情報提供を目的としており、お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。

未分類 > 06/24のツイートまとめ

06/24のツイートまとめ

JFXkobayashi

@Srusta_Foreign 私も待ってました!
06-24 20:45

102.524で 買い戻し。かなり動きが早いが、スキャルもやりやすい。
06-24 20:40

102.578で追加売り
06-24 20:39

102.584で新規売り
06-24 20:39

102.616まで跳ねた時、焦ってしまって、売りそびれ。ちょこっと戻るのまってたら102.616から102.55割れまで売れんかった。102.60~70は戻り売り強そうです。
06-24 20:36

102.507で買い戻し。
06-24 20:35

102.541
06-24 20:34

@rmtmhsyn0 それは強力!ですが、介入できないでしょうね、このレベルでは。
06-24 20:33

@spolt323f お待ち申し上げております!
06-24 20:33

@1Pipss 何時も応援ありがとうございます!これからも頑張ります!
06-24 20:31

いたけど、利上げはどうもこれで無くなったかもなぁ。その意味でもドル円上値が重たくなりますねぇ。
06-24 20:27

102.487でロング 利食い。本当はオーダー置いたみたいに 103.650で売り、利食いは102.150で。ストップは104.150でイメージしましたが、103.232から伸びずに102.00も割れてしまうなど上値は重たい展開となった。7月と12月にFRB利上げを行うと思って
06-24 20:26

102.361でドル円新規で買いましたが、買ったとたんに102.485まで噴き上がった。これはいったい何?
06-24 20:23

103.232まで戻し安値99.00から4円以上戻しましたが、欧州勢はやはり売ってきますね。102.00が目先のサポートっぽいですが、再び100円割れの方向に進むイメージです。99.00でも本日、日本当局が介入に動かなかったということは、介入のハードルが如何に高いかを如実に物語る
06-24 19:41

@Q3YSFKrha1PcIcf 協調介入はないですし、単独でも99.00まで下げても介入がなく、麻生財務相の発言は継続して・・・という条件のようにも聞こえる。このような下落が継続して起きないと介入できないのかもと思ってしまいました。
06-24 19:35

@amainon皆さまの声援があったからこそ、最後まで番組をお送り出来ました。 本当にありがとうございました。
06-24 19:32

@dollar_dollarr 大垣? 帰ってこれませんね・・・・。
06-24 19:29

102.914でドル円ショートを買い戻p氏
06-24 17:41

102.985で新規売り
06-24 17:40

102.658で ショート 利食い
06-24 16:19

102.749で追加売り
06-24 16:18

102.705で追加売り
06-24 16:16

102.695で新規売り
06-24 16:16

@Brenos1004 介入するとしても単独だと思います。協調介入はないでしょう。
06-24 16:07

@yuutarou2008 「離脱派」が敗北宣言で 買われていたじゃあ、ないですか。びっくりです。
06-24 16:06

@xyz888wan お近くまで行ったんですね!自分がどこにいるか一瞬判らず焦りました!
06-24 16:05

@chokkanniaragae 一瞬頭をかすめましたが、いかんいかんと引き返しました。といってもそのまま座っていただけですが、勝手に電車が新宿行きに・・・www
06-24 16:04

@sikaku0122 確かに。しゃべくりの後、流れが変わる・・・ 横尾さんが話されていた部分ですね。ここまでどんでん返しが来るとは。YouGovの52-48は残留・離脱が逆やんか!
06-24 16:03

@gomakichi55 はい、きょとんと・・・・ 浦島太郎から追いつかねば!
06-24 16:00

@hokkai_noboru 本当にそうですね!全員残留だから、当たらないって!笑 だいまんさん、凄い!
06-24 16:00

@AIDAmasumi 私は違うと思います。100円割れは売っている人でも怖いので、ショートの買い戻しだと思います。詳しくはイブニングショットで!
06-24 15:57

EUが弱体化・地盤沈下することで、ユーロ売りも入る。凄い時代の幕開けになりそうですね。さあ、頑張ってPFの確認しないと、1分足チャートが消えちゃう。さぁ頑張ろう!
06-24 15:48

介入は日本時間の東京市場だと思っています。今日やらなかったことが海外投機勢に姿勢を見透かされると思います。離脱を選んだか、英国民。今後、困難が待ち受けているだろうな。オランダもフランスも、そしてスペインも国民投票希望。スコットランド・アイルランドは独立・EU加盟の方向に動く。
06-24 15:45

下げた時のインパクトが大きいです。102.857までたった今上がりましたが、103.50をストップに置いて跳ねたところは戻り売りしていかないとダメでしょう。こんな水準で介入が入るわけがない。99円でも入れないんですから。継続して下がるんだったら95円から93円ですかね?最初の
06-24 15:41

ポンドの長期下落が進むようなら、ドル円も95円方向に向かって初めて実弾介入が出てくるんですかね?介入しても押し上げは出来ない。連日介入することも出来ず、ただただスムージングだったら、世界の投機筋の餌食になっちゃう。介入すると市場ポジションが介入期待してロングになってしまうから
06-24 15:38

したら、「「足元の為替市場では極めて神経質な動きがみられる」と指摘したうえで、「そのような動きが継続することのないよう、動向を緊張感をもってこれまで以上に注視し、必要な時にはしっかり対応する」と仰っておられる。やっぱり、継続しないとあかんのか・・・。介入のハードルは高いのか。
06-24 15:35

と思い、慌てて帰宅。TV 付けて麻生財務相の記者会見を見ましたが、このような為替変動が「継続して」起こらないかどうかを注視する というような趣旨の発言をしてました。今、介入する断固発言はないの?え?継続しないとだめなの?というのが発言を聞いた第一印象。今ロイターで発言をチェック
06-24 15:31

新宿行きに変わっておりました!昨日だいまんさんともう残留でこのままいくんでしょうけど、まかり間違って【離脱】になったら買われた反動で、ドル円は100円割れへ、ポンド円は135円、ポンドドルは1.35方向に飛ぶんじゃないですかと話したことが現実になってる!こ、こりゃ日銀介入入るぞ
06-24 15:26

ほげ~!見慣れぬ数字がチャートの安値に記載されているではありませんか!99.152売り!はぁ?ポンドはよ?ポンド円135.557安値!ポンドドル1.3500割れ・・・。え?で、ここはどこ?お、小田原・・・おだわら?マジか。終点やんけ。乗り換えないと、と思ったら、そのまま
06-24 15:22

105.50も回復し、まあ、地方で離脱派が強い地域だからと思いながら3人で話をして10時すぐにお開きに。私は小田急線に乗るべく日比谷線で移動。小田急に乗り換えて、座れて当然爆睡。ふと目が覚めて電車停車中。うん?ここどこだ?見慣れぬ景色・・・。為替はと見たら・・・、何じゃこれ?
06-24 15:17

おそようございます!7時半にライブ終了。朝ごはんを食べにおばらっちさん、ひろぴーさんと朝ご飯を食べに移動。その時になんだかYouGovの数字が誤報(残留52離脱48)と出て、ずるりと為替が落ちて夜に止まっていた105.50が割れて103.50割れ。なんとかここで止まって10時には
06-24 15:13

関東財務局長(金商)第238号 / (社)金融先物取引業協会 会員番号1503 金融商品取引業者 JFX株式会社

■このレポートは情報提供を目的とし、投資の断定的判断を促すものではありません。お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。この情報により生じる一切の損害について、当社は責任を負いません。本レポート中の意見等が今後修正・変更されても、当社はこれを通知する義務を負いません。著作権はJFX株式会社に帰属し、無断転載を禁じます。

■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。為替リスク想定比率は、通貨ペアごとに異なり、当社では、原則として一般社団法人金融先物取引業協会が金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1項に規定される定量的計算モデルを用いて算出する数値を利用します。なお、為替リスク想定比率は、原則として1週間ごとに見直しが行われ、レバレッジは、為替リスク想定比率の逆数(想定元本÷必要証拠金)となりますので、1週間ごとに変動します。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



copyright c 2016 FXブログ|小林芳彦のマーケットショット all rights reserved. powered by FC2ブログ.