情報提供を目的としており、お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。

マーケットショット > 「相場観立て直し ドル円売り→買いへ。・ユーロドル売り。クロス円は様子見 」

「相場観立て直し ドル円売り→買いへ。・ユーロドル売り。クロス円は様子見 」


201607fc2_3.png



☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆

「相場観立て直し ドル円売り→買いへ。・ユーロドル売り。クロス円は様子見 」

☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆
--------------------------------------------------------------------------------------
7月15日

7月14日の概況


おはようございます。早朝はまだ雨が残っていましたが、昨日の夜から豪雨のために気温が下がり
蒸し暑さはありませんね。またしても悲しいテロがニースで起きて、死者が当初60名と伝えられ更に
増えているようです。大型トラックが花火見物人をなぎ倒し、その後トラックを降りて銃を乱射・・・。

どこで起きてもテロは怖い・・全く関係ない人たちが突然事件に巻き込まれるのですから。大昔、CSの
NYでセールス部門日本デスクを立ち上げた時、日本から同僚の女性が妹さんを連れて昔のペンフレンド
に会う為に米国に来て、その帰りにNYに寄ってくれたことがありました。せっかくだから土曜日に
市内観光して食事しようということになり、地下鉄で移動。ブルーミングデールというデパートがある
地下鉄駅で降りて地上に向かってエスカレーターに乗っていたところ、3~4名の制服警官が拳銃を
抜いた状態で駆け下りてきて、びっくり。誰かが Run!と叫んでみんな我先に出口目指して走りました。

駅で銃撃戦に巻き込まれたりしたら大変と地上に出たら、映画さながら、パトカーが数台止まって
いて全部がドアを開けてその後ろに警官が膝を地面に付けて階段の登り口に向けて射撃姿勢を取って
いて、更にびっくり。すごく恐怖です。全員が両手を上に挙げて、でも走れないから階段の最上部
(地面で) 人だまりが出来て、後ろから、罵声が聞こえるし早口で理解出来ないし、たぶんスラング
だしプチパニック。突然撃ち合いでも始まったら・・・ととても怖かったことを覚えています。
幸い銃撃戦は無かった模様。ただし、まだ高校生だった同僚女性の妹さんはショックを受けて
可哀そうでした。

あとはNYの同時テロ。自分が、通勤で使っていたWTCの駅や、カメラデポ、洗濯屋など全部なくなって、
馴染みだったブルックスブラザーズは死体置き場になってるし、顔見知りの人間で被害に会った人も。
命からがらビルから脱出した為替の同僚もいます。とにかくテロは卑劣です。とても悲しいですね・・・。

さて悲しいのは私のユーロドルの指値。1.11350売り指値、ストップは1.1160だったのですが、
午後7時半から撮影、午後8時から午後10時ぐらいまで取材が入っていたため、相場を見ず。
1.1100近辺で午後7時半。午後10時過ぎで1.1110近辺で動いておらず、チャートを見なかったから
判りませんでしたが、家に帰ってチャートを良く見たら、その時間帯に1.1165まで噴き上がって
1.1135売りが付いてそのまま1.1160ストップも串刺しとなって、もう一回見たら1.1110だった
ことが判明、力が抜けてそのままツイートもせず寝てしまいました・・・。

明らかに昨日の105.93はやり過ぎで、106.00の売りやオプションもあって上値はきつい。ヘリマネは、
誇大妄想だと思うし、阿呆なファンドが夢よもう一度と円安にかけてきた分が市場のショートカバーを
盛大に呼び込んだのと、あとはショートの夏休み前の買い戻し(手仕舞い)とが重なったからこんなに
きつい99.99→105.93の約6円の買い戻しとなったんでしょうね。さて、ヘリマネもなければ、
金融緩和もなかったら、されどんだけ落ちるんでしょうか?山高ければ、谷深し・・・。
おっとろしいことになりますな。

さてドル円は105.05近辺で跳ね返して105.36へ。さあ、105.50~60は売りましょう!ストップは105.85
アッパーで。106突破手前で一回は今日は売ってみたいですが。そのために105.85ではショートを一回
切って売り直す。ショートの利食いは105.00割れですかね?昨日の急騰がスタートしたのは104.80から。
緩んだ104.60-54は止まるんでしょうから、ショートは104.95-80で買い戻しして、一旦は104.70-60
はロング張り。ストップを104.50割れでイメージします。105.411から切り返して105.30割れですか
・・・。105.50は簡単には戻れないかな。
本日もよろしくお願い申し上げます。上がって来てくれないかなぁ・・・・。


ドル円 売り
ドル円は105.600、105.700で売りから。ストップを105.850に置きながら、105.100以下
104.850で利食いする回転をイメージ。104.70-60は新規買いで。104.50割れでストップを置きます。

→ 立て直し 

105.900で買い 105.750ストップ  利食い 106.350 

レンジ (105.500)105.750--(106.350)106.500 作成時 106.224-227 11;51AM


ユーロドル 売り
ユーロドルは1.11600で売り ストップは1.11900で、利食いは1.10750で。

レンジ 1.10550(1.10750)-- (1.11550)1.11700 作成時 1.11353-357 11:56AM


ユーロ円 様子見
ユーロ円はドル円が乱高下して方針が売りから買いに変更するなど、ぐちゃぐちゃ。
手が回らないので、本日は様子見。

レンジ 117.700(117.850)--(118.350)118.550 作成時 118.204-209 12:06PM


ポンド  様子見
ポンド円はドル円が乱高下して方針が売りから買いに変更するなど、ぐちゃぐちゃ。
手が回らないので、本日は様子見。

レンジ 141.850(142.050)--(143.250)143.500 作成時 142.671-684 12:07PM


対ドルは 様子見

レンジ 1.33700(1.33900)--(1.34700)1.34850 作成時 1.34440-450 12:09PM

豪ドル  様子見
豪ドル円はドル円が乱高下して方針が売りから買いに変更するなど、ぐちゃぐちゃ。
手が回らないので、本日は様子見。

レンジ 81.700(81.800)--(81.700)81.850 作成時 81.264-272 12:08PM

対ドルは 様子見

レンジ 0.76200(0.76350)--(0.76850)0.77000 作成時 0.76613-623 12:10PM


ニュージードル  様子見
ニュージー円はドル円が乱高下して方針が売りから買いに変更するなど、ぐちゃぐちゃ。
手が回らないので、本日は様子見。

レンジ 75.600(75.750)--(76.400)76.550 作成時 76.180-193 12:08PM

対ドルは 様子見

レンジ 0.71400(0.71550)--(0.72100)0.72250 作成時 0.71803-820 12:11PM






新規口座開設はこちら

ブログランキングに参加しています!応援クリックお願いします!
ブログランキング ポンド円FC2




---------------------------------------------------------------------------------------------
■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、
為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して
少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)
が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通
貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通
貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れ
る場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッド
となります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの
方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様
の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本
÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、想定元本(為替レ
ート×取引数量)×1%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大
100倍となります。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しており
ますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引がで
きなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取
引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解
の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。
---------------------------------------------------------------------------------------------

関東財務局長(金商)第238号 / (社)金融先物取引業協会 会員番号1503 金融商品取引業者 JFX株式会社

■このレポートは情報提供を目的とし、投資の断定的判断を促すものではありません。お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。この情報により生じる一切の損害について、当社は責任を負いません。本レポート中の意見等が今後修正・変更されても、当社はこれを通知する義務を負いません。著作権はJFX株式会社に帰属し、無断転載を禁じます。

■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、想定元本(為替レート×取引数量)×1%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大100倍となります。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



copyright c 2016 FXブログ|小林芳彦のマーケットショット all rights reserved. powered by FC2ブログ.