情報提供を目的としており、お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。

未分類 > 02/13のツイートまとめ

02/13のツイートまとめ

JFXkobayashi

@4e5f96fe59954cc 相棒の関連ですね。
02-13 23:52

@hitsuzikai ありがとうございます。
02-13 23:50

@burisabaaji はい、相棒で主役の女優さんがfxをやっている設定でした。ありがとうございます。見ていただいたのですね。
02-13 23:50

本日はよる23:55より放送予定です。 https://t.co/935DXkRyFf
02-13 12:57

ドラマ「武道館」で当社のMATRIX TRADERが採用されました。 https://t.co/cRev7MSfic
02-13 12:57

@XwUk9BnUX9E7PNC もちろん届くかどうかは判りませんが、このまま円安傾向に戻るとは到底思えません。111.00の攻防で跳ね返されたらダブルボトム形成で自立反転の目が出てくるとは思いますけど。このまま120円方向に戻ることはあり得ないと考えています。
02-13 11:14

@XwUk9BnUX9E7PNC はい。110円を狙うのではと思っていますが。
02-13 11:12

108円や105円ならスピードが速いという理由で介入は可能だったような気がするので、当然介入警戒感が強まります。でも113円台では介入も警戒する必要がないので、その分売りやすくなるのではないかと思っています。いきなり春めいて、朝のお散歩気持ち良かったです。来週も頑張りましょう!
02-13 10:45

だったです。昔の榊原氏が財務官だったの時のようなブルドーザー介入という根こそぎ上に持っていく、損切りさせない死者に鞭打つ介入と自ら当局が呼んだ介入方法とは異なっていましたが、それでも水準を押し上げる露骨な介入は出来なくなっていたと言えます。111円割れでは介入は無理と思いましたが
02-13 10:42

3円を超えるような乱高下は好ましくないとの暗黙の了解があり、介入しても3円押し上げれば介入がやむため、介入が終わると1.5~2円落ちることもありました。それ自体乱高下なのですが、買い切り玉をぶち込むことにより市場のドル需給バランスを改善し、徐々に円安に持って行くのが最近の介入
02-13 10:39

日本の当局は持っていないと過去弁明したからです。、したがって特定の水準に押し上げる意図もない。介入はあくまで急激な円高を止めるため、スムージングオペレーションに徹するので、介入を認めて欲しい。押し上げる介入はやらない!と政府が対外的に公約してしまいました。しかも大蔵省の時代から
02-13 10:36

引けは反落して113.27ですが、却ってこれで売りやすくなった気がします。ブログにも書いたように時間調整か、水準調整が入って然るべき。ただし日銀の介入は当然入らないというイメージです。やはり介入するなら水準ではなく断然スピードです。なぜなら公式見解は為替の適正水準に関し
02-13 10:34

好調で113.16LN高値へ。反落しても112.60割れが精いっぱいでその後ジリ上がりとなって113.15高値を超えてストップ炸裂。午前3時過ぎに113.25を超えてそのまま113.54高値まで午前4時10分過ぎに付けています。
02-13 10:33

速報には書き込みましたがその後112.40-65の不毛な揉み合いの後、午後9時過ぎから上昇基調をたどってしまいました。指摘していたようにドル円はショートに市場ポジションが傾いていたため、下がりきらずにジリ高。午後10時半の1月米小売り売上高(予想+0.1%、前月比+0.2%)が
02-13 10:33

日銀の介入が入るとは思わないが、110.99までタッチして一旦は時間調整か水準調整があってもおかしくはない金曜日の夕方というか夜、上のコメントをブログに書いてみました。午後7時過ぎ112.528の時でした。下がったら112.05、111円台でドル円をロングしたい旨、
02-13 10:32

NY ダウ  15973.84 +313.66 高 15974.04 安 15691.62WTI      29.07 +2.85 高   29.66 安  26.97CME日経平均15435.00 日経比+482
02-13 10:31

昨晩のドル円 ユーロドルドル円 LN高値 113.16 安値 112.09      NY高値 113.54 安値 112.60ユーロドルLN 高値1.1298 安値 1.1224 NY 高値 1.1278安値 1.1214
02-13 10:31

関東財務局長(金商)第238号 / (社)金融先物取引業協会 会員番号1503 金融商品取引業者 JFX株式会社

■このレポートは情報提供を目的とし、投資の断定的判断を促すものではありません。お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。この情報により生じる一切の損害について、当社は責任を負いません。本レポート中の意見等が今後修正・変更されても、当社はこれを通知する義務を負いません。著作権はJFX株式会社に帰属し、無断転載を禁じます。

■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。為替リスク想定比率は、通貨ペアごとに異なり、当社では、原則として一般社団法人金融先物取引業協会が金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1項に規定される定量的計算モデルを用いて算出する数値を利用します。なお、為替リスク想定比率は、原則として1週間ごとに見直しが行われ、レバレッジは、為替リスク想定比率の逆数(想定元本÷必要証拠金)となりますので、1週間ごとに変動します。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



copyright c 2016 FXブログ|小林芳彦のマーケットショット all rights reserved. powered by FC2ブログ.