情報提供を目的としており、お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。

マーケットショット > 「金融緩和に関するニュースの配信順序があまりにひどい。」

「金融緩和に関するニュースの配信順序があまりにひどい。」

【 ドル円 5分足 】

20160729FC2DlrYen5min.jpg

「金融緩和に関するニュースの配信順序があまりにひどい。」 
原稿を書いた人間の書き方でただの下落が乱高下か決まってきますね。

今日の日銀の金融緩和に関する市場の関心はすさまじく、海外勢・本邦勢問わず
じっと息をひそめて見守っていたはず。

そんな中 12:44:03にロイターがニュースを流し始めた。

12:44:03   日銀が追加緩和を決定  瞬間的にドル円はインターバンク出会いベースで105.75まで
                          吹きあがる!
12:44:22   ETF年間買い入れ額を年6兆円に増額・従来は3.3兆円
12:45:11   日銀、成長支援ドル供給総枠240億ドルに倍増=現行120億ドル
 
その後
12:46:11   日銀 国債買い入れを80兆円に維持
12:46:15   次回会合でのマイナス金利付きQQEの総括的な検証を議長が指示
12:46:28   日銀 J-REIT買い入れ900億円を維持
12:46:50   日銀 CP・社債買い入れ残高は維持
12:47:37   日銀 マイナス金利幅は変わらず

12:51に ドル円は102.71まで急落・・・・・・その後は体力を使いきった感じで、103.00-104.00を外に
                          虚脱状態の市場となってます。

瞬間的に 「追加緩和を決定」だから何が出てくるか期待しドル円を買いましたが、もし万が一
ヘッドラインが 「 金融緩和はETF額のみ6兆円に増額、あとは国債買い入れ・マイナス金利は現状維持」
となっていたら全く買われずにそのまま下落するのみだったと思われます。

いいことを先に、悪いことをあとでになりましたが、悪いことを先に言ったら、ETF増枠も消し飛んで
しまうからだったのでしょう・・・・。

今回の日銀の金融政策決定会合は、ヘリマネ、永久債、100円債、50年債、そして政府談話草稿に着手
などなど、ニュースワイヤーが入り乱れて観測記事を流し、市場を乱高下させてきたが、各社には猛省を
促したいと思う。特にブルームバーグとBBC、どれだけの怪我人がでたことか。私は悪意を感じる。
ロイターは渡された原稿を順番に流しただけだろうと思います。

戻れなくなったドル円は100円方向に向けて来月、薄い中で下値を探る展開となりそうだ。

関東財務局長(金商)第238号 / (社)金融先物取引業協会 会員番号1503 金融商品取引業者 JFX株式会社

■このレポートは情報提供を目的とし、投資の断定的判断を促すものではありません。お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。この情報により生じる一切の損害について、当社は責任を負いません。本レポート中の意見等が今後修正・変更されても、当社はこれを通知する義務を負いません。著作権はJFX株式会社に帰属し、無断転載を禁じます。

■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、想定元本(為替レート×取引数量)×1%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大100倍となります。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



copyright c 2016 FXブログ|小林芳彦のマーケットショット all rights reserved. powered by FC2ブログ.