情報提供を目的としており、お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。

未分類 > 06/15のツイートまとめ

06/15のツイートまとめ

JFXkobayashi

あんまり下がらないというよりも・・・・ 動かない!今のところ、無理にポジションを取らずに既に今週から英国国民投票まで流す向きが増えているような気がしてならない。究極のイベントリスク回避。今までのディーラー人生でふつうは突発的に物事が発生したが、これは違う。避けられるリスクだから。
06-15 19:05

ポンド円150.80ストップ引っかけて151.182へ。今151.00割れへ反落ですが、それでもドル円は106.395と106.40には乗らず、再び106.33割れへ反落。上値は重たい。
06-15 17:47

151.148でロング 利食い 高値151.182まで触ったようですが、下げる過程で利食い。怖くてレベル感では売れません。
06-15 17:35

151.108でポンド円新規買い。指値せず。151.125でポンド円追加買い。151.00では買えませんでした。
06-15 17:34

傾いていそうで、その点から来るショートカバー意欲はありそう。朝方から見てもあまり下がらなさそうという直感は正しかった。仲値の後の106.104、106.107のショート、106.085でクローズして本当に良かったと思う。どう見ても今日はトレード日和ではなさそうだから。
06-15 16:05

150.70÷1.4174=106.32となるので ドル円高値106.338はほぼ計算通りの展開といえる。もう、押し上げたポンドの買い圧力が無くなり、ポンド円も150.55レベルへ垂れてきているので、ドル円が上がる圧力はポンド円からは無くなっている。ただしショートに全体的に
06-15 15:47

午後3時からのポンド円の急騰は1.4155にあったポンドドルのストップ買いが1.41741までポンドを跳ねあげ、連れて150.20で推移していたポンド円を150.70まで跳ねあげたため仕方なく 106.15にあったドル円が上がった可能性。106.15×1.4153=150.23→
06-15 15:43

@wb2kSH5XXc0clcG なんだか、いつ大玉が入るか判らず、薄い市場ではインターバンクも腰据えてやる気は毛頭ありません。出来るんだったら1週間休暇取って顧客サイドでやりたい方向だけ、やるのがベスト。両サイドなんて出したくない。カバーできるかどうかわからない大玉も捌くの嫌。
06-15 12:12

市場がスカスカな感じがしている。値動きがふわふわだ。
06-15 11:14

これ、本当に危ないな。ポンド円が出玉なのか?スカスカな市場でポンド円のショートカバー(買い戻し)と日経平均上昇。そしてドル円は売り目線の人多かったし、自分もそうだったし。あんまり下がらないと考えた方が良く【閑散に売りなし】にならぬようちょっと今日から安易な売りも、買いも慎もう
06-15 11:12

106.290指値ついたが、止めとくかな・・106.263で ショート利食いしてスクエアに。
06-15 11:07

106.229でドル売り止めておきます。なんだか嫌な気がする。
06-15 11:06

何だか値動き、スカスカな気がする。 ドル円でさえも。
06-15 11:06

106.234で新規売り
06-15 11:05

106.20が一瞬見えましたが・・・。すぐ106.18台後半になって今また上がってきました。106.222でロング利食い。
06-15 11:04

106.165で新規買い
06-15 11:03

106.192でロング閉じ 危ないスキャルでした。もっと上がるかと思いましたが、106.195が見えて叩いて106.192でした。
06-15 11:02

106.173で追加買い
06-15 11:00

106.175で新規買い
06-15 11:00

106.207でドル円ショート 買い戻し
06-15 10:59

106.225で新規売り
06-15 10:58

106.187で ドル円ショート買い戻し。
06-15 10:57

すみません、書き込み遅れました。106.250でドル円新規で売っています。106.290指値が付かない場合もあると思い、106.250から売りあがるつもりでしたが、1つしか売れませんでした。
06-15 10:56

@tkosmzw www更に混沌として・・・ 東京の顔を選ぶのですから・・・。これは困った。
06-15 10:55

後任・・・・・ 選択肢が・・ 。 ががが・・・人工知能でも壊れるやろ・・・選択できひん。 https://t.co/goBG7bpXri
06-15 10:32

105.25~35で売りイメージで見ていたドル円は105.23まで上げてきた時にまだオーダー入れていなかったから慌てて105.290で売り指値したが、オーダー入れる直前に触った106.273買いが高値で106.29は擦らずそのままするすると下がっていったとさ!106.119安値
06-15 10:23

今日からかなり離れたところで打診的に置くか、またはコールオーダーにして、その水準になったら通知されるようにしておくか。知らないうちにヒットされてストップまで電車道という無駄な損失は控えたいと思います。本日もよろしくお願い申し上げます。
06-15 09:39

105.70で。損切りは106.52で。ポンドを中心に相場がかなりこれから薄くなってくと思われます。市場流動性に気を付けて売り買いは基本は成行きで参入する方針で行きたいと考えます。指値はいきなり大玉が入ってスカスカな市場の時には一気にストップまで走ることが多くなると考えるため
06-15 09:36

に行われており、ポンド続落、ユーロも連れ安が目立ってきました。多少のポジションの巻き戻しが入るのは当然としてもトレンドが下落である以上、戻り売りが主流とならざるを得ず欧州通貨クロス円の上値は重たく推移中。本日ドル円は106.25-35で売り参入。利食いは105.80以下、
06-15 09:34

債券が買われ、金利が低下。その揺り戻しで巻き戻しが入ったり忙しい。株式はやはりリスク資産圧縮から下落と金融商品全般に影響が出てきています。もちろん、為替の世界が最も敏感にポンド安、ユーロ安に対して反応しており、一段とポジションを落とす動き(一部に損切りを含む)が流動性のある今週中
06-15 09:31

日銀の金融緩和も英国民投票前に行われるとは思えず、世界の注目は23日の英国民投票に全て注がれている感じです。世論調査の結果でも離脱派が増えている感じで、このままいくと英国がEUから脱退するというシナリオが現実となる可能性が更に増す週となります。ポンドやユーロが売られ、質への逃避で
06-15 09:28

106.50は相当重たくなりました。一方105.55を強く意識して下攻めした訳ですが、105.65以下買いオーダーも強く昨日は攻めきれず。FOMCでの米利上げは誰もあるとは考えておらず、実際にこの点においては材料にされていません。もちろん利上げされたら驚きのドル買いとなりますが。
06-15 09:24

おはようございます。はっきりしない、うっとうしい梅雨の朝です。ドル円に関しては昨日の東京時間の105.63-106.42が、一日を通じてのレンジとなりました。午後7時以降では105.82-106.18と106.00を挟んで上下わずか18銭。先ほど106.20まで上がりましたが、
06-15 09:21

@Mark_Douglas_ ありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。
06-15 00:11

@KSK_FX_ KSK_FX_様 これからもよろしくお願いもうしあげます。
06-15 00:10

関東財務局長(金商)第238号 / (社)金融先物取引業協会 会員番号1503 金融商品取引業者 JFX株式会社

■このレポートは情報提供を目的とし、投資の断定的判断を促すものではありません。お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。この情報により生じる一切の損害について、当社は責任を負いません。本レポート中の意見等が今後修正・変更されても、当社はこれを通知する義務を負いません。著作権はJFX株式会社に帰属し、無断転載を禁じます。

■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、想定元本(為替レート×取引数量)×1%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大100倍となります。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



copyright c 2016 FXブログ|小林芳彦のマーケットショット all rights reserved. powered by FC2ブログ.