650(111.850)--(112.650)112.800 作成時 112.410-413 11:03AM


ユーロドル 売り
ユーロドルは引きつけて1.13450、1.13600で売りから。ストップは1.13900に置きながら、
1.12650、1.12550で買い戻しをかける回転をイメージ。

レンジ 1.12550(1.12650)--(1.13450)1.13600 作成時 1.13055-060 11:04AM


ユーロ円 買い
ユーロ円は126.500、126.400で買いから。ストップは126.150に置きながら、127.450、
127.550で利食いするような回転をイメージ。

レンジ 126.400(126.500)--(127.450)127.600 作成時 126.928-934 11:10AM


ポンド 買い
ポンド円は161.600、161.500で買いから。ストップは161.250に置きながら、163.400、
163.500で利食いをイメージ。

レンジ 161.500(161.600)--(163.400)163.500 作成時 162.398-411 11:43AM

対ドルは 1.44950、1.45100で売りから。ストップは1.45400に置きながら、1.44200、
1.44100で買い戻しする。

レンジ 1.44100(1.44200)--(1.44950)1.45100 作成時 1.44667-678 11:41AM

豪ドル 買い
豪ドル円は79.050、78.850で買いから。ストップは78.700に置きながら、80.200、
80.350で利食いするような回転をイメージ。

レンジ 78.850(79.050)--(80.200)80.350 作成時 79.632-640 11:43AM

対ドルは0.71400、0.71500で売りから。0.71750でストップを置きながら、0.70650、
0.70400で買い戻しを行うイメージ。

レンジ 0.70400(0.70650)--(0.71400)0.71500 作成時 0.70956-967 11:41AM

ニュージードル 買い
ニュージー円は74.350、74.250で買いから。ストップは74.000に置きながら、75.350、
75.450で利食いする回転をイメージ。

レンジ 74.200(74.350)--(75.350)75.500 作成時 74.884-898 11:43AM

対ドルは 0.67100、0.67200で売りから。ストップは0.67400に置きながら、0.66350、
0.66200で買い戻しを行う方針。

レンジ 0.66200(0.66350)--(0.67100)0.67200 作成時 0.66721-738 11:42AM







新規口座開設はこちら

ブログランキングに参加しています!応援クリックお願いします!
ブログランキング ポンド円FC2



------------------------------------------------------------
■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品
ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果
(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって
注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。
特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が
高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアや
ポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければ
ならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。
スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が
高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人の
お客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)× 4%の額となり、レバレッジは、
想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、
1Lotあたり500円となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので、
それぞれの値が変動することにより、レバレッジも変動します。店頭バイナリーオプション取引
「MTBO」は、判定時刻の為替レートが、当社の設定した最大7本の権利行使価格から、お客様が
選択された権利行使価格よりも、上昇するか下降するかを予想するヨーロピアンタイプのラダー
バイナリーオプション取引です。最大損失額は、オプションの取得対価の全額となります。
取引単位は1ロット(1ロット当たりの価格は0~1,000円)、1回の取引あたりの最大取引単位は
50ロットとなります。手数料は無料です。オプションの購入後において、取引をキャンセルする
ことはできません。購入したオプションを取引可能期間前に清算(売却)をすることはできます。
但し、購入価格と清算価格にはスプレッドがあり、清算時に損失を被る可能性があります。
「MTBO」は投資額に比べて大きな利益を得る可能性がある反面、投資元本の保証はなく、お客様
にとって為替レートが不利な方向に変動することにより投資元本の全てを失う可能性のある
リスクが高い金融商品です。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引および店頭
バイナリーオプション取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インター
ネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。
また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。
お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身
の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。

関東財務局長(金商)第238号 / (社)金融先物取引業協会 会員番号1503 金融商品取引業者 JFX株式会社

■このレポートは情報提供を目的とし、投資の断定的判断を促すものではありません。お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。この情報により生じる一切の損害について、当社は責任を負いません。本レポート中の意見等が今後修正・変更されても、当社はこれを通知する義務を負いません。著作権はJFX株式会社に帰属し、無断転載を禁じます。

■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。為替リスク想定比率は、通貨ペアごとに異なり、当社では、原則として一般社団法人金融先物取引業協会が金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1項に規定される定量的計算モデルを用いて算出する数値を利用します。なお、為替リスク想定比率は、原則として1週間ごとに見直しが行われ、レバレッジは、為替リスク想定比率の逆数(想定元本÷必要証拠金)となりますので、1週間ごとに変動します。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



copyright c 2016 FXブログ|小林芳彦のマーケットショット all rights reserved. powered by FC2ブログ.