情報提供を目的としており、お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。

マーケットショット > 「ドル円・ユーロドル・クロス円は全て売り。 」

「ドル円・ユーロドル・クロス円は全て売り。 」

201607fc2_2.png



☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆

「ドル円・ユーロドル・クロス円は全て売り。 」

☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆
--------------------------------------------------------------------------------------
7月8日

7月7日の概況


5:23AM
おはようございます。今散歩から帰って参りました。今朝は結構涼しく散歩は快適。リリーも気持ち
いいらしく、帰り道の方向にはなかなか進まず、家から遠ざかるような道を選んで行きたがるなど
たっぷりと40分ぐらい歩いてきました。街路樹の植え込みに植えてある紫陽花で変わった色のものや
ガク紫陽花など、そろそろ花が終わるので、ちょっと1~2輪、剪定挟みを持って行き、散歩のときに
今朝いただいて参りました。ご近所の方の庭先の変わった色の(赤の色が非常に強いもの)紫陽花も、
ご主人が断らずに勝手にいくらでも切って持って行って下さいと仰るのでフェンス越しにいただいて
きました。簡単に挿し木で付くのでまずはプランターでしばらく育ててから地植えにしようと思います。

さて・・・ 相場の方はポンド円が131.947まで上がっていたものが129.580とメルトダウン!
ユーロ円も112.25近辺で3度上値を止められて111.220へ下落。午後11時に 100.95近辺が切れて
からドル円は下落傾向が強まり100.80が切れて東京午後3時過ぎの100.627安値を意識しこれを切って
100.600タッチ。戻りも100.80まで戻せずもう一回下落しましたが100.597と安値更新したとは
言えない展開で一旦100.845までショートカバー。

まだNYは引けてはいませんが100円台後半(100.80-85)ぐらいで引けるのでしょうか?昨日の
ADP雇用統計は予想比良く(21:15)、新規失業保険申請件数は予想比少なかった(失業保険の申請が
少ない=失業者が少ないと思われ経済好調=雇用改善と受け取られる。21:30)事から100.95から
101.229まで跳ねたものの、ここでガチッと上値を食い止められ反落!自分でも22:08 101.165で
押し目買いしましたがもう一回上値をやると思ったら全く駄目で22:09にかけて101.107まで買い
下がって、やはり駄目で22:12に諦めて101.102で 全部投げたトレードがありましたがここで投げ
なかったらずるずると100.60目指して午前1時まで下げ続けた流れでした。

このトレードの失敗は、好調な労働関連指標が出たため、本日の米雇用統計もいい数字が出るのでは
ないかという思惑が出やすいこと、更に自分でも101.35に指値売りを置いていたものの、朝方高値
101.255は越せるんじゃないのかという思い込みで押し目買いしたものでしたが、このまま『電車道』
で押し切られるとは思いませんでした。

今晩の雇用統計指標ですが良ければ瞬間的にはドル買いで反応。まずは101.25-35、そして101.55、
抜けて101.80-85でしょうが、102円台突破にはならないと考えます。英BREXITで離脱が決まりこの
タイミングで年2回の利上げを米国が行えるとは市場は既に考えておらず、1回ないし利上げは来年に
持ち越し、逆に利下げ思惑さえ台頭する展開で、今回の雇用統計がたとえ良くても利上げには結び
つかないと考える人たちが増えているためです。したがってドル円に連れてクロス円もそんなに
買われず、逆に雇用統計が悪かったら100.20トライ、抜けて100.00を抜けて99.80レベル、あとは
99.50~99.00ゾーン。当局の口先介入でうるさそうですが、実際に無秩序なドル下落ではないため
(極めて秩序的なドル売り)で日本に介入の口実を与えてはくれず、世界の金融筋からも介入に
対する好意的な発言は皆無と思われます。物理的には介入できるが、実際に日本が介入に踏み切る
には世界の国際金融筋とたもとを分かつ決断が必要で、それは当たり前ですが無理と思うので、
介入は出来ないと位置付けています。

7月28-29日の日銀金融政策決定会合までまだまだ日があり、追加金融緩和催促相場(96-97円
ぐらいまでドル円が売り込まれる)が来てしまうかなぁと漠然と考えています。今日は101円台
前半があれば戻り売り。ストップは101.55で利食いは 100.40割れをイメージ。無理に行わずに
基本は流す姿勢で、雇用統計はノーポジで迎えます。
本日もよろしくお願い申し上げます。朝から連投、失礼いたしました!


ドル円 売り
ドル円は 引きつけて101.150、101.250で売りから。ストップは101.560に置きながら、100.650で
買い戻しを行うイメージ

レンジ 100.500(100.800)--101.250(101.350) 作成時 100.755-784 6:02AM


ユーロドル  売り
ユーロドルは1.11000、1.11100で引きつけて売りから。ストップは1.11350に置きながら、
1.10450、1.10350で買い戻しをかける回転をイメージ。

レンジ 1.10350(1.10450)--(1.11000)1.11100 作成時 1.10745-749 11:10AM


ユーロ円  売り
ユーロ円は112.080、112.200で売りから。ストップは112.400に置きながら、111.250、
111.100で買い戻す回転をイメージ。

レンジ 111.100(111.250)--(112.080)112.200 作成時 111.690-695 11:11AM


ポンド  売り
ポンド円は131.300、131.550で売りから。ストップは131.750に置きながら、129.900、
129.700で買い戻す回転をイメージ。

レンジ 129.700(129.900)--(131.300)131.550 作成時 130.471-484 11:15AM

対ドルは1.29850、1.29950で売りから。ストップは1.30300に置きながら、1.28850、
1.28700で買い戻す回転。

レンジ 1.28700(1.28850)--(1.29850)1.29950 作成時 1.29407-417 11:21AM

豪ドル  売り
豪ドル円は76.100、76.200で売りから。ストップは76.400に置きながら、75.250、
75.100で買い戻しを図る。

レンジ 75.100(75.250)--(76.100)76.200 作成時 75.574-682 11:16AM

対ドルは 0.75350、0.75450で売りから。ストップは0.75650に置きながら、0.74750、
0.74600で買い戻しをかける回転をイメージ。 

レンジ 0.74600(0.74750)--(0.75350)0.75450 作成時 0.75031-041 11:22AM

ニュージードル  売り
ニュージー円は73.600、73.800で売りから。ストップは74.000に置きながら、72.700、
72.500で買い戻す回転をイメージしました。

レンジ 72.500(72.700)--(73.600)73.800 作成時 73.205-218 11:20AM

対ドルは0.72900、0.73000で売りから参入する方針。 ストップは0.73300に置き
ながら、0.72050、0.71850で買い戻しをかける回転をイメージ。

レンジ 0.71850(0.72050)--0.72900(0.73000) 作成時 0.72652-669 11:23AM








新規口座開設はこちら

ブログランキングに参加しています!応援クリックお願いします!
ブログランキング ポンド円FC2




---------------------------------------------------------------------------------------------
■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、
為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して
少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)
が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通
貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通
貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れ
る場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッド
となります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの
方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様
の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本
÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、想定元本(為替レ
ート×取引数量)×1%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大
100倍となります。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しており
ますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引がで
きなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取
引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解
の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。
---------------------------------------------------------------------------------------------



関東財務局長(金商)第238号 / (社)金融先物取引業協会 会員番号1503 金融商品取引業者 JFX株式会社

■このレポートは情報提供を目的とし、投資の断定的判断を促すものではありません。お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。この情報により生じる一切の損害について、当社は責任を負いません。本レポート中の意見等が今後修正・変更されても、当社はこれを通知する義務を負いません。著作権はJFX株式会社に帰属し、無断転載を禁じます。

■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。為替リスク想定比率は、通貨ペアごとに異なり、当社では、原則として一般社団法人金融先物取引業協会が金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1項に規定される定量的計算モデルを用いて算出する数値を利用します。なお、為替リスク想定比率は、原則として1週間ごとに見直しが行われ、レバレッジは、為替リスク想定比率の逆数(想定元本÷必要証拠金)となりますので、1週間ごとに変動します。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



copyright c 2016 FXブログ|小林芳彦のマーケットショット all rights reserved. powered by FC2ブログ.