情報提供を目的としており、お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。

マーケットショット > 「本日はドル円・クロス円・ユーロドルは全て戻り売りで。 」

「本日はドル円・クロス円・ユーロドルは全て戻り売りで。 」

201607fc2_1.png



☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆

「本日はドル円・クロス円・ユーロドルは全て戻り売りで。 」

☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆
--------------------------------------------------------------------------------------
7月21日の概況


おはようございます。17時半過ぎのヘリマネー否定、黒田さんの「必要性も可能性もない」という
つれない返事に勝手に妄想を抱いていた海外勢は梯子を外されて105.42までロングを投げる展開と
なりましたが、ニュースを流したBBCラジオが、インタビューは6月中旬に行ったものと 19:36
ロイターに流れたことから(なんで2時間後!!に6月中旬と流したのか意味不明。本来
インタビューは6月中旬と時期を明示すべきだっただろう)充分ショートが溜まった状態で、
今の話じゃないと受け取った海外勢が売ったドルを買い戻したと思われますが、106.40まで。

その後105.98レベルまでフィリーの数字が悪く下押しする場面もありましたが同時発表の失業保険
申請件数が予想比少なくドル買いへ。更に11時に出た中古住宅販売の数字も良く本来はドル買い
ですが、NY市場では106.49までしか上がらず上値は重たいまま。

10時20分に天井を付けてその後 急落した米10年債・30年債の利回りはほぼ最も低い水準で
引けており、再びドル売りへ。105.65まで下げて105.82でNYは引けました。一瞬106.249まで
6:54AMに噴き上がったものの、9時過ぎには再び105.667売りまで下がるなど乱高下中。

時期がどうであろうと明確に黒田さんが否定し、ヘリマネー論争は終了、更に日銀の大規模金融
緩和が行われるのか海外勢が疑心暗鬼になれば、自然とドル円の上値も限定的とならざるを得ず、
昨日の流れを引き継いでクロス円ともども上値は重たいものと考えます。

106.249 7時前の高値、106.494 NY 高値にかけて引きつけて入れこまずにドルの戻り売りを行う
イメージ。BREXITで99円まで急落してから輸出でヘッジがかけられず外貨を持っている先も
あると思います。機動的な予約を取れる先だけじゃない、中堅・中小の輸出は多いはずで
107.49でちょっと安心しかかったら又105円台。落胆する気持ちが判るだけに106円台後半の
戻り売り意欲は相当強いのだろうと考えています。

107.49を午前中に見せられて夕方の急落106.80で売れるのはトレーダーだけ。実需にはほとんど
無理な話です。106.170で売りを置きます。ストップは106.550で。ストップが付いたら又売り直す
方針。利食いは105.50手前で。本日もよろしくお願い申し上げます。

今日は誤字脱字がいつもより多くなると思います。ご勘弁を!疲れ目で既に良く見えない・・・。汗


ドル円 売り
ドル円は本来は引きつけて106.150-250で売りで指値を106.170に置いたが、先に105.573売り
まで下がってしまい106.00近辺が重たくなっている。スキャルをやるのなら105.85-95を引き
付けて売りから入るも、本日はショートが非常に溜まりやすい地合いであるため、ショートカバー
に注意したい。突っ込み売り禁止。105.530でショートは一旦利食いする。

レンジ (105.350)105.500--(106.150)106.250 作成時 105.788-791 11:08AM


ユーロドル 売り
ユーロドルは1.10530、1.10650で売りから。ストップは1.10900に置きながら、1.09850、1.09750
で買い戻しを行う方針。

レンジ 1.09750(1.09850)--(1.10530)1.10650 作成時 1.10234-238 11:11AM


ユーロ円 売り
ユーロ円は117.150、117.250で売りから。ストップは117.500に置きながら、116.350、116.250
で買い戻しを行う方針。

レンジ 116.250(116.350)--(117.150)117.250 作成時 116.614-619 11:11AM


ポンド 売り
ポンド円は140.400、140.500で売りから。ストップは140.850に置きながら、139.500、
139.350で買い戻す回転をイメージ。

レンジ 139.350(139.500)--(140.400)140.550 作成時 139.988-001 11:12AM

対ドルは1.31850、1.31750で買いから。ストップは1.31450に置きながら、1.32700、1.32850
で利食いするような買いの回転をイメージ。

レンジ 1.31750(1.31850)--(1.32700)1.32850 作成時 1.32318-328 11:18AM

豪ドル 売り
豪ドル円は79.650、79.800で売りから。80.000にストップを置きながら79.050、78.950
で買い戻しする。

レンジ 78.950(79.050)--(79.650)79.800 作成時 79.088-096 11:13AM

対ドルは 0.75100、0.75200で売りから。ストップは0.75500に置きながら、0.74500、0.74350
で買い戻す回転をイメージ。

レンジ 0.74350(0.74500)--(0.75100)0.75250 作成時 0.74746-756 11:18AM

ニュージードル 売り
ニュージー円は74.300、74.400で売りから参入する。74.700にストップを置きながら、
73.700、73.550で買い戻しをかける方針。

レンジ 73.550(73.700)--(74.300)74.400 作成時 73.896-909 11:14AM

対ドルは0.70200、0.70300で売りから。ストップは0.70500に置きながら、0.69500、0.69350で
買い戻しを行う回転をイメージ。

レンジ 0.69350(0.69500)--(0.70200)0.70300 作成時 0.69838-855 11:19AM









新規口座開設はこちら

ブログランキングに参加しています!応援クリックお願いします!
ブログランキング ポンド円FC2




---------------------------------------------------------------------------------------------
■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、
為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して
少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)
が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通
貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通
貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れ
る場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッド
となります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの
方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様
の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本
÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、想定元本(為替レ
ート×取引数量)×1%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大
100倍となります。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しており
ますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引がで
きなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取
引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解
の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。
---------------------------------------------------------------------------------------------

関東財務局長(金商)第238号 / (社)金融先物取引業協会 会員番号1503 金融商品取引業者 JFX株式会社

■このレポートは情報提供を目的とし、投資の断定的判断を促すものではありません。お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。この情報により生じる一切の損害について、当社は責任を負いません。本レポート中の意見等が今後修正・変更されても、当社はこれを通知する義務を負いません。著作権はJFX株式会社に帰属し、無断転載を禁じます。

■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、想定元本(為替レート×取引数量)×1%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大100倍となります。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



copyright c 2016 FXブログ|小林芳彦のマーケットショット all rights reserved. powered by FC2ブログ.