情報提供を目的としており、お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。

マーケットショット > 【必読】小林芳彦のマーケットナビ活用方法と5月の相場展望

【必読】小林芳彦のマーケットナビ活用方法と5月の相場展望



【必読】小林芳彦のマーケットナビ活用方法と5月の相場展望


毎日多くの情報を更新している小林芳彦のマーケットナビ。

皆様方からもマーケットナビの使い方について多くのご質問を頂きます。
そのご質問にお答えする形で一緒に活用方法を勉強してみたいと思います。
よろしくお願い申し上げます。

________________________________
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        ★ マーケットナビ 活用方法★
________________________________
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

☆■───────────────────────────
■■ 1.どうやったら見ることが出来るの?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 会員制の情報なのでMATRIX TRADERの取引画面からのみ見ることが
 出来ます。

 取引画面の【情報】>小林芳彦のマーケットナビ


☆■───────────────────────────
■■ 2.日々実績について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 毎日、【米ドル円】【ユーロドル】【ユーロ円】【ポンド円】【豪ドル円】
 の5通貨について日々の収益を記載しています。

 2010年4月から月毎の収益を公表しております。

 a. 各通貨ペアの収益が2行になっているのは?
   左の列が指値がらみの収益、右の列は成行の収益を記入しています。

 b. 記号の意味は?
  
   ○ 指値に届かなかったが、方向は正しかったと思われる場合。
   ● 指値に届かなかったが、方向が間違っていたと思われる場合。
   △ 指値に届かなかったが、売買方針で○×の判断が付けられない場合。
   - 売買方針を作成せず様子見や、指値をしない場合。

☆■───────────────────────────
■■ 2.本日の参入レベル(売買方針)について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 売買方針に関しては本日の参入レベルをご覧ください。

 昨晩の概況、その後米ドル円の売買方針から豪ドル円の売買方針まで作成した順
 に速報に記入していますが、これが全部まとまった段階で公表するのが売買方針です。

 したがって内容を時間的に早く見るには速報をご覧頂くのが一番です。
 更新したと同時にお知らせで通知しています。

 夕方6時ぐらいまでのイメージですが、朝方考えた内容で、ずっと欧州時間や
 ロンドン時間の相場を見ることはあまり多くありません。
 相場は刻々と変化しています。
 参入レベルでイメージが変化した場合には速報に内容を記載し、売買方針を変更する
 事もあります。

 ジンクス 指値を入れていてあと5銭以内に近づいたものの、成立せず
      逆に10銭以上離れた場合には指値をキャンセルします。

      過去の経験則からいくと、次に指値が成立した場合には串刺しに
      なってしまうケースが非常に多いためオーダーを外しておきます。

☆■───────────────────────────
■■ 3.マーケット速報について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 a.自分がスキャルの売り買いを行った場合、全て記載しています。

 b.自分が感じた短期相場観やイメージの修正、要人の発言、ツイッターで
  つぶやいた内容を全てマーケット速報に記載しています。

  ツイッターやFacebookに記入したものは全て残さず速報に記入していますので
  情報量は速報が最も多くなります。

  
________________________________
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ★ 小林社長ちょこっと相場観 ★
________________________________
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■ドル円   

年内利上げが2回の予定があと1回になるのではというのが市場のコンセンサス。
米国の景気の動向は緩やかにスローダウンしつつあるようにも見受けられ
6月利上げは厳しいのではないかという個人的イメージ。
米財務省報告書の中で市場は秩序的であるとして我が国の為替介入に対し
けん制を行っており監視リストに日本を含めたことはやはり円高要因。
無秩序な動きでなければ介入は出来ないと認識しており、口先介入が行われ
ても実弾介入はたとえ105円を割っても厳しいのではないか。
依然としてリスクは円高方向で見ざるを得ない。
105.00円が割れたら102.00円、100.00円がサポートになると考えている。
一気に3円~5円を二日ぐらいで下落するような円高には介入できると
考えており、その時には5円ではきかないぐらい急騰すると思われ、ショート
ポジションには、損切りの逆指しの買いオーダーは必須だろう。

■ユーロドル 

1.1616ドルから1.1359ドルまで大きく下げたユーロドルだが、日足のボリンジャー
バンドのセンターライン1.13547ドルでピッタリ下落が止まった展開。今後の金融
緩和に関しては新たな実施は行われず、緩やかな上昇を描くのではないかと考えて
いる。1.1600ドルの大台を越せれば1.1750ドルから1.1800ドルぐらいまで可能な
ようなイメージで見ている。


■ユーロ円  

ドル円の上値が重たくなる分、ユーロ円は緩やかな円高方向でイメージします。
このところ、日足の一目均衡表の雲が強力な抵抗となっており、昨年10月9日から
22日までの10日間を除き、昨年8月から今まで日足の雲を上に抜けておらず、
ことごとく雲で跳ね返されていることに留意したい。目先は126円にかけて上値が
重たくなるとイメージしています。

        
■ポンド円  

昨年12月にそれまでのサポート180円が割れて2月初頭で175円で戻り上値を止められ
155円まで急落その後の戻りは165円には届かず151.637円まで下げて安値をタッチ。
2016年4月の戻り高値162.812円は日足の雲の中でした。EUからの離脱に関して是非
を問う国民投票を6月23日に控えて神経質な動きが予想されますが、離脱反対と
なって自然な買い戻しが入った場合、リバーサル・ヘッド・アンド・ショルダーを
形作って165円を超せば175円を目指して上昇も考えられます。離脱決定となったら
大幅な下落は免れず、140円~145円ぐらいまで下落する可能性もあるため、離脱時の
レベル感での買い下がりは非常に危険です。
        

■豪ドル円  

2016年1月初頭に86円を割り込んでから、86円は大きな抵抗として豪ドル円の上値を
押さえてきています。それからは大きく見ても4回、上値を止めており今回の下落は
利下げから来ている分、上値が重たく戻れません。更に今後利下げが見込まれている
状況では、トレンドは明らかに下落とイメージせざるを得ず75.550円が割れたら
72円~74円方向を目指して下落する可能性が高く、相当戻り売りが強そうです。中国
の景気減速を背景とした売りとさらなる利下げ観測で豪ドル円は戻りにくい展開が
続くと予想しています。


円買い、ドル買い他通貨売りとなっている関係でクロス円が弱い地合いが続きそうな気配です。
引きつけて戻り売りを狙っていくのがドル円・クロス円のメインシナリオだと思います。

よろしくお願い申し上げます。



新規口座開設はこちら

ブログランキングに参加しています!応援クリックお願いします!
ブログランキング ポンド円FC2



------------------------------------------------------------
■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品
ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果
(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって
注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。
特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が
高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアや
ポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければ
ならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。
スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が
高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人の
お客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)× 4%の額となり、レバレッジは、
想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、
1Lotあたり500円となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので、
それぞれの値が変動することにより、レバレッジも変動します。店頭バイナリーオプション取引
「MTBO」は、判定時刻の為替レートが、当社の設定した最大7本の権利行使価格から、お客様が
選択された権利行使価格よりも、上昇するか下降するかを予想するヨーロピアンタイプのラダー
バイナリーオプション取引です。最大損失額は、オプションの取得対価の全額となります。
取引単位は1ロット(1ロット当たりの価格は0~1,000円)、1回の取引あたりの最大取引単位は
50ロットとなります。手数料は無料です。オプションの購入後において、取引をキャンセルする
ことはできません。購入したオプションを取引可能期間前に清算(売却)をすることはできます。
但し、購入価格と清算価格にはスプレッドがあり、清算時に損失を被る可能性があります。
「MTBO」は投資額に比べて大きな利益を得る可能性がある反面、投資元本の保証はなく、お客様
にとって為替レートが不利な方向に変動することにより投資元本の全てを失う可能性のある
リスクが高い金融商品です。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引および店頭
バイナリーオプション取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インター
ネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。
また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。
お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身
の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。

関東財務局長(金商)第238号 / (社)金融先物取引業協会 会員番号1503 金融商品取引業者 JFX株式会社

■このレポートは情報提供を目的とし、投資の断定的判断を促すものではありません。お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。この情報により生じる一切の損害について、当社は責任を負いません。本レポート中の意見等が今後修正・変更されても、当社はこれを通知する義務を負いません。著作権はJFX株式会社に帰属し、無断転載を禁じます。

■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。為替リスク想定比率は、通貨ペアごとに異なり、当社では、原則として一般社団法人金融先物取引業協会が金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1項に規定される定量的計算モデルを用いて算出する数値を利用します。なお、為替リスク想定比率は、原則として1週間ごとに見直しが行われ、レバレッジは、為替リスク想定比率の逆数(想定元本÷必要証拠金)となりますので、1週間ごとに変動します。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



copyright c 2016 FXブログ|小林芳彦のマーケットショット all rights reserved. powered by FC2ブログ.