情報提供を目的としており、お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。

マーケットショット > 「 ドル円は上値が重たく方向は戻り売り優勢に。ポンドは6月まで下落圧力がかかり続ける。」

「 ドル円は上値が重たく方向は戻り売り優勢に。ポンドは6月まで下落圧力がかかり続ける。」



「 ドル円は上値が重たく方向は戻り売り優勢に。ポンドは6月まで下落圧力がかかり続ける。」

☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆


3月21日

<<今週の注目点>>


☆ ドル円の戻りが鈍く、112.50が越せないと流れは再び110.50割れを狙うような値動きと
  なりがち。110.00にはダブルノータッチ・オプションがあり、手前で防戦買いが出るが、
  割れたら大口のストップ観測もある。どこまで下攻めができるか。期末前の日経平均・
  ドル円ともにPKO(準公的な機関のprice keeping operation)と海外投機筋との戦いと
  なる。
 
 
☆ まだ市場にショートが残っているユーロドルが1.13台ミドルを超えて1.14台半ばまで
  戻るか?ドラギさんの金融緩和打ち止め発言から下値は非常に限定的となっており、
  目先は上値追いか?
 
 
☆ まだ先の話ではあるが、英国のEU離脱・残留に関する国民投票6月23日に向けて
  世論調査の動向に注意を払う必要がある。5月19日のスコットランド、6月15日、6月21日と
  直前にTV討論会が行われることが決定。良識派(残留)が勝つのか、それとも英国の
  国家主権・尊厳を確実にする目的がメインで実態が伴わない意見(離脱)が勝つのか。
  離脱となったら500ピップスから1000ピップスぐらいポンドが急落する可能性がある。
  現在は離脱派が優勢!

  

3月21日~3月25日
---------------------------------------------------- 

経済指標カレンダー
  

03/21(月)
09:01 英国 3月ライトムーブ住宅価格(前月比) 2.9%
17:30 香港 2月消費者物価指数(CPI)(前年比) 2.7%
18:00 ユーロ圏 1月経常収支 255億ユーロ
23:00 米国 2月中古住宅販売件数(年率換算件数) 547万件 534万件
23:00 米国 2月中古住宅販売件数(前月比) 0.4% -2.4%

03/22(火)
09:30 豪州 10-12月期四半期住宅価格指数(前期比) 2.0%
09:30 豪州 10-12月期四半期住宅価格指数(前年同期比) 10.7%
13:30 日本 1月全産業活動指数(前月比) -0.9%
16:00 スイス 2月貿易収支 35.1億スイスフラン
18:00 ドイツ 3月IFO企業景況感指数 105.7
18:30 英国 2月消費者物価指数(CPI)(前月比) -0.8%
18:30 英国 2月消費者物価指数(CPI)(前年比) 0.3%
18:30 英国 2月小売物価指数(RPI)(前月比) -0.7%
18:30 英国 2月小売物価指数(RPI)(前年比) 1.3%
18:30 英国 2月卸売物価指数(食品、エネルギー除くコアPPI)(前年比) 0.0%
19:00 ドイツ 3月ZEW景況感調査(期待指数) 1.0
19:00 ユーロ圏 3月ZEW景況感調査 13.6
22:00 米国 1月住宅価格指数(前月比) 0.4% 0.5%
23:00 米国 3月リッチモンド連銀製造業指数 -4 -2

03/23(水)
14:00 シンガポール 2月消費者物価指数(CPI)(前年比) -0.6%
17:00 南ア 2月消費者物価指数(CPI)(前月比) 0.8%
17:00 南ア 2月消費者物価指数(CPI)(前年比) 6.2%
20:00 米国 MBA住宅ローン申請指数(前週比)
23:00 米国 2月新築住宅販売件数(年率換算件数) 49.4万件 50.0万件
23:00 米国 2月新築住宅販売件数(前月比) -9.2% 1.2%
24:00 ユーロ圏 3月消費者信頼感(速報値) -8.8

03/24(木)
06:45 NZ 2月貿易収支 0.08億NZドル
16:00 ドイツ 4月GFK消費者信頼感調査 9.5
16:45 仏 3月企業景況感指数 100
17:00 仏 3月製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値) 50.2
17:00 仏 3月サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値) 49.2
17:30 ドイツ 3月製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値) 50.5
17:30 ドイツ 3月サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値) 55.3
18:00 ユーロ圏 3月製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値) 51.2
18:00 ユーロ圏 3月サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値) 53.3
18:00 ユーロ圏 欧州中央銀行(ECB)月報 * * *
18:30 英国 2月小売売上高指数(前月比) 2.3%
21:30 米国 2月耐久財受注(前月比) 4.7% -2.5%
21:30 米国 2月耐久財受注・輸送用機器除く(前月比) 1.7% 0.0%
21:30 米国 前週分新規失業保険申請件数

03/25(金)
08:30 日本 2月全国消費者物価指数(CPI)(前年比) 0.0%
08:30 日本 2月全国消費者物価指数(CPI、生鮮食料品除く)(前年比) 0.0%
08:30 日本 3月東京都区部消費者物価指数(CPI、生鮮食料品除く)(前年比) -0.1%
08:50 日本 2月企業向けサービス価格指数(前年比) 0.2%
08:50 日本 前週分対外対内証券売買契約等の状況(対外中長期債)
08:50 日本 前週分対外対内証券売買契約等の状況(対内株式)
14:00 日本 1月景気先行指数(CI)・改定値 101.4
14:00 日本 1月景気一致指数(CI)・改定値 113.8
16:45 仏 10-12月期国内総生産(GDP、改定値)(前期比) 0.3%
16:45 仏 3月消費者信頼感指数 95
21:30 米国 10-12月期四半期実質国内総生産(GDP、確定値)(前期比年率) 1.0% 1.0%



------------------------------------------------------------

新規口座開設はこちら

ブログランキングに参加しています!応援クリックお願いします!
ブログランキング ポンド円FC2



------------------------------------------------------------
■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品
ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果
(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって
注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。
特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が
高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアや
ポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければ
ならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。
スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が
高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人の
お客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)× 4%の額となり、レバレッジは、
想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、
1Lotあたり500円となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので、
それぞれの値が変動することにより、レバレッジも変動します。店頭バイナリーオプション取引
「MTBO」は、判定時刻の為替レートが、当社の設定した最大7本の権利行使価格から、お客様が
選択された権利行使価格よりも、上昇するか下降するかを予想するヨーロピアンタイプのラダー
バイナリーオプション取引です。最大損失額は、オプションの取得対価の全額となります。
取引単位は1ロット(1ロット当たりの価格は0~1,000円)、1回の取引あたりの最大取引単位は
50ロットとなります。手数料は無料です。オプションの購入後において、取引をキャンセルする
ことはできません。購入したオプションを取引可能期間前に清算(売却)をすることはできます。
但し、購入価格と清算価格にはスプレッドがあり、清算時に損失を被る可能性があります。
「MTBO」は投資額に比べて大きな利益を得る可能性がある反面、投資元本の保証はなく、お客様
にとって為替レートが不利な方向に変動することにより投資元本の全てを失う可能性のある
リスクが高い金融商品です。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引および店頭
バイナリーオプション取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インター
ネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。
また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。
お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身
の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。

関東財務局長(金商)第238号 / (社)金融先物取引業協会 会員番号1503 金融商品取引業者 JFX株式会社

■このレポートは情報提供を目的とし、投資の断定的判断を促すものではありません。お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。この情報により生じる一切の損害について、当社は責任を負いません。本レポート中の意見等が今後修正・変更されても、当社はこれを通知する義務を負いません。著作権はJFX株式会社に帰属し、無断転載を禁じます。

■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。為替リスク想定比率は、通貨ペアごとに異なり、当社では、原則として一般社団法人金融先物取引業協会が金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1項に規定される定量的計算モデルを用いて算出する数値を利用します。なお、為替リスク想定比率は、原則として1週間ごとに見直しが行われ、レバレッジは、為替リスク想定比率の逆数(想定元本÷必要証拠金)となりますので、1週間ごとに変動します。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



copyright c 2016 FXブログ|小林芳彦のマーケットショット all rights reserved. powered by FC2ブログ.