情報提供を目的としており、お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。

未分類 > 07/14のツイートまとめ

07/14のツイートまとめ

JFXkobayashi

RT @kuroneko_island: 政府・日銀高官「永久債を通じてヘリコプターマネーによる財政ファイナンスを行う事は近い将来あり得ない」高官の1人「厳密に言えばヘリコプターマネーは不可能で、現行法の下では禁じられている」「財務省内ではヘリコプターマネーについて何の議論…
07-14 19:40

@fx_zoro 流れは買いですよね~、買いにくいですけど。この口先だけの介入もどき、用意周到に筋書きを描いてやったんですかね? 実弾介入使えないから。
07-14 19:21

@CrossClapton 口先介入としては秀逸ですよね。本当に。4営業日で105.938まで上げるとは・・・
07-14 19:19

RT @YENZOU: 本田氏の永久債報道をブルームバーグが報じ、浜田参与の永久債に対する否定インタビューをロイターが報じるという場外乱闘も面白かった。https://t.co/BdAzHzm5ffhttps://t.co/YHeuMYIJ5F
07-14 18:29

@kosaku75 今やってきていることと、基本何ら変わらないと思うんですがね。国債を銀行から日銀が買って市場に資金を出すこと と 日銀が国から直接国債(永久債)を買いとることで国が資金を得る違い。でも、日本の信用度、円の信用度は毀損し低下しますよねえ。
07-14 17:58

@ONITAN_FX  山高ければ谷深し・・・・怖いですね~。
07-14 17:42

今日のベスト 104.320のドル円売り指値 116.050のユーロ円売り指値137.650のポンド円売り指値 79.900の豪ドル円売り指値 すべて指値成立後、やっぱりまずそうと思いすべて微益で買い戻ししたこと。ポンドは一回137.770でナンピンしました。爆死コースを回避!
07-14 16:53

全額日銀引き受けでどうせ返せないんだから、借り換えの手続きも面倒だから永久債にしてしまえばってこと?…でも今やっていることと結論はおんなじ。量的金融緩和には変わらないよね。国債発行金額が純粋に増加するんだったら影響はあるけど、余計財政健全化からは遠のくね。それで円安にするのか!
07-14 16:23

先輩達が売れるから大丈夫だと私の質問をかわしたが、その後流通市場が崩壊して保有者全員がほぼ、額面全損だったんじゃないだろうか。だって価値がないんですもの。誰も買ってくれない。市場もない、評価はゼロでしょうね・・・。債券で全損・・・、普通考えないでしょうが。
07-14 16:10

、かつて痛い目にあった投資家が買うんだろうか・・・・。私は疑問視しますけどね・・・。自分が海外トレーニーに出てオランダと英国で永久債のトレーディングに携わった経験があるので、思うことを書いてみました。当時先輩に運用益マイナスで永久債とか100年債、危なくないですかと質問して
07-14 16:07

やられ続ける債券を誰かが持っているんだろうなあ。償還期限がないんだから。その時は英銀の永久債が主流だったが、UKがたしか100年債を出してみんなで買い手も売り手も生きてないねと笑った。国債の格付けが下がったり、日本の財政が今後どうなるかわからないのにはたして日本の永久債を
07-14 16:03

阿呆みたいな発行があった。永久に額面の0.25%分、金利でやられてくださいという発行条件だが、価格が上がるから永久債を買う、買うからか買うがさらに上るという常識では考えられない状態になったが・・・・、市場が崩壊。値段が出なくなって、当然売れなくなって、抱えていたところは永久に
07-14 16:00

永久債って、久しぶりに聞いた名前だが、地方自治体や、地銀などの運用担当者が顔をしかめてる姿が目に浮かぶ。1980年代後半に永久債発行が華やかに行われ、相場が過熱、発行条件の金利がLIBOR+プラスからLIBIDマイナスへと変化。利回りがLIBID-1/8, 調達がLIBOR と
07-14 15:57

1発目で105.50は超えないだろうと思って、手前で逆張りショートしたが、これで抜けたら当然噴くから早くやめなくちゃと思っていたが、105.40が割れてきたんで、速攻買い戻して正解だった。
07-14 15:37

105.549でショート買い戻し
07-14 15:34

105.70台 歩いてて 売りそびれた!
07-14 15:33

105.631で新規売り
07-14 15:33

105.388て買い戻し。よかった!
07-14 15:17

105.455でうりました。
07-14 15:14

105.467でうりました。
07-14 15:14

105.35の時、売ろうかどうしようか迷ったが、電車の中だし売るのをやめたら、105.20割れまで下がり惜しい事をした。また上がってるが105.377で売ってみた。
07-14 15:12

@reiko82000 確かに105.20超えるとストップの可能性がありますが、105.50はまた実需の売りだと思っています。
07-14 13:11

実需のドル売りは104.80近辺でまとまっていた感じですかね?高値104.790で止まって104.615へ反落後、もう一回買い上げて104.743タッチ。104.80から105円台前半まで引きさがらない本邦実需の売りが入っていると考えます。
07-14 13:01

しかし、凄い買いだな・・ 実需の売りが入っている(105円台から降りてきている)と思われる水準を果敢に食って行きましたね・・。凄いなぁ。今日は。腰が入っている買いだ。104.696まで!つおいの・・・・
07-14 12:05

@yukifune 全決済 とっても とっても 便利だす!
07-14 11:54

116.050ユーロ円指値売り 成立  115.980で買い戻しをかけておく。
07-14 11:11

104.420でショート買い戻し・・・ ふ~。ショートを切らせる買いだな。
07-14 11:10

104.62→ 104.462 です。
07-14 11:08

さがれ!
07-14 11:07

104.62で追加売り
07-14 11:07

104.468で追加売り
07-14 11:06

104.450で追加売り
07-14 11:06

104.442でドル円 新規売り
07-14 11:05

104.288で買い戻し 荒れてるな・・。利食い出来てラッキ~かも。
07-14 10:38

104.344で追撃売り
07-14 10:36

104.362で新規売り 捕まるかな?そんな気もする・・・
07-14 10:36

104.294でショート買い戻し なんだかポンポン値が飛んでます・・・。
07-14 10:34

104.325でドル円新規売り  104.330で追加売り
07-14 10:33

104.237で ショートを買い戻し
07-14 10:31

104.301で新規売り
07-14 10:31

104.280で買い戻し スクエアにします。
07-14 10:25

104.320指値売り 成立
07-14 10:24

104.308で新規売り。104.320で置いてある売りがジンクスになりそうな予感がしたから。
07-14 10:24

104.180でドル円ショートを買い戻し
07-14 10:16

104.220で売り増し
07-14 10:16

104.215、104.212でドル円売りました。
07-14 10:15

9時55分からもう一回吹くと読んだ読みが外れたから仕方ない。結局上でひっくり返すつもりのロングがしこって損切りとは・・・残念無念。事務に戻ります・・・。
07-14 10:01

104.085でロング 利食い これは取り返せないなあ、
07-14 09:59

104.028で新規買い 104.055で追加買い
07-14 09:58

104.068で損切り です。
07-14 09:57

ダメか、104.115で追加で買ってみるが・・・ 美味しい動きは売りでした。
07-14 09:56

104.150で 追加買い
07-14 09:55

104.179で新規買い
07-14 09:54

もう一回上がってくると信じてる
07-14 09:54

104.218 でj買い戻し
07-14 09:54

ちょっと早いが・・・、一旦下がったら買い戻す
07-14 09:52

104.259で新規売り 104.258 104.248 104.256 売り
07-14 09:51

さあ、上がって来い!売ってやる!
07-14 09:48

仲値前の緩みで 104.183で買い戻し
07-14 09:47

104.196で新規売り
07-14 09:47

104.180でドル円ロング利食い 利益取っておきましょう!
07-14 09:46

104.148で新規でドル円買いました。仲値向けちょっと上げ期待。
07-14 09:44

104.207で ショート買い戻ししました。事務に戻ります。
07-14 09:08

104.252でドル円新規で売りました。
07-14 09:07

損切り飴は舐めません!
07-14 08:50

事務に集中します。ノーディール政策を回避しました。
07-14 08:49

104.149で 買い戻し スクエア。
07-14 08:48

104.186で追撃売り
07-14 08:48

104.163で追撃売り
07-14 08:46

眺め→ 長め です!
07-14 08:45

今日のオペレーションはいつもと違いますので。スキャルより一寸眺めです。104.195で追加売り
07-14 08:45

104.193で追加で売りました。
07-14 08:43

104.215で追加でドル円 売りました。
07-14 08:42

104.132で売り増ししました。
07-14 08:37

104.120でドル円新規で売りました。
07-14 08:33

おさらいいたしましょう。 https://t.co/YVscL4E6on
07-14 08:13

ミーティング、撮影、取材、などなど、スケジュールがパンパンで、事務が残っているとその後のスケジュールに支障をきたすためトレード回数は激減するものと思われます。ご容赦くださいませ。イブニングショットは前倒しで収録いたします。本日もよろしくお願い申し上げます。
07-14 08:11

104.50-55から上は実需の売りが被ってきそうで上値は重たいでしょう。引きつけて104.30-35から売ってみましょうかね?ストップは104.70に置き、付いたらもう一回売り直ししてみたいと思います。103.80にかけてはショートは一旦利食いして様子見します。今日は
07-14 08:08

売られ過ぎたポンドの買い戻しが昨日の高値139.517まででほぼ一巡し、136.424まで下がってきました。離脱を考えればポンドを買う理由は少ないはずですが、ショートで捕まっての損切りでは材料うんぬんを言っている暇はなく仕方なく損切りで上昇してましたが方向はやはり下を見ています。
07-14 08:06

いる現状は、売りたい輸出を焦らせて、少なくとも売りオーダーで昨日付かなかった水準の分が一部水準を下げてくる可能性が高いと見ます。104.55-65ぐらいかな?いま、104.10売れる決断が付く会社だったら、昨日の夕方から104.80台で相当売っているでしょうから。
07-14 08:01

下げており、次第に105円の重たさが浸透しつつあります。昨晩、夢よもう一度と104.80-85から105円台にびっしりと並んだであろう輸出の売りは、一番手前がかすったぐらいで空振り。しかも103.91までNYで下げており、その後104.50すら満足に売れず104円が割れそうなって
07-14 07:58

しかし、104.86までショートカバーで全値戻し達成のあと、103.91まで下げたドル円、東京の安値103.95を割り込んで、これは戻れない、チャートの形が悪過ぎると思いましたが、まさかの104.54まで戻ってびっくり!しかし、ポンド円の売りのあおりを喰らって104.077まで
07-14 07:56

ポンド円のストップっぽいなぁ、このドル円売りは。
07-14 07:51

関東財務局長(金商)第238号 / (社)金融先物取引業協会 会員番号1503 金融商品取引業者 JFX株式会社

■このレポートは情報提供を目的とし、投資の断定的判断を促すものではありません。お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。この情報により生じる一切の損害について、当社は責任を負いません。本レポート中の意見等が今後修正・変更されても、当社はこれを通知する義務を負いません。著作権はJFX株式会社に帰属し、無断転載を禁じます。

■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。為替リスク想定比率は、通貨ペアごとに異なり、当社では、原則として一般社団法人金融先物取引業協会が金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1項に規定される定量的計算モデルを用いて算出する数値を利用します。なお、為替リスク想定比率は、原則として1週間ごとに見直しが行われ、レバレッジは、為替リスク想定比率の逆数(想定元本÷必要証拠金)となりますので、1週間ごとに変動します。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



copyright c 2016 FXブログ|小林芳彦のマーケットショット all rights reserved. powered by FC2ブログ.